パソコン日誌

(2002年5月分)

"リンクのうち幾つかはアドレスが変わっている可能性があります"

2002年5月1日(水)

ほぼ直った筈の風邪だが、まだ少々咳が残る。自然治癒力の減少に歳を感じさせられている私です。

Moonsotn's BBS をチェックしたら、私のフォント・チェックのページで Windows 95 上の Opera 1061 が落ちるという投稿を見つけ、動揺しながら再度 HTML と CSS の再検証を念のため受けてみる。もちろん大丈夫な筈という御託宣。1061 ですか、ここだから書くけど、中途半端だなあ。確かWindows98 では View から Taskbar でメニューが無限に増殖する Build でしたね。評判の良くない Build で間もなく 1066 に移行してしまったという記憶しか私にはないのですが。確か、Windows95 で一部のベータは、なんとかダイナミック・リンク・ライブラリだったか、なんとかエグゼでエラーが出るというのが、あったような、なかったような(全く無内容、、、こりゃあ、よそ様の所には書けまへん)。

一応、beta というのはテスト版ですから、不具合がない限り最新版を使うのが暗黙の了解と思っていたのですが。というか、不具合はそれなりにどの beta であるのですが、、、それより何より、不具合は(代理店を通じてでもいいから)作り手へ報告してあげる、という条件で「使わせてもらってる」のではなかったのかなあ?日本語正式版って Opera には(以下自主規制)。

上記スレッドに関してもう一点。確かに Lucida Console を Normal に指定すると、表示が等幅になってしまいますが(それが我慢できない私はこの一点で却下です)、気にならない人というか、等幅がお好きな方にはフォントのベースラインがズレないのでお勧めです。しかし英字フォントと日本語の混在する行で、英字フォントの一部が隣接する日本語と 10 % ほど重なって右端が欠けたようになってしまう不具合のある事を確認しておりますので、ご承知おき下さい。

2002年5月2日(木)

Moonstone's BBS には書き込んでおいたが、Windows95 上の Opera が落ちる件は、GDI.exe が問題のようでした。M$ がサポートを打ち切っているから OS が修正される見込みはほとんどないという事を承知の上で、「軽い」95 をお好みでどうぞ。

User Agentレポートというサイトは時々見て回って参考にさせてもらっているのだが、そこから辿った Opera の情報リンクに我サイトのアドレスが最上位、趣味のページ、お勉強のページと三つも載せられていた。なぜか分からないし口出しすべき問題でもないが、「?」ではある。お勉強のページと Opera には何の関係もないはずなんだけどねえー。

某所でいろいろな User Agents が列挙されていたのに刺激を受けて、opera.general (だったかな?)で仕入れた情報を元に、Browser Archive なる所で数種をゲット。しかし IE は古いバージョンと共存できないんですよね、、、、収穫は Opera 2.12 と 3.51 かな?(多分)使用日数制限付きなれど 2.12 に至ってはサイズが 766KB しかない。多分ないだろうが何かの必要が生じた時のために保存しておく。ついでに取ってきた Multilingual Mosaic は、インストールしたものの初めて起動するのに使用期限を過ぎていますという警告が出て使用は不可!何てこったい。ともかく、ゲテモノ好きなお方はどうぞ。

以前目に付く所にリンクを張っておいた(削除は未だしていません)GUI Gallery のページ(アドレスが変更になっていたので修正済み)の一部(?)にすごいアンチ IE のページを発見。というか、Nathan's Toasty Technology page がトップページのようです。しかし Anti-IE buttons 等をサイトに貼る勇気は、、、ナイーブな私にはありません。

OpenOffice から 1.0 が出ている模様。サイズからして ISDN ではチョッときついかなあ?ハンコム買っちゃったしね。Opera と同じく、それ程コダワリはありませんが。どちらも選択肢が増える事は大いに歓迎、ま、そういう事です。

この時期は紫外線が意外と強い。東京からの帰路、上野のバイク街に寄って、スモークシールドを購入。アライヘルメットの某代理店にて15パーセント引きで税込み3,570円也(今わたくしがかぶっているのはオープンフェイスの SZ-αII のシルバー)。夕暮れ時が怖いのでこの所ずっとクリアー・シールドを使っていたが、方針転換。10年以上前に女の子から、インテリ(はあ?)らしくないゴツゴツした手だし、顔は年中日焼けしているしと言われたのは、私のトラウマです。これで少しは日焼けが防げるかな?

しかしインテリねえ。ラテン語の intellegens (インテレ−ゲンス)> intelligentzia (インテリゲンチア)ですか。元は動詞の intel-lego な訳ですが、Intel 製品はノートパソコンにしか入ってないなあー、、、。ギリシア語なら νους (ヌース)ですね、ウーン、、、わたしゃあ自分がそうかどうかはともかくとして、簡単にインテリなんて言葉は使えませんね。

2002年5月3日(金)

ある見知らぬ方から、突然メールをもらった。あなたならどうしますか?たいていそのような場合私は開かずに削除するか、ヘッダーを確認して KILL 設定にするのだが、送信元も国内の怪しくはなさそうな所。そして何よりテキストメールだしサイズもそこそこだったので、チョッと考えてから開いてみた。すると私のページを読んだ感想を寄せてくれたという、うれしいメールであった。開く前に分かるようにタイトルに配慮してもらえるべく、お礼の返信をしておいたが、こんなメールにまで疑心暗鬼になってしまうほど、嫌な世の中です。「はじめまして」とかいうタイトルって、いかにもウィルス付きメールっぽくはないですか?

