パソコン日誌

(2001年5月分)

2001年5月1日(火)

連休中日は「気合が入らぬ」と高校の掃除のおばちゃん(武藤さんです)が言っていたし、向かいのNECは今日明日も休みだそうで、電車も空いているそうだ。道は混んでたが。

この所サボっていた高校の倫理のページの更新。話は原子論まで行ってしまったので、後追いになるが休み明けまでにはどうにかしよう。

授業にMT-01を持っていったが、これは使える。Windows CEのPalm SizeはPDAとは言わないとMicrosoftの公式ページにあった。P/PCとかp/pcと書くらしい。初めのPはPalmの意味らしい。Palm PCとでも呼ぼうか。Palmという会社もあるのでややっこしい。Windows CEのCEにも決まった意味はないとの事。H/PCは一回り大きなキーボード付きのHand HeldのCEマシンを指す事だけは分かった。

2001年5月2日(水)

先月分の日記を別ページにまとめる作業は明日にでもやる予定。サイズが大きくなってすみません。

理科のS先生に教えてもらった、末広町交差点脇のイケショップ・モバイルプラザ。Palm関係が主だがCEも少々あった。ボールペンとスタイラス切り替え式のペンを購入。普通のペン・サイズ。胸ポケットに留められるるし、これ位の大きさはあった方が私には使いやすい。本体の携帯用ケースは手持ちの小型Walletを試してからにする予定。結構な値段がする事が判明したから。ともかく楽しい店だ。

電車の中で、昨日ダウンロードした『方丈記』を読んでみたが、フォントを大きくして見ると十分実用になる事も判明。楽しめそうだ。

新橋のイタリアワイン店でサモス島の極甘口ワインを購入。甘さはトロッケンヴェーゼン・アウスレーゼ並。飽きなかったら休み明けにでも買い占めよう。在庫分は格安で買える模様。何せピュタゴラスの生まれた島ですから、前世さえ見られるかも?

2001年5月3日(木)

昨日寄った新橋のワイン店は、日比谷通りに面している。NEC本社前から徒歩にて増上寺まで約10分、更に5分程で店がある。途中、芝ゴルフの反対側辺りは地下貯水湖があってその上が細長い公園になっている。港区のシンボルなのかリスの銅像が幾つかあった。芝生の辺りでガサガサ音がしたので、リスでも自生しているのかと見るとシッポが細かったので、どうやらネズミか。新橋か浜松町、地下鉄なら大門から早足で歩くと丁度良い運動になりそう。30分早起きして早朝散歩でもしたい気分。

歩いてみるとバイクでは気付かない景色が見えてくる。見えてはいたが、愛宕グリーン・ヒルズは巨大だった。愛宕山というと放送発祥の地。父の伯父が近くに住んでいたので、NHKの博物館には幾度か行った記憶がある。理科のS先生が住んでいるマンションがその跡地だと聞いた時には、本当にビックリした。その辺りの地名は今や虎ノ門になってしまっている。

雨の憲法記念日。新首相は首相公選の憲法改正を考えている模様。ついでに一院制にでもすると提案してもらうと、結構なのだが。今時セナートゥスは要らないでしょう。

2001年5月4日(金)

Windowa CEの手の平サイズPCはWeb上では、「PsPC」と呼び習わされている模様。語源は?Palm size PCか。

世に小型携帯端末のソフト・ウェアーは多いが、CE取り分けPsPCのものは少数派の模様である事も判明。Palm系は対して豊富らしい。先日行ったイケショップという店も、どこかで聞いた記憶があると思ったら、元々はMacを主に売っていたのような記憶がある。Mac>Palmの路線で歩んできた人々からすれば、動作も確かに重いPsPCは、Microsoftの後追い機として苦々しく感じているのでしょうか。

青空文庫からダウンロードしてきた『パソコン創世記』を昨晩途中まで読んだが、TK-80の前のワンボード機は入出力にテレタイプ社のASR-33を使うように考えられていたとの件を初めて知った。テレタイプについては、NTT博物館や「パソコン格闘記3」の中でもリンクしてある箇所を見て頂きたい。

