パソコン日誌

(2002年2月分)

2002年2月1日(金)

日大文理の後期試験が終了。130数名の方々、ご苦労様でした。私はこれから採点にご苦労します。

帰路、乗換駅の秋葉原で誘惑に勝てず、昼ご飯を食べると合理化して定期巡回ルートを一周。若松通商には先日ビックカメラで買った(嘘っぽい)IBMネーム入りマウスが800円台であった。いつもこの店ではよそで買ってから少し安い物を発見してしまう、、、。IBMのパーツナンバーが入っているから、型落ちの本物なのかなあ。ThinkPad用の小型スクロールマウスはあったが、IBMのサイトにあった普通サイズの光学式マウスは在庫せず。現物を見るにはどこへ行けば良いのだろうか。

駅の向こう側とこちら側で計二度ロジクールのコードレスマウス・キャンペーンの透明ファイルフォルダーをもらう。コードレスより三つボタンと光学読み取り式ですよ。時代を読み違えちゃイケマセン。ホントだって。

今週はNortonAntivirusが3回のウィルス定義更新があった。久々かなあ。そういえばNetscapeだけではなくMozillaにもCookie漏洩のセキュリティー・ホールだそうだ。BeOSに入れた最新版の0.9.7はNetscape6.2.1と同じく対策済みらしい。Linuxに入れた0.9.4はまずいらしいから、早々に更新しましょうか。今月もこんな事で始まったなんて、本当に嫌な世の中だこと。

という訳で、RPM版をTurbo Linux Japan のFTPサイトから入手し、Mozillaはメデタク0.9.7-1となった。Geckoのバージョンは20020116だから最新版であろう。RPMがあるから私のような初心者でもどうにかなるというものだ。感謝、感謝。ついでに日本語表示のフォントを非アンチエイリアスのビットマップフォントに指定しておいた。そうした方が、Windowsで慣れている見え方に近い。

2002年2月2日(土)

以前にも話題に出した電子ブロックだが、学研から発売される復刻版の予約受付日が決まったそうですが、元となるのがEX150というのは、30代の若者(?)がターゲットだからかなあ。本家電子ブロック社にある「(新)玩具モデル」の方が魅力的に思える。

HotWiredが伝えるLSB1.1策定の記事。Free Standards Groupが伝える速報記事が元ネタ。ほらほら、2002年は面白い年になりそうでしょ。

以前書き忘れていたと思うので時間は経つが、改めて書く。当時はBeOS購入前後でバタバタしていて、ここに書くのを忘れていたからだ。Turbo Linux Japanから今年の1月8日に登録ユーザ宛にアンケートのメールが来ていた。次期リリースの予定は今年6月になるとの事。メールそれ自体は短なものだったが、リンク先には結構長いアンケートがあった。そこにあったいくつかの質問のうちで関心を引いたのは、価格の話。価格を抑えてサポートを簡略するバージョンや、バンドルソフトの差でいくつかの選択肢が出来ないかと(丁度KondaraやRedHatのように)、確かそんな要望を書いておいた。なお別口の情報によると、その次期リリースはSunのOfficeが付く版もあるらしい。

もうチョコエッグは買うまいと決心したのだが、今度は復刻版グリコを買い始めてしまった。いやいや、今なら止められる。ディズニーの第二弾も我慢している。それより私は知らなかったのだが、カバヤ食品から「世界の神話シリーズ」というのが出ているらしい。ポセイドン、アテナやゼウス、ケンタウロスにメデューサ等がギリシア神話関係の模様。カバヤのページによると発売は今年一月からだが、名古屋、近畿、北陸地区の限定らしい、、、、どうりで見かけなかったはずだ。彩色モデルと未彩色の銀色がある。一部が秋葉原のラジオ会館にあったが、これも堪えた、、、。出来からして海洋堂の作ではないと思ったがVOLKS・造形村というところの作。アテナやメデューサの顔が今一つだった、というのは負け惜しみで、関東で発売になったら買ってしまいそう。

2002年2月3日(日)

昨日の記述への訂正。Windows版 の Netscape6.2 は Mozilla0.9.4 に基づいていて、6.2.1 はそれに Patch ファイルを当てたものであるそうな。Mozilla に関しては 1.0 を待つ必要はないみたい。

Opera で Hotlist(IE や Netscape のサイドバーに相当)内でマウスのスクロールが効かなかった件。マウスの設定を Intellimouse にしてあったのがいけなかった。Wheelmouseに設定したら有効となった。同時にWheelmouseにしておくと、中央の第3ボタン(普通のマウスならホイールをプッシュかな?)で「前のページに戻る」事ができる。マウスジェスチャーより確実。ますます IBM のマウスが手放せなくなってきた。

訂正をします。どちらの設定でもホットリスト内のホイールによるスクロールは可能です。私の場合に出来なかったのは、システムリソース節約のために、スタートアップからpointerを外してあったため。ですから起動後に一度でもマウスの設定を変えて適用から OK をクリックすると可能となった事が判明。お恥ずかしい限りです。

IE や Netscape 系に対する Opera の優位点として、CSS2 のサポートがあげられる。完全ではないが、例えば counter-increment を使えばパラグラフの冒頭に番号を自動的にふる事ができる。それを最初から想定してページを書けば有効かな。

広告遮断やら実に多機能な Proxomitron-J(日本語版)であるが、詳しい紹介や設定はMYCOM PCWEB のこちらが便利かな。しかし最後のページに興味深い記述があった。何せ広告を全部カットされては、そのページ自体の存続に関わるからだ。その辺りの心境が微妙に書いてある。その結果「バナー広告の無効化はマナーとしてご遠慮願頂ければ幸い」となっている。そりゃあ「マナー」ではないでしょう。こうした人の食い扶持はみんなの迷惑の上に成り立ってる、という現実を無視して自己正当化をしているに過ぎないんですね。