半分以上というか、仮にほとんどお世辞であっても、見知らぬ人に、ほんの少しでも役に立っていると言われたら、それはうれしくないはずがありません。html初歩の初歩という最近全く見直していないページ群、久々に数ページだけ修正をしました(本当は全面改定したいけれど時間も気力も足りません)。なぜか Yahoo Japan に登録されているサイトでも、このシリーズより内容の少ないサイトって結構あるんですよね。私のサイトはごった煮状態だし、ヤフーの登録なんて目指してないからどうでも良いのですが。テーマを一つに絞って管理すれば、楽になれるかなあ?そっちの方が利用してくれる人にも便利なのかも、、、。まあ、最近は優れた検索エンジンがありますから、こっちが未整理でも勝手につまみ食いしてゆくのでしょうし。ですからそんな利用者サイドに振った配慮なんて気にせずに、やりたいように好きにやらせてもらいます。

確かに毎日十数人から二十人の人って、何を期待してここにアクセスしてきているのでしょう、という疑問はタマに頭をかすめはします。ウチのカウンターって Reload しても数字の増えないタイプだし、、、そういうタイプのカウンターを見つけると、ついついルーレット・ゲーム(オタクな方々は切り番とか呼ぶらしいーーえっ?オタクだけじゃないって?本人に自覚がないのもオタクの証拠です)をしたくなっちゃう私です。ところでそれってしちゃイケナイコトなの?なんで?

Mozilla 1.0 RC 1 入れてみました(Windows上)。Chrome フォルダをリネームしてバグを回避したので好調です。しかしセキュリティー問題が報じられているので、しばらくはローカルでの表示確認用。感触は悪くなさそう。

ならばという事で、Linux 版の(rpm では true type font が使えないって書いてあったので仕方なく) tar ball を入手し、CUI で解凍し Read me text を読んでみる。前のバージョンが入っていると不具合が生じると警告があったので、0.9.8 をこれまたコマンドでアンインストール。rpm はこういう時こそ便利である。その後無事インストールも完了した。さすが 1.0 は完成度が高い、というのが Linux でも第一印象。

今晩最後の追加ネタ。Opera Mail のログイン画面、今月から改装されています。色合いに合わせて動かなくなってしまった Hotlist も一応色変更。

2002年5月4日(土)

昨日 Linux に入れた Mozilla であるが、これまでとインストールされているディレクトリが変わってしまったようで、コマンド、アイコンいずれからも起動しない。その修正をして引き続き様子を見た。Opera に馴染んでしまった身には、IE 風描画方式でさえ新鮮に感じられる。ページの全体枠が先に描かれ、そのあと順に画像が描かれて行く。それはそれで好ましい挙動。しかし速度うんぬん以前にインターフェースの違いが「インターネット体験」の質を変えている。トータルでの快適さという観点で、Opera 社のうたう The Best Internet Experience という言葉が適切である事を実感できる。

日本語がダメなので放っておいた Amaya であるが、予告通り 6.1 が出ていたので一応バージョンアップ。バグ取りだけらしい。次のバージョンは今年7月予定との事。

2002年5月5日(日)

昨晩遅くネットスケープの公式サイトから Netsacape Navigator 3.04 を入手しいろいろと試してみた。バージョン4台はしばらく使った事があって呆れて捨てたが、CSS を無視する(ものは言いよう)3台を試してみたかったから。以前にIEの古いバージョンは入手済みだが、事実上試せないのに対して、使用期限の過ぎている2台はともかく NN3.04 なら使えない事はない。日本語化された 3.03 でも良かったが、ゲテモノ好きとしては英語版に限る。

JavaScript も動くが getFullYear でエラーが出ても、不思議と許せてしまうおおらかさをもって見ていられる。背景画像が描かれないせいもあってキビキビ感なら抜群の反応。「コンナノ」と比べたら Opera が The fastest browser on Earth の看板を下げて The Best Internet Experience にした意味が分かろうというものだ。

そんな CSS を解さぬ User Agent であちこち見ていると、つくずく感じる事がある。レイアウトが乱れるなんて事に(こだわ)って、あれやこれやの小技に走る事の虚しさよ!本気でレイアウトを固定したければ、PDF に変換し固定して公開するのが何といっても一番に違いないのだから。作者の書いた内容(コンテンツ)が伝われば良いのであって、レイアウトに依存して内容を伝える、あるいはレイアウトこそが内容であれば、PDF や(以前結構見かけたが写真に撮るなどして) GIF 等の画像ファイルにするしかないでしょう。

これら関係は学校の授業時の板書と学生のノートのようなもの、と考えれば良いのかも知れない。黒板一杯に改行せずに書かれた文章を、そのままそっくり写すような学生はいない訳で、各人適当な所で改行してノートを取る。文字の大きさだって各人で違うし、「解釈」の違いによってその他多くの点でノートが異なるのは当たり前という事。作者(教師)が提供するのは内容(コンテンツ)であって、それをどう描画(レンダリング)するかまでは強制できないし、したとしても何の意味もない、事になる。

文字化けしてしまう、文字が重なって読めない、挿入されている画像の前後関係が異なってしまう、という場合は矯正しなければ困るが、それ以外は(望んでそうしているか、ブラウザの都合でそうなっているにせよ)お好きなように見て下さい、で良い訳だ。