このRADIOLAというページは沖縄方面のHAMの方のページらしいが、TK-80(77年発売)を始めMZ80K(78年)や80(79年)、60(82年)、88(82年)、98(82年)と、初期のPCの写真もあって今となっては貴重かも。85年に出たVMを当時知り合いだったHAM仲間から、中古で譲ってもらう話がまとまりかけた事がそう言えばあったなあと、ふと思い出した。しかし丁度これらの時代に私は、PCの代わりに重たいギリシア語の辞書を引きまくる、学部・大学院生生活を送っていた事も再確認した。

最近の後輩諸君は、何年間も辞書を引いてばかりの生活をしているのでしょうか。

2001年5月5日(土)

今日も国民の祝日だそうだが、元々土曜日は休日なのになぜ振替休日が無いのであろうか。こんな当たり前の事を言う人がいない方が不思議だ。

懲りずにMP3プレーヤーをダウンロードしてPs/PCにインストールしたものの、モノラルでは面白くも何ともない。ただWindows Media Playerよりも軽いらしく音切れは少ない。しかもWindows CE版は無料だそうで、その点はお勧めである。

2001年5月6日(日)

ようやく落ち着いてソフィストとソクラテスのページを更新。少し疲れるとPs/PCの住所録にメイル・アドレスを持っていない方の住所や電話番号を入力。慣れてくるとそれほど苦痛でもない。

そう言えば久伊豆神社の藤の花はもう咲いているのだろうか。久しく見に行っていない。

Windows CE用の画面キャプチャー・ソフトを入れて、スクリーンショットを撮ったが、Netscape4.xで表示させると画面からはみ出してしまう。ALIGNを使いたくないとすると、TABLEを使って表示させるのが安全策か。不愉快なので中断。

あんなUAは早くこの世から一掃されてしまえば良いのに。本当にそう思う。無視して貼り付けてみようか。変に見える人は別のブラウザーで見直すでしょうか。文字行が重なったりしませんか?例えば<p><img src="***.gif" alt="***">これが開始画面です</p>と書くと、画像が行の下にはるかに伸びて表示されて、それがページの最後の行だと、スクロール外へまで行ってしまう。本当に変なブラウザーだ。今確認してみると、このページ冒頭のFumyWebDiaryの黄色いリンク・バナーも次の行と若干重なる。IEではそんな事は無い。

2001年5月7日(月)

朝、戸板の前にテレビ・カメラが一台。浅草で刺殺された短大生がらみの取材だろう。事件現場近辺は良く知る土地だが、怪しい人は一杯いますので、皆さんご注意あれ。池袋や上野以上に怪しい。Deepな下町。

午後から強い南風。お陰で帰りは背に風を受けて、ハイスピード・クルージング。連休前に買って、美味しかったギリシア・ワインをもう二本購入。一本を実家に持っていって日頃の感謝の印とする。

借間の契約更新の時期がやってきた。書類と共に現金を持参するが、セキュリティー云々だそうで受け取らない。しょうがないので明日振り込みしよう。しかし明日は雨という予報が、、、。

2001年5月8日(火)

霧雨だったので傘を差さずに銀行へは行けた。いつものように早めの昼食。新緑の季節を感じる。昨日もお茶の水の昌平橋を渡って、神田明神の方向へ右折する辺りで緑の香りがしていた。バイクに乗る時は防塵マスクをしているのだが、それでも感じた強烈な木の生臭い香り。雨が近いと湿気が増して木からエキスが発散されたのだろうか。

今日は父兄参観日。昨年までは土曜だったのだが、今年から平日になったそうで、教師になって初めての監視付き授業。実習生が一人いても嫌なのに、母親たちの目にさらされての緊張した午前中。とあるクラスでは終了後二人の親に捕まって、もっと厳しくやって下さいと言われた。そう言っている脇で子供は床にお尻を着けて友達と談笑中。親の苦労が偲ばれる。

2001年5月9日(水)

ノート作りはもう少し。静かな時間さえくれれば、ドンドン書ける。日々少しづつ書き換えたり書き足したりしております。講義の日の朝までに最終版を完成させれば良いかと思っております。

以前書いたが、PDAとはPersonal Digital Assistantの略ということで、Windows CEも含まれると理解し直した。ps/PCには2系統のCPUがあって、公開されているソフト・ウェアーにもMIPS版とSH版とがあるようだ。しかし中にはどこそこの会社のどの機械用、とかいった表記があって(海外のサイトで見かけた)、迷った事もある。初めはH/PC(ハンドヘルドPCの略らしい)と間違えたこともある。ハンドヘルドと言われれば、ps/PCもそうだろうと思うもは無理のない事でしょうに。