これは街道沿いに店を構えながら駐車場を備えずに、客に路上駐車をさせて商売をしている飲食店のようなもの。そうした店の経営は、違法行為を前提として営まれているんですね。それと比べれば、広告で運営されているWebページの方がまだマシなのかなあ。少し古い記事だが、そういう意味で可笑しいのでリンクさせてみた。

探せばいろんな会社があるようで、関東地区未発売の食玩(こんな単語を使うのは、やっぱり普通人ではない、、、)。箱単位で通販する会社があった。こうして入手するんですね、オタクさん。しかし世界の神話シリーズは欲しい。

今回も雪が降ったのかと思って、朝起きて真っ先に窓を開いたが、またもや裏切られる。まあ、雨は降っていたんですけど。こんな日こそ採点日和。どうにか今日中に終わらせよっと。

2002年2月4日(月)

先のVAIOのセキュリティーホールを見つけたのは、高木さんという産総研の方だとか。どこかで見た名前だなあと思ったら、リンクもさせている SapporoWorks から読めるセキュリティ情報でちょくちょく目にする、あの高木さんだった。ちなみに当のセキュリティホールは、使い始めて十数分で気付いたそうだとか。ActiveX 私は切ってますが。

昨日書き加えた訂正。お恥ずかしいのですが、設定を見直したら、極めて快適。ところで、Opera6.01 が明日にも出るらしい。日本語正式対応版も同時なのかなあ?明日は期待してみます。しかし現地時間かな?

FumyWebDiary の次期正式版も近々出る模様。試験が終わったので、作者にも時間が出来たらしい。期待してます。

2002年2月5日(火)

Opera6.01、今日のところは未入手。2月 5日に出るという情報の出所は、Opera の News Group だが、DTI からは読めない。しかしこういった時は、Google の News 検索が役に立つ。もう二月ですから、いずれ正式日本語版も近いでしょう。「慌てない、慌てない」(出典は最高裁作成の高校生向け裁判ビデオ)。

午後三時頃から雨。天気予報がドンピシャ的中。雨の中、バイクで帰宅。急ブレーキをかけた前車がいて、前後輪共にロックして蛇行を経験。とはいえ余裕が未だあったので、事なきを得る。こんな時にも完全に車体をコントロール下に置いてあると、パニックにはならないものだ。そうでなければ、とっくの昔に命はないが、、、、。

よって、バイクや四輪のシュミレーション・ゲームを私は嫌いだ。あれらは、ぶつかっても痛くないし、修理代もかからない。本物というか、現実世界は、厳しいのだぞ!そうした肝心の所が、ゲームでは疎かに思いがち。試しにチョッとだけやった経験からの危惧、です。殴り合いの喧嘩ゲームも、心がスサミそうで嫌いだー!いや、いや、単なる個人的嗜好の問題ですから、ハイ。

少々過激な宣言はしたものの、今日もやってきました BadTransB。1000通返信してやる訳にも行かず、少々キツイ文句と対策法をだけ書いて返信しときました。もう、衛生状態の悪い場所で飲み食い放題して、挙句に赤痢にでもかかって、帰国して知り合いに感染させたようなもの。十分反省してくれなくては困ります。繰り返しますが、過失だって、損害を与えた事には変わりはないのですから、、、。

Mozilla 0.9.8 が出ていた。しかしBeOS用は今のところ無いし、サイトは大混雑なのでしばらく様子見。

2002年2月6日(水)

取りあえず、BeOS 版の Mozilla0.9.8 をダウンロードし、使ってみた。IDは2002020501 となっていた。設定で固まっていた個所がスムーズになった反面、Sidebar の取り込みで強制終了したりと、半歩前進といった所でしょうか。他のOS版での出来はどうか知りませんが、次は 0.9.9 となり 1.0(すなわち正式版)も近いのですが、はて、どんなものでしょうか。少なくとも Windows と Mac 以外の OS を使う場合には、頼みの綱となるだけにがんばって欲しいとは思います。

いろいろあって、今日は眠いのでこれだけ。

2002年2月7日(木)

自分のページのソース( HTML というか XHTML )を眺めていたら、これって XHTML1.1 でもほんの僅かな修正で行けるじゃん、という事に気付き、とりあえず Linux のページだけ書き換えてみました。なぜそうしたか?個人的趣味ですが、一応最新規格というのが免罪符かな。

Opera6.01 未だ出ず。噂でしたからねえ、5日に出るってのは。日本語が改行されない5.0の時代から、ここまで待ったんですから、慌てず気長に、、、

若松通商どころか、「じゃんぱら」にも今使っている IBM ロゴ入り3ボタンプラス、アキュポイント風スクロールマウスが 800円台で山積み。本当に便利ですよ。3ボタンとスクロールの組み合わせ。チョッと本体がアメリカ人サイズなのが気になるかも。しかしそれを言えば、M$ のボタン満載マウスもかなりデカイ、、、移動時の慣性力が私は嫌だな。

文系の私だって、アルミニュームとステンレスの熱伝導率の違い位は知っていたつもりですが、油まみれで汚くなったアルミのヤカンを磨く事より、ピッカピカの外観に惚れて、ついついステンレス製笛吹きヤカンを買ってしまいました(数日前)。しかし、やっぱり後悔しています。

バイクで運んでも凹まないというので、キャンプ用品にはステンレス製を選んで、随分懲りたにも関わらず、またやってしまいました。アルミはアルミでアルツハイマーが怖いし、、、しかしガス代が勿体ないですねえ。そのくせ、給湯時にはジュワッと気化するし。純銅製のホームウェアで家事がしたい。銀ならなお良い、いやいや金なら、、、、ふにゃふにゃですね。