気にしなくても良い事は置いといて、内容(コンテンツ)を充実させましょうよ。最後に一言。こう考えると、XHTML Basic 辺りは結構魅力的かも、なんて事もここ数日思ったりしている私です。

2002年5月6日(月)

皆様は黄金週間をどのようにお過ごしでしたか。大変な災難に遭われた学生さんもおられたようですが、皆様はご無事でしたでしょうか。わたくしは休日が好きです。何が好きかといいますと、お昼寝ができるからに他なりません。ヘラスの方々に習っている、と言っておけば良いのでしょうが、、。お昼寝させてもらえるなら、一月やそこら休みなしで働かされても何ともありません。このところ歳のせいか、めっきり基礎体力が衰えて風邪も治り難くなっているわたくしですから、これまで以上にお昼寝は重要性を増しているに違いがありません。この習慣を保てる限りわたくしは長生きできそうです。

わたくしのこの習慣は今に始まったなどという生半可(なまはんか)なものではなく、高等学校を卒業して以来の事ですから、既にわたくしの生き様(いきざま)のようなものです。わたくし高等学校の生徒の頃に、原因不明の頭痛に悩まされておりました。心配した両親は大学病院に始まって、針治療院にいたるまで様々な治療をわたくしに受けさせました。結局原因不明のいわゆる「頭痛持ち」と診断され今日にいたっておりますが、どうやら睡眠不足が主たる原因ではないかと内心思ったりしております。

さてさて、こんな事を書いていると、どうでも良い事をグダグダ読ませおって、おまえは何を考えているんだ!とおしかりの声が聞こえてきそうですが、誤解なきように。わたくしは読ませてはおりません。あなたがお読みになっておられるだけですから。

昨日の日記との継続性を考えた方が、そうしたクレーマーの方々には納得が行くやも知れません。XHTML Basic で書いたらどうでしょうという話題ですが、思い起こせばこのサイト内には、その規格で書かれたページ群が何と74ページもある事に今気付きました。しかしそのページを旧日本電信電話公社規格で製作された携帯端末で閲覧しますと、冒頭に XML 宣言が表示されてしまったり、Shift_JIS しか解せぬのに、規格では文字コード宣言をしなければならないなどという矛盾に直面する事になります。ゲイツ君規格の携帯端末で閲覧しましても冒頭の XML 宣言が出てしまいます。どうやら携帯端末と携帯電話は分けて考えた方が、製作者にも閲覧者にも幸せがやって来るようです。

冒頭にリンクさせたニュース以外にも、世間では様々な出来事があったようです。昨年話題になった牛乳リサイクル(?)事件などより深刻なニュースが飛び込んできました。何せわたくしのコーヒー消費量は牛乳のそれよりはるかに多いから気になります。しかもネスレ以外の会社でもやっているそうです。雪印も「製品の再生」とか「環境・資源保護の理念」とか言い張れば良かったのでしょうか。まあ、わたくしの豆とインスタントの消費比率は Windows と Linux の使用比率と同じ位ですからそんなに気にすることもないのですが。(比率は8対2です)

スラッシュドット・ジャパンがネタの提供元ですが、こんなおもちゃとかを見たらまた買ってしまいそうです。こちらのニュースによるとダメ箱は復活するかも知れませんが、良い子の皆さんは kopieren しちゃダメですよー。え、ゲルマニアの言葉はお読みになれない?そんな方のためにオンライン翻訳というものがあるではありませんか。少なくとも英語から日本語に訳すのは笑いの提供しかできませんが、ゲルマニア語からブリタニア語への訳は結構イケテル(はずです)。ま、わたくしも英検3級ですから良く分かりませんけど。

最後に Opera ネタを一つだけ。SDI モードで Tab ブラウザ式にはまってます。Alt + Shift + Click ででどんどん Tab を開いてゆきます。システムリソースの減少がないのが良いです、はい。

冒頭のニュース脇にも見出しが出てますが、スーチーさん解放という事ですが、あの国を「ビルマ」とわたくしは呼んでいます。アムネスティーの支部の見解なんかをご存知でしょうか。もちろん教室でも生徒さんや学生さん(両者ははっきり区別いたしましょう)には、そう教えています。

2002年5月7日(火)

たざわさんの所に書かせてもらったが、Norton の Firewall で広告をカットさせると、Opera の右上に出るはずの広告が空欄のまま。しかし以前は同じ設定で広告表示されていたから、広告業者が変わったのであろう。Event log を見たら、ad.jp.ap.valuecommerce.com を削除したというのがズラっと並んでいる。試しにそこを解除してみたら日本語の広告が次から次へと出てくる。アニメーションの連続が嫌になったので、この規則は入れたままとしておく。検索の度に Yahoo BB の広告をしょっちゅう見せられるのは勘弁願いたいからだ。

たざわさんの TOP ページに Opera のバナーが貼ってある事にも今日気付いた。外されたのかと思っていたが、そのままだったのですね。それも Firewall で削除されていたのでしたっけ。ちなみに自分のページで見れなくなるのはつまらないので、そこだけ例外規則を作ってあります。

BroadBand な世間は競って Red Hat 7.3 を落としているのでしょう。新機能はこちら。パッケージリストを読むと、KDE 3 になっているが、チャンと Qt 3.03 の他に Qt 2.3.1 も入っている。本社の人曰く Opera は Qt 3 では動かないそうだから、入れ替える人は設定に気をつけた方が良い。Static link 版ならどちらでも良いんでしょうか、はて。

