西洋思想の源流から見る応用倫理学

はじめに

日本大学文理学部 2008 年度総合科目「倫理学 2」の講義概略を資料として公開いたします。主に日数の関係から、要覧に予告した内容と一部異なるものとなっていますので、ご注意下さい。

前期「西洋思想の源流から見る倫理学」はこちら

レポートの告知(2008 年度の課題)

1 月 23 日(後期最終回)までに、レポート用紙 3 枚以内で、『臓器移植法の問題点』をテーマにしたレポートを提出して下さい。臓器移植の歴史、現状、改正案の問題点など、自由に副題を付けて焦点を絞って調べて下さい。

23 日に提出出来なかった者は、このページ右下のアドレスまで電子メールでテキスト形式(Microsoft Word/一太郎などワープロの文書は厳禁)で送付して下さい。そちらの締め切りは後期試験前日までとします。


後期試験について(2008 年度の問題)

自筆ノートのみ持ち込み可

  1. 以下のテーマについて、その中から 2 つを選んで論じなさい。
    • A - 生命倫理学の元にある倫理思想
    • B - QOL と SOL の対比
    • E - 安楽死
    • F - 世代間倫理
  2. 応用倫理学における人間中心主義の考え方を、例をあげて説明し、具体的問題点と共に論じなさい。

12 月末の補講に出席出来なかった者は、「環境倫理学の考え方」を参照してください。

予習・復習・試験対策にお使い下さい。
回数 月日 題目 概要
1 9月 26日 ガイダンス 半年間の概要、参考書、心構え
2 10月 3日 応用倫理学の元にある思想 応用倫理学の扱う問題とその元にある考え方
3 10月 10日 生命倫理学とは何か 生命倫理学の扱う問題
4 10月 17日 いのちについて いのちの検討
5 10月 24日 臓器移植にかかわる問題 死の定義と関連する問題
6 11月 7日 QOL の問題点 生命の尊厳と QOL の視点
7 11月 14日 安楽死の問題点 死をどうとらえるか
8 11月 21日 安楽死の問題点 死をどうとらえるか
9 11月 28日 ターミナル・ケアについて 人は死をどのように迎えるか
10 12月 5日 ターミナル・ケアについて 人は死をどのように迎えるか
11 12月 12日 環境倫理学の考え方 環境に関する議論
12 12月 19日/ 1月 23日 世代間倫理は成立するか 環境に関する議論(続)

一生懸命入力しています。私のパソコン環境を知りたければクリック

本サイトは、W3Cによる XHTML1.1 に基づいて一文字づつ打ち込みましたが、カスケーディング・スタイルシートを正しく解さぬブラウザーでは、一部に見難い箇所があります。

宜しければ本サイトの入口から他の内容もご覧下さい


saiton.net/ethics/kougimenu8.htm

©SAITO Toshiyuki