2002年2月8日(金)

今週の疲れと、古典関係の発表がないのとで、インターユニには行かず、昼から買い物。今週末も天気が悪いらしいので、買い溜め。

ついでに雑誌などを覗いていたら、Web Design 関係のものが、こんな田舎町の書店にも結構目に付く。そんなにも自分でページを作る人が多いのかと訝しがったが、隣にはパソコン在宅収入を得ようとかいう特集。そんなに甘いものではありません。数年前に比べたら、引き受ける人が増えたのと反比例して、単価が下がっているようです。注文が入れば派手な仕掛け(最低でもオリジナルFlash位)も必要でしょうし、そのための投資も馬鹿になりません。何かあったら夜中だろうと休日だろうと呼び出されるはずです。そんな事はしないという契約なら?それでは子供のお小遣い程度しかもらえません。

大体、自分の出来る事だけやって、10万以上もらおうなんて、、、いやいや、それでは払わされる方が可哀想と言うか詐欺に引っかかったようなものです。

気に入っていたIBMマウスだがボールにゴミが詰まったのか、動きが悪くなった。癪に障るので光学式マウスに戻す。やっぱり一度使うと手放せない。ホイールを押し込むと第3ボタン代わりになるが、独立したボタンの方がはるかに使いやすい。

このところ私の周囲で、Niftyからメールを送っている人のメールだけが、送られてから届くまでに数時間かかっているようだ。これは私だけではなく送り手がNiftyだとこのところ遅れがちである事が判明。会員数第一位だけに混んでいるんですね。

Opera6.01 日本語対応版が日本の代理店から公開された(しかしベータ版を販売しちゃうとは、、、)。ベータ版には余程の事がない限り手を出さない(当たり前か)と決めているので、しばし静観。

しかし、日本語によるサポートは要らないけど、広告を消すのに教員であるから2,900円というのは安いな。今までは 39 US ドルだったのだから。画面表示を広げて以来、広告に慣れるとそれほど嫌ではないものです。正式版は3月にずれ込む模様だとか。

良い事は重なるもので、Fumy Web Diary Ver.3.30 が出ていると、作者の西村さんからメールあり。早速に入れた。何時もお世話になっています。新しいのが出たばかりで何だが、Operaとの連携でも要望しておきましょうか。

2002年2月9日(土)

Mozilla0.9.7にcookie漏洩の穴が開いているという情報を見たので、仕方なく最新版の0.9.8にした。Linuxでの話なのでそちらの日記ページに書き込み。全部入れると10MBを超えるし、Mailerは使わないので本体だけで7MB程。

先日、アキバで見かけた WinCDR 6.0 Standard Edition を買いに行く。「じゃんぱら」秋葉原本店で税込み510円也。念のためAplixのアップグレード・ページから更新をし6.14から6.24へバージョンを上げておいた(しかし何やら見つけにくい所にありますねえ)。既にB`sRecorderGOLDを使っていてほぼ満足しているだが、Cドライブのブート可能なバックアップCDの作り方が難しい。やたらとファイルを手書きで編集しなければならないのだ。その点WinCDRにはNorton Ghostが付いていて(単独では使えないが)その辺りが簡単そうだったから購入。

勿論格安というのも、とりあえず試してみようという気になったポイント。バージョン7.0が既に発売されて、WindowsXPや書き込みDVDに対応しているそうだが、どちらも当分使う予定はない。何かのバンドルソフトらしいが、チャンとユーザ登録できるようなシリアルナンバーも書いてあった。

ついでに隣にある改装したT-ZONEも覗いたが、以前と大差なし。確かに一階に恥ずかしいゲームやらのコーナーが出来たのだが、入り口近辺から中が良ーく見えて、アホズラをした青少年を見渡せるのが面白い。うーん、これでは流行らんでしょう。早めに溜まっているポイント、使っちゃおう。

2002年2月10日(日)

何やらOperaのベータ版が出回って、やれここが表示できないとか、アレがダメだとか騒いでいる人がいるようだ。だから言ったでしょう、ベータ版だって。それで金取っちゃあいけません。JISで書かれた「チルダ」が読めないらしいのは痛い。リンクが繋がらないのだから。しかしMoonstoneさんのBBSで例に挙げられていたHTML-lint-って、チルダは%7Eに書き直せって警告が出るんですけど、ソースを見ると自分の所ではそう書いていないんですね。

先月のような事があって、一からシステムの入れ直しはもう嫌なので、昨日買ってきたWinCDRを使って、CドライブのBootable CDを焼いておいた。B'sRecorderGOLDでも作れるのだが、以前は復元したくない程グチャグチャなCドライブだったし、一応説明書を見ながら焼いたCDは、上手くBoot出来ないものだった。今ならWindowsもそれ程崩れてはいないと今回試してみた次第。やってみたなら、あっけなくBootableCDが作れた。私でも作れたのだから誰にでも勧められる。B'sでも作れる人は作れるのでしょうけど、、、、。

1.9GB程あったWindowsが入ったCドライブは、NortonGhostで650MBのCD 2 枚に楽々圧縮されて収まった。付属するGhostのバージョンは5.1d。マザーボードなどを買うとオマケでついて来る事もあるそうだが、ライティング・ソフト付きで510円なら良かろうというものだ。

しかし1.9GBのCドライブを圧縮して、Dドライブにイメージを作るのに1時間20分もかかった。表示を見ていると、書き込み速度が毎秒22MB程。HDDはATA-100らしいのだが、インターフェースの上限が33MB/秒なのでこんなものか。USB1.0経由の4倍速で焼き込むのに更に数十分で、総計1時間40分程を要した。B'sGOLDと並存している事による不具合も見られず、この点はハッピー。

まあ私のような初心者には、慣れもあってB'sGOLDのインターフェースの方が優しい気がするが、システムの入っているパーティションをバックアップするなら、断然WinCDRだと確信した日曜日だった。なお、「じゃんぱら」での在庫はそこそこありましたよー!