雨が降っていたので久々の電車通勤。駅で私鉄、地下鉄共通の 5,000円カードを購入。しかし遠距離通勤なものでそれでもたちまちなくなってしまうのが不便な所。オマケも付かないし、ますます電車を利用する気が失せた。

久々に乗り換えの人形町で飯を摂ったついでに隣のコンビニに寄ると、世界の神話シリーズという食玩を目にしてつい買ってしまった、、、。ポセイドンは良いとしても、欲を出してもう一つ買ってしまった中には Wyvern (飛竜)、、。語源はラテン語の Viper と書いてあるがそれではラテン語ではなく英語だ。Vipera (ウィーペラ)でしょうに。神話辞典などを出している某大学教授が解説を書いているそうだが、神話学って日本ではその程度のものなんです。よっぽど news の soc.classics の方がまともな事を言う人が多い。

たまには真面目になって(と言うかとうとう追い込まれて仕方なく)持ち帰りの仕事をやってます。昨日まで愛用していたのが SDI モードで、数日前までと今日から、そして多分これからもずっと愛用するのが MDI モードだって事に、今やっと気付きました。遅すぎ。他人に説明しようと思うと、正しい呼称を確認しないとダメですねえ。反省してます。

で、しばらく使った SDI モードですが、あちこちに不安定な挙動が見られました。Opera 社にとっちゃあ、新規の分野だからでしょうか。タブをダブルクリックすると強制終了したり、、、。バグトラッキングへ書き込もうとして落ちたり。こりゃあ深刻だわな。気を取り直して、もう一度再現させようとすると正常動作してみたり。よって、バグ報告もできず、わたくしは明日早朝の蹴球国際試合観戦に備えて寝てしまいます。

2002年5月8日(水)

imagine'sRoom が移転して新しくなっていた。オブジェクト指向 PHP っていうんですか、よく分かりませんが、何ーんか日本語のサイト(XOOPS JAPAN)は、システムリソースを大食いしたり、Opera で見ると文字と画像の一部が重複するようではあります。ここへのリンクもあったのですが、投票制でベストテンから外れると当面は見えなくなるので、じきに隠されるでしょう。恥ずかしい内容なので、もうしばらくの辛抱です(笑)。

今チョッと繋がらないのですが、T-ZONE のカードに溜まったポイントを使い切ってしまおうと、今日発売の Linux magazine を購入。直接はポイントを使えないが、パソコンのフロアで引換券を発行してもらい、それを持参すれば書籍も割引になります。CD が4枚も付属していて Kondara 2.1 と Vine 2.5 が入っていますが、1,390円ではポイントがないと考えてしまいます。

広告欄の表示/非表示の件でたざわさんの BBS に書き込んではみたものの、他所の国にしても結局は真っ白で、表示されるのは Opera 社の広告だけでした。もういいや、真っ白で。

今朝、日本代表対レアルマドリード(二軍)の試合が、余りにもつまらないのでオペラメールに日本語でアクセスすると、すんなり認証を受けられた。帰宅後の先程も OK。気まぐれなオペラメールさん、わたくしの理解を超えています。で、日本語ログイン画面は以前の通りの黄色と赤の配色。そこで Hotlist の配色も赤に戻してあったのを灰色に戻してみました。バナーの枠に1ピクセルを配すると何となく締まって見えます。

Opera 本の影響か、はたまた(例えば日経クリック今月号、タイトルがすごいです「IEを捨てろ! Operaを使おう!」、、、)雑誌で取り上げられる回数が増えたせいか、あっちもこっちも満員御礼のようですねえ。ご愁傷様です(素直に喜ばないといけないのかなあ?やっぱりわたくしはダメですね)。

2002年5月9日(木)

こちらも、ネタ枯渇気味だったりして、、、。ま、そうしていると次のベータが出たりするものですが(経験則)。雑誌関係はインプレスの新刊一覧なんかを見るんですが、リンクされている先が出版社のトップ・ページだったりして、あんまり使い心地は良くありません。結局、自分で作ったリンク・フォルダで詳細をチェックしたりしてます。この間のは店頭で確認して羊頭狗肉?って感じですが。

わたくしはラムもマトンも大好きですが、ワンちゃんはねー。ケルベロスならともかく(え?アレ食うのか)、帰国したオデュッセウスを教えられずに最初に見分けたのは、愛犬アルゴスでしたというのは有名ですが(息子のテレマコスがアテネ女神の魔法が解けるまで気づかんとは、、、)他の犬たちも吼えずに大人しくしてるんですよね。ま、あそこは感動シーンですが。

Linux beta2 ですが、font-family を CSS で指定しない個所なら上手く行くんですが。一応 opera6.ini を開いてそれらしき個所を当たってみました。[Preferred fonts] 以下の数字が、起動する度に変わっているような感じなので、ここが怪しい?数字の後に指定したリコーフォントの名前があるのですが、どの数字がどれだが解読不能。仮に書き換えても、Opera を再起動すると書き換えられる模様。某 BBS にも書き込んでしまいましたが、ベータ 3 待ってます。

低速マシンで Linux Opera を起動させると、おかしな挙動に気付く。起動と同時に Hotlist を読みに行くようです。オフラインで起動させると良く分かる。それ以前に結構なサイズ( 200 KB ほど )になっているブックマークの読み込みに、結構な時間が掛かっている模様。OS 自体がおかしいのかなあ?昨日手に入れた Vine 2.5 をノートの方にでも入れてテストしてみましょうか。噂通り Turbo Linux は入れたまんまが一番安定している、らしい。

エノモトさん所にもリンクして頂いていた事に気付き、いっそのことと、リンク集回りを小修正。紹介して頂くほどの内容はないのでお恥ずかしい限りです。まあ、一度来たらオシマイでしょうから、放っときますが。

2002年5月10日(金)

この所、遅れ気味の進行状況を呈している日大での講義。あれもこれもと思うから遅れるのだが、遅れを取り戻そうと急ぎ過ぎたために、今日の分は明らかに失敗。話の焦点がボケ気味。そんな時のために講義の概略を公開してあるんですけど、学生さんは見てるのかなあ?