と、ここまで書いていたらMicrosoftのサイトにCEでサポートされているCPUの一覧があることが判明した。それによると計5種類の系統のCPUがある模様。ただし現在我国のps/PCで使われているのはMIPSとSH。ついでにCEの新ヴァージョンの「タリスカー(Talisker)」の日本語版ベータ1が出荷され始めたようである。

2001年5月10日(木)

朝せっかく洗濯したのに、干す時間がなくなって帰宅してからもう一度水洗、脱水して干す。一人暮らしの情けなさ。

高校の方の倫理がクラスによっては時間数が足りなくなった。ソクラテスまで話したクラスもあるのに、まだピュタゴラスまでのクラスがあることが今日判明。ウー、来週の二回で原子論とソフィストの話が終わるか?全く自信がない。この種の計画をおろそかにしてきたツケか。進んでいるクラスではゆっくりソクラテスの話が出来そうなので、まあ良いか。ジックリ話を聞けなかった生徒さんたち、ゴメンナサイ。悪いのはカレンダーです。

2001年5月11日(金)

日大で「倫理学講義」のページ、アドレスを再び宣伝。初回に言ったきりだったので、知らない学生もいた模様。どうぞ参考にして下さい。宜しかったら、感想でも送ってやってください。

帰路、秋葉原でPDA用液晶保護シートを求める。MT-01にはvisor prism用の上下左右を一ミリづつカットすると丁度良い事が判明。しかしシートを張ると、透明度がかなり落ちるような気がした。暫く我慢して慣れるのを待つか。同時に細身のスタイラスも購入。ストラップをスタイラス収納スペースを共用して付けても、これなら入れられた。イケショップ・モバイルプラザ(末広町)にて現物合わせをしてみたら、上手い具合のものがあった。

2001年5月12日(土)

来週は高校の中間試験問題を作らなければならない事に昨日気付いた。Dillon 氏のゼミでは普段の2倍の分量を読むし、金曜日には『弁明』の講読も約束してある。どうやって切り抜けようか今から不安。とりあえず作れる高校3年生向け倫理を今日中に作ってしまい、プロティノスの2章分を流し読みしておく予定。

そんな風に忙しいと、余計な事をやりたくなるのは中学・高校の頃から誰でも経験する事。趣味のページのサイトマップをXHTML1.0 に書き換え。元々タグは小文字、終了タグの省略はしていない、属性の値はダブルクォーテイションで囲んであると言う訳で、Transitional ならば DTD の他は hr や br を閉じてやる程度の書き換えだけで済んだ。Mac 版の古い IE では XHTML が上手く表示されないそうだが、これから増えてくるXHTMLが見れないのなら、ヴァージョンアップの頃合ではなかろうか。Macで使えるiCabなどは一度使ってみたいブラウザーである。

2001年5月13日(日)

昨日からふと始めた HTML4.01 から XHTML1.0 への書き換え作業は、19のページで完了。コツをつかむと同時に明らかな誤りを幾つか訂正。

そもそも XHTML とは何かというと、HTML を XML で再定義したもの、という答えでよいのでしょう。XMLはExtensible Markup Language の略で、2002 年までにはインターネット上の情報の75%はXMLに基づいて書かれたものになるという予測があるそうだ。で何故 XML に基づくかというと、表現の自由度が増す点にあるらしい。しかしHTMLにも書きやすさ等で捨てがたい面もあるので、HTML のまま XML の規格に従った書き換えが求められる事になる。それがXHTMLという訳だ。

幸い Strict の他に Transitional と Frameset があるので、1.0 への書き換えは容易である。今年の4月6日に提案勧告( Proposed Recommendation )された XHTML1.1 にはどうやら Strict だけしか見当たらないので、1.0 を選んでみた次第である。フレームも残したいし、暫くはこの形式で行けるであろう。「 HTML 初歩の初歩」のページはもう暫くしてから書き直す予定。

2001年5月14日(月)

高校生向け倫理のページアドレスを告知していなかったクラスで紹介した。i-mode で見れないのかという問いもあったが、あのサイズの画面では多くの情報は無理でしょう。