2002年2月11日(月)

数日前から喉の奥が火照りだし、日に日に風邪の兆候が出てきた。そんな訳で「国民の祝日」も引き篭り。

今日が休める根拠であるが、法律ではなく政令によって今日と特定されている。昭和41年の12月の事である。今の若者は当時の状況を知らなくて当然だが、私とて小学生であった訳で、詳しくは知らないが、イワク付きの祝日ではある。

何せ4th of Julyと特定できる若い国と違って、この国は文字がなかった頃に出来たのだから。ずーっと後になってまとめられた『日本書紀』によれば、辛酉の年(紀元前660年!)の1月1日に大和を平定し神武天皇が即位した。これを太陽暦に直すと2月11日という事になるそうだ。もちろんこのまま史実ではない。ましてや神武天皇が祭られている橿原神宮が造られたのは明治23年だ。畝傍山のふもと、橿原の地に建てられた宮殿で即位したという記述に基づいているだけだ。天皇陵もこの近くにあるそうだが、私はいずれも訪れた事はない。

今気付いたのだが、Fumy Web Diary の「今日の日記編集」画面でHTMLタグが茶色で表示されている。この最新版から変わったのかなあ。日記ファイル全体編集では白黒だが、次期バージョンへの布石なのか。

2002年2月12日(火)

益々悪化の一途を辿る風邪君。インフルエンザか?と心配して検温するも、36.8度という事で一応安心。頭が普段以上にボーっとして、眼はショボショボ、咳が止まりません。潜伏期間を考慮すると、日大の学生からもらってきた風邪かなあ?

そんな訳で、以前に何度か書いた事の繰り返しかも知れませんが、厄介な「チルダ」の件。ISO-2022-JPという普通はメールで使っている文字コードで書かれた HTML の場合、Opera でリンクが繋がらない事がある。対策パッチは既に存在する。ほら、これだって無料配布のベータ版ならムカツキはしないでしょうに。現時点で日本の代理店に金を払った人は、サポートを受けられているのでしょうか。完成版が出たって、広告がないとサミシイ私はレジストする気はありませんけどね。なにやら、レジストした後でサミシクなって再表示させたいんですが、という問い合わせが BBS では見かけられます。ね、そうでしょう?よそにも書きましたが、Mailerが文字化ける?大体、本家 Opera の TOP ページに EUDORA のリンク・バナーが貼ってあるでしょう。Opera社もしっかりしたMUAを推奨しているんです、と読めますが。

しばらく前に研究室に寄った折に、家とは比べ物にならない速度でWordファイルを開いた最新のパソコン。あれは見なかった事にしているのですが、夜な夜な夢に出てきます。最新鋭はPentiumIVになっているので、某所にPentiumIII800Mhzとか1Ghzクラスの旧型機が格安で売られているのですが、これって「買い」なのでしょうか?2年近く前ならそれらは最新式であったはずで、数十万はしたんですが。少しのお時間を取れる識者の方、アドバイスを頂けるようでしたらメールして下さい!某所のアドレスを示しますので。

2002年2月13日(水)

とうとう風邪でダウン、と言うか、今日無理して出ては益々悪化するのは目に見えているので、休ませてもらった。食料の買出しのため、仕方なく一番近いマーケットへ行くだけで、寒気が襲ってきて、体に良くないので外出を控えたという事。

Internet Explorer の累積的な修正プログラム MS02-005 が公開されているので使用者はお忘れなく。こちらが日本語による解説。IE5.01はWindows2000上のみ。98使用者は5.5SP1以上を使えという事らしい。IE6ではq316059が入った。

microsoft.public.jp.msinformation(Net News)では、この手の告知には最後に「よろしくお願いします」と一言入るようだ。この会社にしては珍しい。まあ、この件に関してはウンザリなので、これ以上言うのは止めておく。

とある別件で検索していて知ったのですが、Mac 用の i-Cab ってblink どころか marquee にまで対応しているんですか。へー、親切というかお節介というか、考え方の違いなんですねえ。Operaにはどちらにも対応して欲しくないです。

その Opera 6.01 ベータ版ですが、Build 1041 まで公開されているらしい。詳細は Moonstone さんの BBS の情報が確か。でもそんなに焦らずとも、後一月待ってみようじゃありませんか。ここまで待ったのですから。と、繰り返してみたくもなる。

お気付きの方はお気付きのように、リンクで自動的に別窓が開く設定は止めました。同じ窓で開くか、別の窓で開くかは、開ける当人が決めるべきものであって、製作者側が決める問題ではないと思い至ったからです。決して XHTML1.1 の規格に合致させるため(だけ?)ではありません。

昨日、ちょこっと書いた PentiumIII 機の事ですが、ショップ・ブランドでは10万切って PenIV 機が売ってるんですよね。ですから悩んじゃいます。ある方からは自作を勧められましたが、一台安心できるのがあった上でなら試してみたい気もします。

2002年2月14日(木)