帰路いつものように、アキバで昼食、と言っても牛丼屋ですけど。そこでの話。先に隣に座っていた人に「ツユダクですね」と確認をして大盛り牛丼が運ばれてきた。ご本人も納得して食べ始めたのに、しばらくして店員を呼んで文句を言っている。「ツユダクって言ったのに、何だこれは」と言ってどんぶりを傾けて見せている。横目で見ると確かにおツユが豊富にかかっている。はてな?と思っていたら、店員が先に気がついた。お客様、ツユダクというのは、おツユがいっぱいかかっているのを言うのですが。そう言うと店員は丼を下げて新しい牛丼を持ってきた。客は申し訳なさそうに、次から覚えるからと恥ずかしそうに言っていた。

店員の対応に感心した訳だが、これと似た事があちこちで見かけられる。ここで書いたらネタばれしちゃうから止めときますが、お金を払って買った製品ならばサポートというものがある。それはそれで担当者の方々は日々ご苦労なさっているのでしょう。SAPOSEN.COMとか絶対サポセン黙示録くらいしか知らなかったが、リンク集のようなサイトまであるようだ(ここのリンク先は、前二者とは嗜好の違ったものも含まれている)。しかし某 User Agent のようなものの場合は、同好の士のよしみで、あくまで仲間内で教えあう、が基本精神ではないかと思っている。(有料版を購入したらサポセンのお世話になるべきでしょうが) 仕事じゃないんだし。調べる事もそれはそれで楽しいんですよね。ま、こないだも書いたように、分母が増えれば分子の絶対数も増える訳です(何のこっちゃ)。

最近なぜか朝の起き掛けに、お告げが聞こえてくる。ただし決してわたくしはその筋の人ではありません(笑)。一昨日はサイトの配色を変えろだったし、昨日はリンクの下線を消すのは見難いだろうだった。そこまでは、そうかなあと思ってお告げに従った。今日のお告げは BBS でも増設したら?だったが、以上のような訳で交流サイト志向は封印です(最初からそんな気、なかったくせに、正直に断念と言えって?)。

Linux 日記に Qt の TROLLTECH がらみのネタ加筆。Qt の最新版は 3.0.4 ですか。

2002年5月11日(土)

そろそろ次のベータが出るかと思って、午後10時半まで news を5分おきに自動チェックさせてはいたが、先週のようなしつこい風邪はもう勘弁と思い、早めに就寝。早く起きてみると夜中の間に出ていました、Build 1100 と 1101。Normal にはやはり日本語フォントを割り当てるのが良さそうです。Baseline の不揃いも、その設定によって日本語ページに関しては解消。まあ、考えてみればアルファベットとひらがな、カタカナ、漢字が一行に混在するのって、日本語だけですから。

日本語フォントテストのページでの個別フォント単独指定は、Build 1090 の Baseline 不揃いで、よりマシなフォントを探すために使ったもの。Normal に欧文フォントを指定する意味はほとんどない、という結論に落ち着いた。Vernada や Arial を Normal に指定して、Automatic で MS Pゴシックを選ばせると、baseline の不揃いがわずかばかりだが残ってしまう。

某掲示板にも書いてしまったが、わたくしの中では、Build 1101 を Opera 6.02 RC1 と呼んでみたりしている。

mozilla の方も、1.0RC2 が出ている。リリースノートを読むと、例のセキュリティー・ホールを塞いで、小修正した模様。わたくしは Windows では使わないが、Linux 版は、、、しょうがない、これから取ってきて tar ball からまた入れ直しします。本当に Opera 6.02 for Windows Final を早く出して、他の OS 版にもっと精力を注いで欲しいものです。

という事で、Mozilla 1.0 RC2 入れてまいりました。解凍すれば、インストーラが付いているので、実は簡単に入れられます。Build 2002051009 , Gecko 20020510 となりました。試験を兼ねてあっちこっちを見て回っていたら、PalmPalm の事をたざわさんから指摘頂いている事に気付きました(汗)。そういえば、こっちから Linux 日記にリンクを張ってありました。

しかし、Mozilla は重いじら、、、。Opera か Mozilla かという論争が、news.opera でも盛り上がっていましたが、より高級なコンピュータを Mozilla が要求するのは確かです。

外国の広告を見るのもレジストしない良い言い訳。日本の広告はカットされるが、一番多そうなノルウェーを選んでおいたら、配信されたものが先程からようやく表示されるようになった。問題はわたくしがノルウェー語を全く解さぬ事。今それに気付いた、、、。イギリスかドイツにでも変えておきましょうか。そして、アニメーションGIFに飽きたら、日本に戻して空白とする。

Security がらみの Bug を放置しておくのは忍びない(?)という事で、Windows にも、Mozilla 1.0 RC2 一応入れました。そういえば Opera にはない Navigation bar がなくなっている。せっかく HEAD 内に書いたのが見れて、報われた気がしていたのに、、、、。正式版に取り入れられないという事で切られた模様。

2002年5月12日(日)

昨日は二つのソフトウェアをバージョンアップして様子を眺めるというニギヤカナ日。どちらもなかなかの出来栄え。しかし Opera で印刷プレビューでは見えるフッターが実際には9割以上切れてしまって、上部だけかろうじて痕跡が残るバグは健在。正式版へ向けて取って置いてあるのかなあ?

