ストア派1

概観

ストア派とはアテナイの「彩られた柱廊(stoâ poikilê)」で派の創始者ゼノンが教えた事に由来する名前である。ゼノンは小ソクラテス学派の一つ、キュニコス派のクラテスに師事したと伝えられている。

クラテスの他にゼノンはメガラ派のスティルポンやアカデメイアの学頭クセノクラテスやポレモンらに師事したと伝えられている。

またゼノンを継いだクレアンテスや比較的多くの断片が伝わるクリュシッポスによって我々の古ストア派に関する知識は構成されている。しかし現存するストア派の著作の多くは、ローマ帝政期のものである。キケロ、セネカ、エピクテトス、マルクス・アウレリウス等の名をここでは挙げておく。

メニューへ戻る

次回へ行く