昨日は風邪のため昼から横になっていたせいで、今朝は無用に早起きしてしまった。仕方なくパソコンに火を入れると、Opera6.01 正式版が公開されているとの情報。早速にダウンロードしながら Moonstone さんの BBS を見ると、模様替えしていた。日本の代理店が決まって、急にユーザが増えた対策らしい。事前の告知がなかったので、チョッと混乱している模様。そうこうしているうちに、ダウンロードも終わり(何せISDNなもので、Java なしの3MBでも10分近くかかるんです)上書きインストール。6.01.0.1041 となる。各種設定が引き継がれるのはこれまで通り。どうも、現状では日本語ベータ版(Build1039)より、英語版に日本語パッチを当てた方が高性能らしい。私は当分英語版で行きますが。何せ、フォント設定を日本語にしただけで、私にとっては必要十分な日本語環境ですので。

私見によれば、風邪は峠を越えた模様。後二、三日で全快の見通し。というのは甘いかな。

昨日までに IE に当てた MS02-005 であるが、6つのセキュリティーホールすべてに有効ではないらしい、との情報もある。私はWindowsUpdateの時しかIEはネットに繋がないから深刻には考えていないんですけどね。新製品の開発を全て中断して、セキュリティ対策に全力を尽くしているはずのM$の実力って、こんなものだったんですね。本当に立派なものです。

昨日私のページのうちのいくつかに、重大なミスを発見し即修正を施しました。</head>に続いていきなり<h1>と書いてある初歩的ミス、というか見落とし。<body>を挿入しておきました。久々にlintにかけたらマイナス200点とかもらっちゃって大慌てしました。

2002年2月15日(金)

予定通り(?)大分良くなった風邪。タバコの量を少しだけ減らしていたお陰かな。外にあまり出られないので、先日入れたLinCityをこの所随分やりました。ロケットは6機打ち上げに成功しましたが、終わりが事実上ないんですね。そろそろ削除しようかな。

久々に BeOS のページに少しだけ加筆。先月辺りからあちら方面は色々とあったみたいですね。まあ某ヨーグルトに似た名前のやつは、LEAKED 等と記事のタイトルにも書かれている位ですから、「黄色いタブ」に期待しましょうや。今回はBe上のHOTEditで一応加筆しましたが、Windowsに戻ってみると拡張子なしの文字化けHTMLファイル「も」出来ている。本体は設定通りShift-JISで更新されていたので、自動バックアップ・ファイルだったのかな。そうした事は Linux で経験した事があります。

でもOpera for BeOS にせよ for Linux にせよ、Windows版が良くなってしまっただけに、どうしても落差を感じてしまいます。特にLinux上では、0.9.8 の出来が良いだけにMozillaで良いかな等と、本気で思ってしまいます。私とりわけOperaビイキではありません、誤解なきように。An alternative が無いのは健全じゃあない、と思っているだけです。

2002年2月16日(土)

Opera の NewGroup は DTI が取ってくれていないので、Google 経由で少しだけ覗いた事があるだけだった。しかし Opera の NewsReaderを使って直接 Opera 社の NewsServer へアクセスすれば読める事が判明したので少し実験した。要するにOperaはHTTPやFTP更にはNewsのプロトコルにも対応しているという事か。画面の表示を見ていてもそのような印象。

インターネット、イコール、電子紙芝居と見なす人には妙に感じられるかも知れないが、この方法は理に適っているだろう。何も MUA と NewsReader をだけ統合しなければならない理由はないであろう。第一、Opera のMailerは残念ながら出来が今一つだ。Mailer を表示させると、HOTLIST に二つも項目が付加されてウットオシクなるのが嫌だ。Mailerを非表示にしても、上部のメニューに News の項目は残るので、そこから News が読める。

どこぞでは、IE に心底毒された人達が Opera は使い物にならないと喚いているようだが、セキュリティ問題さえクリアしてくれれば、明日からでもIEを使いますよ、私は。2年以上使ってきて一番慣れていますから。そのために補修ファイルは何時も当てていますけど、それが万全であるという確証が得られないうちは Netscape かOpera しか使いたくはない、ただそれだけです。Netscape も 6.2.1 になって随分良くなりましたよ。Mozilla の 0.9.8 も十分実用になります。

2002年2月17日(日)

Fumy Web Diary の作者、西村さんからメールを頂いて、IE や N6 の他に Opera でも作成したページのプレビューをワンクリックで出来るように設定法を教わった。本当に感謝、感謝。随分と使い易くなった。これまでも、通常使用しているエディタや FTP ソフトを簡単に起動するボタンが備わっていたが、Opera でのプレビューが加わって一層便利となった。

linux日記の方も昨日に続いてほんの少しだけ加筆。しかしX上ではそれなりのパワーが要ると痛感。このところCRTに映っている、いろんな販売店のショップブランド・パソコンを物欲しげに眺めています。 今月の日記のページが乱雑に感じられてきたので、少々整理。

さて明日から一週間が始まる。今週はフルにある上に午後まで行事が入っているので、チョッと気が重い日曜日の午後。

2002年2月18日(月)

パソコンの調子が悪いから相談に乗って欲しいという生徒がいたので、メールアドレスを教えてもらって、とりあえずこちらの聞きたい事を列挙して送ったら、案の定、プロバイダから Fatal Error の返信。大体、Biglobeなのにこんな簡単なアドレスのはずがない。自分のアドレスさえ正しく伝えられない人に、どうやって直し方のアドバイスをしろと言うのでしょうか。とりあえず、明日にでももう一度聞いてみます。

日大の4年生は今日、卒業が確定したのでしょうか。4年目に単位を取らないと卒業できない学生は今日が発表らしい。卒業論文を書いた後に、単位のために試験やレポートを書くのって、本当にシンドイのは分かりますが、、、。

Opera の起動が遅くなったので、キャッシュ・ファイルをクリアした。これで大分素早くなった。empty on exit を指定するのもチョッとねえ。使用者の方々はどのようにセットしているのでしょうか。一応 Moonstone さんのBBSにも投稿しておいた。

2002年2月19日(火)