きのうからスラッシュドット・ジャパンに出ていた YOPY は秋葉館で扱っているようですねえ。わたくしとしては触手が伸びはしないのですが、こんなブラウザが載っているようです。どんなものなのか不明。それより秋葉館とかイケショップを久々に見ると、種類が多いのと結構な値段をしているのに驚きます。

パソコンとのスケジュールの同期と簡単なメモだけあれば十分、というのがここ一年ですっかり PDA なしでは困るようになったわたくしの感想です。そんな訳で安くなってる Data Slim 2、衝動買いしてしまいそうで怖いわたくしです。

2002年5月13日(月)

Opera for Linux 6.0 Final ftp://ftp.opera.com/pub/opera/linux/600/ 出てます!ここまで書いて、Linux に切り替えて、インストールしてきました。わたくしが入れたのは、opera-6.0-20020510.2-shared-qt.i386.rpm , 2906KB でした。Build 161 になっていました。久々に、beta の付いていない Opera さんとご対面してきました。日本語は完全ではなく、BBS のスレッドの段組が途中で改行されるバグは残ってます。一応証拠写真は、Linux Opera のページに張っておきました。もう夜遅いので、今日はこれで寝ます。

わたくしの定期巡回サイトの一つである中村さんの所から、Windows xp (XPは絶対小文字だと思うって、どうでも良い?)における三大ブラウザ比較という記事がリンクされていた。IE や Mozilla と並べて比較されているだけでも Opera にとっては大躍進、かな?取り分けこんな論調のサイトでは。前にもリンクを張っておいたと思いますし、プラットフォームも異なりますが、Linux Planet の比較対照記事も併せてご覧下さい。

高校で生徒から、某短大へ行きたいのという相談。自己推薦というカテゴリーだと、自分で書いた志望動機書類と面接だけで合否を決めるらしい、、、。自己アピールってのが大事らしい。その際パソコン検定とか初級シスアドという資格が有効らしい(彼女の志望は、情報なんとか学科でした)。前者はパソコン検定といっても Windows と MS Office が使えるかどうかの判定らしい事は知っていたので、いっそのこと MOUS の一般か上級でも取っておきなさいとアドバイスしておいたのですが、、。本当は LPIC でも取ってもらって、わたくしがいろいろ教わりたいのですが。そんな事が入試の役に立つなら、受験生活も楽しかろうに、ねえ。これ本音です。

2002年5月14日(火)

Opera for Linux 6.0 Final 騒動の内幕

昨晩から今日にかけては、一体なんだったんでしょうか。事はニュースステーションが始まって、そろそろ寝ようかと思っていた時(ええ、早寝早起きが健康の秘訣です)。なにげに Opera 社の FTP サイトを覗いてみたら、600 の下に Final の文字が!そっとダウンロードを開始すると、ISDN 目一杯の速度が出ています。あれれ?と思いながら報告をバックグラウンドで書いているうちに完了。第一報を自分の日記に追加、アップロードしてから OS の切り替え。この辺までの話の一部は、スラッシュドット・ジャパンへたれ込んどきました。午後に帰宅して確認すると初採用されていました。そこでは早速、突っ込まれていましたが、採用するかしないかはわたくしが決める事ではないし、、、。一応「見ただけ」と言われるのも嫌だったので、昨日のうちに証拠写真は Opera Linux のページに公開しておきましたが。

rpm から入れると無事立ち上がる。root から一般ユーザに切り替えてネットに接続すると、パッと見は日本語に問題はなさそう。しかし MoonstonsBBS の記事段組で破綻している。最後から一つ前の語で改行されるという、しばらく前の Windows 版ベータで見たようなバグ。それを news の opera.linux に投稿しておいた。今朝起きると、Eirik Byrkjeflot Anonsen さんから返信記事(news:878z6oqe15.fsf@trittico.intern.opera.no)があった。いわく、「思っていたより時間がかかっている」とか。やっぱり、beta3 を名乗っておけば良かったでしょうに、、。

たざわさんから教えてもらったところによると、今日には各 FTP サイトからも消えているとの事。一応証拠というか痕跡は残ってますが。彼の推測通り、Linux World Expo が近かったりするからなのでしょうかねえ?良く分かりませんが。ともかく手許には、Build 161 が残ったのでしばらく Linux 上でも Mozilla を使わなくて済みそう、とは言えます。BBS の段組が崩れる以外では、ほぼ満足の行く出来栄え。そろそろお金を払っても良いレベルです。Windows と Linux で同時に申し込むと、割引があるのでどうせならそうしましょうか。教職員割引の方が安かったかな?一応、自宅で使うにしても、表向きは研究の一環っという事で OK かなあ?