昨年夏前に書いたページのソースは、今見返すと我ながらひどい。それでも過去の日誌のページを3頁ほどXHTML準拠に書き換えた。今日もあと数ページはトライする予定。

2001年5月15日(火)

HTML4.01からXHTML1.0への変換作業もコツが掴めてきたのでヒマを見つけてというより、試験問題作成に飽きるとボチボチやっている。

下にも書いたDillon先生の都立大学での講演には、高校の授業の関係で行けずじまい。ああ、残念。そのかいあってか、一クラスの試験範囲は終了。残りは明日、明後日で3クラスを終えねばならない。仕事は辛いよ。

2001年5月16日(水)

下記のプロティノス演習、午後3時から8時まで5時間の英語で疲れた。急いで帰ってきて9時に帰宅。これから中間試験の問題を作成します。Dillon教授の予定を修正。

WindowsXPの発売が決定。

2001年5月17日(木)

中間試験前の授業が終了。試験問題も残す所一つ。来週は試験監督のみ。

明日の講義ノートを今日中にアップロード予定。

2001年5月18日(金)

関心を引くテーマではないからか、はたまたそろそろもう一度出席をとるのではないかと思って、仕方なく来ているのか、講義中に居眠りをする学生が散見された。おとなしい学生の多い大学だが、ともかく出席だけはするらしい。講義中に挙げた参考文献は読んできて欲しいものだが・・・。

帰路、はじめてSTAR BUCKSというコーヒー屋に寄る。プラスティック製のマグカップを購入したかったからだが、12オンス入りだから約360ミリリットル。初回はタダで12オンスのコーヒーを入れてくれた。少々多過ぎた。

PDA用に単4型ニッケル水素充電池をアキバで購入。千石電商にて一本160円也。これで出先で電池切れという事はなくなるはず。この所すっかりPDAに切り替えて、嵩張るシステム手帳はほとんどお蔵入り。ただしメーラーは依然Outlook Expressを使用中。Net Newsを同時にダウンロードしているためであるが、連絡先だけOutlook2000と共有にしてある。来週の高校中間試験。日程はPDAだけに入れてある。一応デスクトップPCにバックアップを取ってあるので、まあ大丈夫だろう。

2001年5月19日(土)

”一応”XHTMLへの変換は一段落。問題はこうした作業を「HTML初歩の初歩」にどこまで反映させるかである。今読み返すとあの一連のページは、ヒドイ。根本的に書き換えたい気分。来週の試験採点に飽きたらその隙にやってみましょうか。

午後からDillon氏の講演会。仕事が溜まっているので早く帰って来る予定。昨日予定を確認したら、3週間連続で週末に予定が入っている。さて、いつ講義のノートを作ったらよいのでしょうか?真剣に心配している。

2001年5月20日(日)

ご要望にお応えして、携帯電話向けのページを試しに作成してみた。フルアドレスは、www.saiton.net/keitai/menu.htm。高校生の皆様如何でしょうか?見え具合など、メール下されば幸いです。1ページのサイズは今の所1.8KBから3.1KBとなっている。

全ページのXHTML化が完了。数えたら108ページあった。公開していない1ページがあるが、携帯向けページもついでにXHTML-Basicに則って書いたので、それを入れると計113ページになる。しかし内容は殆んど手をつけられなかった。それは今後の課題という事で。

2001年5月21日(月)

携帯向けページの完成は昨日の午後。今日の試験に少しは役立っただろうか?K先生がお持ちのi-modeで見せてもらったが、1ページの分量が多いので、帰宅してからページを分けてみた。総計28ページになっている。目次も今の所、3つに分けた。アドレスが変わっていると思うので、ブックマークされた方はご面倒でもメニュー(これだけは変わっていない)から入り直してください。

携帯から見せてもらった画面で、METAタグ内のXHTML-BasicとかShift-JISと表示されるのは、携帯電話特有の現象らしい事も判明。「バグ」と言わないのかなあ?