月曜以来寒い中、街角に立っておられた警備の方々もホッとしているでしょう、「じゅにあ」は国会での演説を終えて韓国へ行ってしまった。「じゅにあ」より本当は「みのーる」と呼んだ方が本当はぴったりなのですが。日本語にすれば「小灌木」

Mozilla でのマイブームは TAB を使った表示。おかげで昨晩、嫌な夢を見た時も、TAB を切り替えて乗り切った。これは良い事を覚えた。悪夢解消法、ここに完成。

今日も Linux 上で Opera をいろいろいじってみたが、やっぱり Mozilla の方が格段に良い。新しいロードマップでは、順調に行けば来月にも 0.9.9 が出てくるとの事。楽しみです。

2002年2月20日(水)

今日の午後は、この時期に恒例となった、東京第一弁護士会による中学生のための模擬裁判。最近話題の Law School についてもチョッとだけ話をしていた。以前合コンで話をした税理士の女性も、大学の講義にはマトモには殆んど出たことがないって言ってたし。せめて大学の半分くらいは普通の教養を幅広く学んで欲しいものだ。

そう思って、今年の文理学部の倫理学に出ていた学生諸君には、専門外の勉強はもしかしたら最後になるかも知れないと思って、いろいろな事を話したつもりだった。4月からの新学期には、一層そうした意気込みで講義するつもり。

RPM を使っても Linux の Kernel を複数インストールしておけるらしい。lilo で起動時に選べるようにしておけば不具合が出ても元の Kernel で起動すれば大丈夫らしい。一応 4.4.17 を入手して依存関係を無視して入れてみたが、エラーが出てしまいディレクトリの中は空っぽ。後日ゆっくり調査してみます。

Be 社が M$ を訴えたという記事をスラッシュドット・ジャパンで見かけて、「株主へのお知らせ」しかなかったBeのページを探したら、PressRelease に概略と PDF ファイルが置いてあった。一応ダウンロードして訴状の写しを入手。しかし今更ねえ、、、、Palm がどうにかして、R6 を出してくれたら嬉しい、というのは皆の希望のはず。Dano みたいな***なもの( # 自主規制)には手を出したくないし。

2002年2月21日(木)

いやー、今年は花粉症の出が早い。未だ二月だというのに、昨日から眼がショボショボし、今日はクシャミ、鼻水も出てきた。おまけに杉だけではなく、檜にも反応するらしい私は、4月になっても苦しい日が続く、、、

以前から探していた PS/2 接続の光学読み取り式マウス。「あきばおー」というアジア系パーツ店にて発見、即購入。税込み 1,048円也。これで BeOS でもホイールが動くようになった。何度も書いたように USB to PS/2 変換器経由では BeOS でホイールが効かなかったのだ。

しかし物事そんなに簡単に解決はしないもので、ケーブルが1メートルしかなく机の左脇に置いてある本体から、机上の右端まで届かない。仕方なくコードを途中で切断して、別のマウスケーブルをハンダ付け。しようかと思ったが、いくらなんでも、それは勿体ない。そこで、余っている LAN ケーブルを1メートル程切り出して使用。マウスは4線しか使っていないので、LAN ケーブルでは過剰になるが、一番丈夫そうで余っている事から決定。久々にハンダこてに火を入れた。

特に力が加わるものでもないので、作業は簡単に終了。電源を入れると、ホイールの部分に内部の照明が投影されて赤く光る、洒落たマウスだ。ホイールを押し込む操作も比較的弱い力で出来、Opera での「戻る」の使用にも合っていそうだ。

X-BOX が明日発売だそうですが、アキバは明日朝から賑わうのでしょうか。某所では、そのうちXと言えばX-BOXの事になってしまい、X-Windows や X-Free は脇へ押しやられると心配しているというか、それがM$の狙いだったりと勘ぐる向きもあるようだ。既に PS/2 と言えば、ソニーのゲーム機と思われているのかなあ。

帰路マルゼンムセンで、10 枚 298 円の 650MB 台湾製 CD-R に惹かれたが、700MB の国産、太陽誘電製、530円の方にした。安心料を勘案すれば安いもの。これだけ安いと RW など使わずに、バンバン焼いてしまいたくなる。というか私は一枚も CD-RW を買った事がなかったりする。

2002年2月22日(金)

数日前から噂があったが、直前に確実な情報が入ったので、正午からフジテレビをつけた。ちっちゃくて軟らかいアレを持ってるらしい、びる・げいつが冒頭の10分程タモリらと共演していた。テレビ慣れしているだけの能無しタレント(形容矛盾)に持ち上げられて、びるはご機嫌でしたねえ。そりゃあそうでしょう。その気になればフジ・サンケイグループ丸ごと買えちゃうんですから、びる君。ともかく、パイをぶつけられなくて良かったですね。

ソフトウェア会社が出すハードウェアですが、これがコケルと**食品/乳業の例もあることだし、ヤバイんじゃあないでしょうか。で、一年で三度目の来日ですか。その後のNHKニュースでも採り上げられて、宣伝費が浮いたと世界の大富豪はほくそえんでいるのでしょうね。どうも、そういう計算力には長けているようですから。

やっぱりこんな事があったでしょう。M$信者の方々。OSの入れ替え後以降、私のWindows Media Playerはめったに起動させませんが。普段はようやく落ちにくくなったWinAmpです。スキンもこっちの方がはるかにセンス、種類とも月とスッポンですからねえ。WMPの標準以外の気持ち悪いスキンって、チーフ・ソフトウェア・アーキテクトの趣味なんでしょうか。

新しいトロイの木馬が二種。BackdoorInfectorBackdoorSubwooferですか。NortonAntivirusのウィルス定義ファイルを今日も更新しておきました。難聴の暴走族を連想させる名前ですね、サブウーファー。