例えば、Planet Mirror Home 他、幾つかのミラーサイトには未だ Final あります。

2002年5月15日(水)

いろいろドタバタしていましたが、無事(?)本社の ftp サイトにも復活し、Beta2 からの変更点一覧(Change Log とも言う)も公開されました(本日夕方時点で、再び不安定になったのかファイルが見つかりません、と出るが、、)。とりあえず Opera for Linux and Solaris の TOP ページから焦らずに見守ってやって下さい。チェンジログの翻訳は、著作権の問題と以下の事情により保留。

どうやら Windows 版とは違い、Linux 版の責任者は、news の opera.linux で tester に minor build の公開告知をしたいという考えを持っていない、という事のようです。とりあえず正式版が正々堂々と公開されましたので、次は正式日本語版という順序でしょう。今日はここまで。何せ、昨晩は夜中までサッカーを見てしまったものですから。早めに寝ます。

Opera for Windows 6.02 正式版、出てます。Linux の二の舞は嫌なので、ここにしか書きません。ftp://ftp.opera.com/pub/opera/win/602/en/ ここから入れてみると、、、Build1101 でした。つまり 1101 は正式版 6.02 だった訳です!午後7時55分記す。

今度は大丈夫です。本社のダウンロード画面でも 6.02 が選べます!!!安心して正式版にしましょう。

Beta と違って Sue Sims からのアナウンスは、1r94eukkkp8t5o1dqm8jd5rnvvdi2c9irk@4ax.com すなわち、news://news.opera.com/opera.announce に掲載されています。ks94eukb2r2hdu1sv1chcl4shck4kot49t@4ax.com こちらのメッセージ ID は、Linux 6.0 のアナウンスです。1分差ですが Windows 版のアナウンスの方が早い!

2002年5月16日(木)

Windows と Linux の Opera 正式版公開でドタバタしてしまった今週前半でした。ZDNN のニュース速報に一部の日本語訳が載っています。そこにもあるように(元のニュースリリースにもあるが)日本語対応の Linux 版は中国語版と共に遅れてリリースされる予定。それはそうです、あの出来では日本語版は名乗れない。英語の本家 Slashdot にもスレッドが出来ていました。オタクの巣窟、日本版スラッシュドットで同様の記事を読むよりは有用かも。だから〜、古い話とかを蒸し返してもツマランだけです。Linux 版は該当するようですので、念のため Linux では JavaScript を切っておきましょうか。

大本命 StarSuit 6.0 日本語版登場のニュースもあった。しかしこれも日本の代理店が、あの驚速を出している某社というのが気になる点ではあります。その代理店からの案内ページを読むと、欲しくなりはします。ハンコムを買って早まったか?まあ、大幅ディスカウントで悔いはありませんけど。

登録ユーザ向けメールが来て知ったのですが、Turbo Linux 8 Workstation の案内ページによると、TL8WS には StarSuit 6.0 (ただし Linux 専用版)が付属する。マルチプラットホーム版へは優待価格になるそうだ。価格は15,800円。TL7WS を登録してあると先行予約で9,800円、その後は 10,800円だそうだ。今回は FTP 版かなあ。

わたくしは WindowsCE PDA との接続に以前から極細ケーブルを使っているのですが、細いのは通常8本あるLANケーブルのうち、最低限必要な4本だけのケーブルを使用しているため。これでも 10-BASE なら問題は全くなし。きしめんケーブルと銘打った ETP-F2M は 100BASE 対応だし全線接続しているようです。より良い事は認めるが、買い換えるまではなさそう。

2002年5月17日(金)

明日から福岡へ行くので、日記などの更新は(多分)月曜まで出来ません。あちらでの報告は帰郷後、ご報告する予定にしておきます。

帰り(日曜)の飛行機の時間に関してミスった! 19時くらいに羽田に着く便を予約したつもりが、午後9時に着く便だという事に先程ようやく気づきました。わたくし、少々落ち込んでいます。仕方ないから、長浜ラーメンでも食べてきます。

はい、はい、あそこで唯一投票したのはわたくしです(何のこっちゃ)。News も Days も信頼の置けるソースとして、参考にさせて頂いております。

通常来週は中間試験の時期なのですが、私の行っている高校は今年から二期制になりました。最初の試験は来月です。来週を乗り切れば、再来週はお天気頼みですが、運動会の予行、本番、代休が入れば Linux World Expo をゆとりを持って見に行けそうです。

Opera のリンク集には追加しましたが、Peter Karlsson さん(おぺら社勤務)のサイト。

2002年5月19日(日)

夜も遅いので、一言だけ。

無事に帰ってきました。第一印象というものが何事にも大切ですが、福岡はオッケーでした。しかし、上空をしょっちゅう飛行機が低空で飛ぶのってのはねえ。68年には米軍のファントムが大学構内に落ちたそうですし。あ、元々は板付基地って言ってましたね、、、。バイク乗りには御馴染みの、ポップ吉村の伝説もここで作られたって事か、などと思い出しながら九州へ降り立ちました。

2002年5月20日(月)

という訳で、博多での週末。学会はシンポジウムもワークショップも事前資料にはない本音が聞けたので、まあ満足でした。今回もわたくしは自費での参加ですが、出張費の出る「教授」諸氏の中にはシンポジウム中に居眠りする情けない姿も見かけられまして、、、。たまたま格安の出張パック(ホテル付きで22,000円)が見つかったからわたくしでも行けたようなものです。JR と航空会社の「競争」は、大歓迎です。