今日気付いたがXHTML-BasicではHorizontal Rule=hrは使えないようだ。慌てて削除。まあ、素人ですからこんな程度です。

2001年5月22日(火)

明日帰国するDillon先生の最後の講義を聞き、ミーハーな事に先生の著書にサインを頂く。一緒にいた従兄弟のサイデンステッカーさんのサインの方はもらい損ねた。源氏物語なんて持ってないしなあ。

5クラス目の中間試験答案が出て来た。そのうち付けよう!イヤナ事は後回し。

2001年5月23日(水)

Dillon 先生が帰国したと思ったら、来週でプロティノスの演習も終わってしまうとの事。あれー?何で突然という感じ。今後水曜日をどうするかしばらく考えてみる。

2001年5月24日(木)

今日で私絡みの中間試験は終了。あとは採点のみ。生徒の新年度名簿もFDに取り込んで来たので、後は点数を出して入力するだけ。採点ミスの受付時にはノートパソコンを教室に持って行けば訂正も即時に出来る。

会費を納めていないのに、高校の同窓会報が今年もやって来た。母校は今年から一時限65分授業をしているそうだ。これも来年度からの完全週休二日制をにらんでの事らしい。その昔、教育実習をさせてもらった点だけは感謝している。公立の男子校は全国に41校だけあるそうだ。

2001年5月25日(金)

ゴールデン・ウィークが過ぎて学生の数もようやく減ってきた日大の講義。先週の反省から、先を急がず今日はイデア論の話を一時間した。さて来週はプシューケーの少々細かい話でもしましょうか。

講義終了後、研究棟の前で池の金魚を見ていたら、どこかで見た顔の女子学生。高校での教え子Kさんだった。国文のマスター2年との事。向こうの方が驚いていた。修論頑張って下さい。

今日から本格的に中間試験の採点に身を入れましょうか。明日の日哲は午後のシンポジウムのみ覗いて見ようかと思う。日曜には聞きたいものがあるのでともかく明日は採点優先。

2001年5月26日(土)

採点の暇を見つけて日哲のシンポジウムを覗いた。参考になる話も聞けたが、時間に余裕がなかったので休憩が入ったところで退席。同時に日本近代文学会という学会もやっていた。

採点の方は学会に行く前に一クラスを完了しExcelに入れた。残り6クラス分。

2001年5月27日(日)

昨日に引き続き日哲。今日は研究発表2つと、共同討議を聞く。確かに科学者から笑われてしまいそうな討議であった。

とりあえず明日返す分の答案は間に合いそうだ。明後日の分は明日採点。自転車操業のこの頃。

2001年5月28日(月)

とうとうやって来た答案返却の日。ノートパソコンを持参したので、5クラスに返却し、その場でExcel上のデータを更新。解答を聞かない中学生に腹が立って、言うのをやめた。人の話を聞く態度の出来ていない子供を相手にするのは疲れる。親を毎日教室に連れてきて一緒に授業を受けさせてもらいたい程。自分のしている事が馬鹿らしくなってくる。

高三のあるクラスで倫理のページへ行き着けないとのクレームあり。別のページは見えたらしい。行けなかったら、アドレスの下から順に消していって表示させる事すら知らないのでしょうか。まあそんなものでしょう。

2001年5月29日(火)

成績処理完了。ようやく一度も電卓を使わずにホストPCへの入力まで終えられた。とはいえ学期末の評価などに際しての、細かい加点にまで無理してExcelを使うほどの事はないと思う。

日大文理の哲学科のページ。2人の助手が協力して運営の中心にあたっている模様。なかなか充実している。要チェックか。

マンションであるためADSLもCATVもそこまで来ているのに不可という無念を解決する妙手がある。さいたま市では東京電力がやっているが、三井不動産が無線接続サービスを行うそうで、とりあえず申し込みのメイルを出してみた。スピードは2Mbps、料金は月2400か3900円。これは初期費用の差による。

2001年5月30日(水)

来週の水曜日はお休みさせてもらって、再来週から自主ゼミ形式でプロティノスの講読は続けることが決定。ひとまず安心。

さて今週の講義はプラトンの魂論。何となく材料は集まってきたので、明日までには何とかなりそう。

2001年5月31日(木)

ようやく中・高の一週間が終了。人間になりきっていない子供相手は疲れるが、まあそれだからこそ大事。世間では若者の引き起こす凶悪事件の多発に何故だという思いが高まっているようだが、理由は簡単。あなたの家の子供(あるいはその友達)を御覧なさい。5年後、10年後のこの国は、もっと凄まじい事になるはずです。家庭やコミュニティーを始め様々な規範の崩壊したこの国で、マトモな子育ては大変な事でしょう。

このページの冒頭

www.saiton.net/nissi/kakonissi12.htm

©SAITO Toshiyuki