早朝の通勤時にもマフラーを変えていて、小うるさい250ccスクーターが最近多い。朝から全くもって不愉快。連中は脳味噌だけじゃあなくて、鼓膜も鬆(す)が入ってるい違いないと見ています。でも何で、音だけデカクて前に一向に進まないのが好きなんでしょうかねえ。そうか、50ccから乗り換えると、250ccって大型だと勘違いしているんで、せめてそれなりの音を立てたいのでしょうか。法規上は「軽二輪」なんですけどねえ。

2002年2月23日(土)

News Group に本社の Sue が書いていたので、印刷時の不具合やメモリーリーク問題が改善されているという、Opera 6.02 External beta(クリックすると実行ファイルをダウンロードするように選択されますので注意) を入れてみた。設定は相変わらず英語のまま。証拠のスクリーンショットはこちら。唯一問題があるのは、MoonStoneさんの所のBBSで、Author modeを使って見ると記事の一覧ツリーが崩れる。ズーッとUser modeで見ていたものだから、6.02(Build 1047)のせいか、最近ソースを少し書き換えているらしいサイト側に問題があるのか、原因の切り分けが出来ない。しかし、日本語ユーザーのBBSが一番見にくいっていうのも、変な話。この件できつい事を書き込んでいる人があったっけ。そりゃあ一言いいたくなる気持ちは分かるが、いろいろ世話になっていると言い難い事もあるものです。

BBSのレイアウトが崩れる件。CSSのMONOSPACEで日本語フォントを指定すれば良い事に気付いた。まあ、あそこはユーザーモードでしかほとんど見ないんですけどね。また、スクロールバーを非表示にしても、あそこだけ出ちゃうんですよね。ソースを見るとTABLEで囲ってあるので、場所によっては横スクロールバーまで出る。しかしCGIとか私は分からないので、利用させてもらっているだけの身としては、偉そうな事は言えません(と言って、要望を書き込んじゃいましたが)。

ノートパソコンの方で、IE5.5にまたまた補修ファイルを入れた。外付けCDドライブを繋いでいなかったので、続けて入れる予定だったOfficeアップデートの5MB程のダウンロードは無駄になってしまった。Officeねえ、、、来週からの試験問題作成とそれに続く成績処理では使うのかなあ。代替手段がないわけではないので、気張って、使わずに済ませてみましょうか。

メディアの予備も増えたので、データの最新バックアップをCD-Rに焼いてみた。一枚で5回は使えるから、一回10円程か。

デスクトップの壁紙を変えてしまってから随分経つので、スクリーンショットも最新のものに差し替えた。と言っても、気分で数枚を入れ替えているのですが。LinuxやBeOSでは作業画面を複数持てるで、それが出来ないWindowsでも、面倒とはいえたまにやってしまうのです。

2002年2月24日(日)

今年は未だ飲み慣れていないせいか、花粉症対策の鼻炎薬によって、猛烈な睡魔が襲ってくる。休日だから良いようなもので、明日以降はどうしよう。今飲んでいるのは一日二回タイプなので、就寝前に飲んで翌日の前半をカバーしてもらおうか。

昨日入れた Opera 6.02beta であるが、画面表示に問題があるとして一旦 6.01 へ戻した。しかし 6.01 でも同じページで問題が発生する事を確認したので、再び 6.02beta とした。実は昨晩 Mozilla の Latest build を Windows上で試したら、エラーの連発で Windows が終了しなくなってしまった。ビデオ関連が矛盾を起こしたとの警告が出た。そちらは直ぐに消したが、そうした経験もあって 6.02beta も我慢せずに戻してしまったのだ。しかし本社の方が News Group で書いていたように、改善点もあるようなので、しばらく試す事とする。

これだけでは意地悪な書き方なので、問題と対策を追記しておく。Opera はスクロールバーを非表示にしておけるのだが(ホイールマウスがなければ矢印キーを使えば画面はスッキリ!)、こうすると例えばスラッシュドット・ジャパンで、投稿記事へのフォローを同一窓内で表示させると文字や form 窓が重なるという問題である。解決法。スクロールバーを表示させる、以上。

我がノート PC の PNM-C433 はとうとう販売終了した模様。最後はバーゲンされて 6 万円台で処分された模様。最終ロットは基板上に 64MB が載っていたそうだから、128MB を挿せば 192MB になる。256MB を挿して動いたという報告もあるようだ。私の C433 は 32+128=160MB で、どうにかスワップが頻発しない程度。どちらにせよ前期型、中期型、後期型と製造元の台湾の工場によって基板上の部品配置まで異なるらしい。とあるページでは高木産業ってホワイトボックスに分類されていたけど、まあ、そんなものでしょう。

2002年2月25日(月)

使い込んでゆくうちに、Opera のアラが段々見えてきた。マウスから前の画面に戻る際に、二つ前の画面に戻ってしまうという症状もその一つ。本社の方でも、そうした報告は知っているようだが、再現できないとの答え。純正のマウスと最新のドライバの組み合わせでは問題がないらしい。また、マウスの感度が良すぎるという感想も News Group に寄せられていた。そうそう、私もそう思う。最近、戻るは Z キーかマウス・ホイールを押しています。これなら確実。

DTIのニュース・サーバーからもOperaのNews Group のうち、幾つかが読めるようになった。しかし配信されたモノを見ると、全体のうちのほんの僅か。バケツリレーでやってくる記事だから、どこかで抜けちゃうんだろう。Opera関係は直にnews://news.opera.no/へ読みに行くのが最も確実。

今日から学年末試験の問題作成。現時点では、過去問題の M$ Word ファイルがそのままでは読めないので、脱M$計画は先送り。そういえば Excel も文字化けしたっけ、、、。後もう少しの我慢か、、

2002年2月26日(火)

ゆっくりゆっくりですが、問題を作っています。一応昨晩は BeOS 上でテキストエディタを起動して、改行の作法をキャリッジ・リターンとライン・フィードにして作文してました。今朝出がけにネットワーク経由でノートPCにテキストファイルを転送しておいて、空き時間に(ノートには BeOS を入れていないので)Windows 上でテキストの打ち込みをしていました。しかし、試験問題って、下線を付けたりしないと問題が出来ないので、仕方なく途中からM$ Wordを起動させてしまいました。

それ程真面目にやる気がなかったので、電池が切れかかった所で帰宅。ACアダプタは持って行かなかったのです。空き時間には丁度良い電池の持ち、といった所でしょうか。

Windowsを使い続けるなら、Lotus2001 を入れるのが良いのか、Java 上で動く Office アプリケーションにすべきか、悩む所です。いやいや、Java 上のはトロイそうだから、やっぱり Lotus でしょうか。

今やトロイというと、覗き見ワームの代名詞ですが、もちろん元々はトロイアの木馬の神話です。日本語で元を読みたい人は、講談社学術文庫に入っている『トロイア戦記』by クイントゥス、です。間違って『イリアス』を買って探してもありませんので、念のため。発案者はオデュッセウスとなっています。そりゃあそうでしょう、「知に長けた」オデュッセウスですからね。しかし知があったからこそ戦後、ギリシア人の中で帰国が一番最後になっちゃったんですけど。しかし、講談社学術文庫って品切れかなあ(無責任ですみません)。

先日の「笑っていいとも」への、びる・げいつの出演は、あちこちのサイトで話題になっているので今更なのですが、M$の公式サイトBill Gates' Web Site ってぶら下がってるんですね、、、、。アドレスを見比べてビックリ。某ダイエーとか某電鉄会社並に創業者にとっちゃあ、会社は私物なんですねえ。

今日のOperaネタ。日本語版販売開始記者会見の写真入記事はこちら。Operaのフランス語、ドイツ語、スペイン語版が出たようです。英語よりそちらが得意な方にはお勧め。Opera 6.0 for Linux Beta 1もやっと出たようです。未だ我が家からはPress Release が読めませんが。これから取ってきます。

2002年2月27日(水)

昨晩のOpera 6.0 for Linux Beta1 (画面のほんの一部はこちら)は、午後10時過ぎにミラーサイトから入手。FTP だったのでバージョンが分からず、違う RPM を入れてしまい、結局218.2という私の環境に合う RPM を二度目に手に入れた。Tazawa さんが MoonStone さんの BBS に詳細を書き込んでくれた時には、ドタバタが収まった後だった。しかし、親切にありがとうございました。

うーん、しょせん beta 版ですからねえ。しかも beta1 という但し書き付き。TP3を使っている人は、beta2 まで待ったほうが良いかも。しかしアニメーション GIF の不具合は解消された。未だ透過背景がうっすらと我が家の環境では見える。しかし気になる画像の軌跡はない。History で文字が重なる不具合は、ユーザー CSS を指定すると解消される。

しかし最大の問題点は、ページの製作者が CSS でフォント・ファミリーを指定してあると、日本語の部分だけ非表示となり、文中のローマ字だけが飛び飛びに表示される。当面、自分で見れないのは我慢ならないので、私のサイトに関しては、serifを指定してある個所を削って、入れ替えておく。一箇所だけ残っているが仕方ない。

Windowsは正式版となったし 6.02 Build 1017 でかなり良くなってきているので、これからはLinuxの方のBuild122についてまとめたページを作っておこうか。しかし、とりあえず明日までに試験問題を一つ作らねば、、、。

だいたい、試験ほど、受けるのも、受けさせるのも、どちらも大嫌いだ。いや、受ける方がはるかに気が楽。私は他人を評価できる程、立派ではないし、そもそも客観的評価などあるのか?とはいえあきらめて、どんな問題でも優れた人には高い評価が付くのだろうし、そうではない人にも高い評価が付いたとしても、それはそれで仕方がない、こんなふうに考える事にして、ホドホドの問題でお茶を濁してズルズルとここまで来た。ですから学生、生徒(この区別くらいしましょうね)の方々は、数点、数十点の差なんて気にしないで、おおらかにゆきましょうや。

2002年2月28日(木)

朝は雨が降っていたので、久々に電車で行く。途中の乗換駅から乗って来た頭と耳の悪そうなボーヤが、左右分離型の耳朶にかぶせる型のイヤホンで大音量の音楽を聴いていた。しかも私のすぐ隣に立ちやがって、、、30回位文句(これを文句と言わずして何を文句と言うのか)を言いたくなったが、ようやく我慢した。こんなアホがいるから電車通勤は イ ・ ヤ ・ ダ ! うるさいボロバイクなどさっさと置き去りにして走り去ってしまえばそれで済むが、混雑している車両を乗り換えるのは困難だ。濡れた傘を足に押し付けられたり、肩越しに見ると十分余裕があるのに自分の立ち位置を頑として守り通すアホがいたり、、、車内トラブルが頻発するのも理解できました。わたしゃあ、毎日電車に乗るのは無理ですわ。

今年度のしなければならない授業が今日で終了。採点や成績集計、そしてその前の試験問題作成が未だあるが、一応ホッとしてます。

Opera for Linux beta 1 関連の覚え書きを独立ページにした。Qt が入っていても日本語版でないと問題があるようだ。我がLinuxのQtは2.3.1らしい。


このページの冒頭

www.saiton.net/nissi/kakonissi21.htm

©SAITO Toshiyuki