日曜日は博多駅近くのホテルから早めに出て、九州大学近くの筥崎(箱崎とも書くようだが略字)宮という八幡さまを見学。蒙古襲来の際にも退散祈祷をしたとかいう由緒正しきお宮さんです。本当は海ノ中道から志賀島に行って金印も見たかったし、大宰府や元寇の際の防塁あと位は見ておきたかったのですが、日程に余裕がなく断念。ああ、日本橋箱崎町という地名は筥崎宮に由来しているという説「も」あるようです。

さて、全ての予定を終了したのは日曜日の昼過ぎ。せめて美味しいラーメンでも食べて帰ろうと、一番の繁華街らしい天神という所で地下鉄を降りました。しかし右も左も分からない絶望的状態。地図を読んでかろうじて中洲方向へ歩く。何とジュンク堂を発見。池袋店ほどではないが結構大きい本屋さん。そこで数時間いるうちに、ふと気が付いた。これでは東京にいるのと同じではないか!反省して店を出て中洲を目指す。川を渡ってそれらしい角を曲がる。いきなり、強そーなのにすごーく優しいお言葉をかけてくる男性が10メートルおきに道端に立っている。ヤバイ路地に迷い込んでしまったらしい、、、。あわててユーターンして川端という所で一休み。そこから川端アーケードという商店街を抜けて行こうとする。なぜかそこは仏壇屋さんがズラーリ並ぶ。こういう事だから初めての町には面食らってしまいます。

歩き疲れたので、市内中心部100円均一バスというのを待っていると、待ってました、屋台を引いたおじさんが。これが噂の博多ラーメンか?と思ったら、何と、団子を売っている。団子といっても串団子ではなく、半透明で小さな粒の「わらびもち」にきな粉をまぶしたものをウエハースに入れて一つ100円で売っていた。どれくらいめずらしい物かは知りませんが、少なくとも関東では見かけた事がありません。というより、わらびもち自体が西の方の和菓子らしく、関東ではくずもち、ですしね。

この辺りまで来ると、わたくしにある種の禁断症状が、、、、。自然とインターネット・カフェを探してしまいます。一軒目は年会費を必要とするのでパス。そんな時に頼りになるのが kinko's です。博多駅のさびれた方(筑紫口と言うらしいが、大手某有名カメラチェーン店が建設中でしたから、客の流れが変わるかも)に発見。しかもそこはキャンペーン中とかで、10分まで無料との事。無料では申し訳ないので、20分ほどでわたくしの巡回コースをチェック(しっかり履歴は消しておきました)。ところが店員の勘違い(?)で、無料扱い!気分を良くして裏道を歩いていると、ドスパラ博多店を見つけて吸い込まれるように入店。ここは手前がドスパラで、店の奥がジャンパラになっていました。なーんだ、また東京にいるのと同じではないか。いかん、いかん、という訳で退散。来月行く予定の広島にも店があるようなので、足を運んじゃうんだろうな、、、。

何か、取り止めもないお話で、わざわざ見て下さってる方々、すんません。少々、最後に Opera ネタ。ええ、そうですよ、Linux は名前だけの「正式版」です。ともかく正式版を出したのですから、Opera for Linux のバナーから beta の文字を取ってもらいたいものです。

それにしても、一日家を空けただけなのに、news の opera.general には 140 通を超える投稿が、、、気力が復活するには未だ時間が必要です。さっきもう一度見たら、200 通を超えていました(なおさら憂鬱)。

2002年5月21日(火)

Linux 版の chartable.bin の様子を見に行ったが、わたくしには解析不能とあきらめる。しかし SDI モードを試してみると、Hotlist をドックしたまま SDI に設定される。どこかで SDI でドックされると意味がないと書いていたなあ、、、、。証拠写真は Linux opera のページにリンクさせておいた。なかなかこれは快適です。

という訳で肝心の修正はできず、Linux では相変わらず全角チルダが出ません。これが正式版ですからこのまましばらく修正されないのかなあ。いやいや、中国語版と日本語版が近々出るとプレスリリースにあったから、そっちに期待という事でしょうか。

ところで、Opera のポリシーって何でしょう?言う人は言うだろうな、、、。この件を、opera.general へ投稿したら、アッという間に Sue Sims から vhakeu8rev4r20j4102b67k495ni386blu@4ax.com で以下のような返答があった。いわく、we do _not_ provide any listing of "Known Issues" except during beta testing だそうです。コメント付けるの難しそう、、。

昨日書いた、わらびもちの屋台。博多出身の先生に聞いたら、子供の頃はよく売りに来ていたそうです。ともかく、最近ではめずらしいのかも知れません。

2002年5月22日(水)

世の中、古いものに価値を見出す人もいるようで、Opera についても同じです。いわく、Version 3.6 が欲しい、いやいや、5.02 が欲しい。そんな希望をかなえる、ftp サイトのリンク集はこちら。玄関口はこちらですが、Opera の色違いアイコンなどもそろっている。ドラえもんのボタンセットといい、タイ語を読めないのが少し残念なほど充実している?

上記のリンクは切れているモノも多いのですが、コレクターであるわたくしは、4.01 をゲットしました。これで既に持っている 2.12, 3.0, 3.21, 3.51, 5.0, 5.12, 6.0, 6.01, 6.02 と併せて、ほぼ Windows 版の全体を入手した事になります(エッへん)。変な趣味ですから、良い子は真似しちゃダメですよー(と、長音記号を使ってみたりして)。

2002年5月23日(木)

Netscape 7.0 Preview Release 1 しかも日本語版が出ていたので、とりあえずノートパソコン(Celeron 433Mhz, RAM 160MB)の方へ入れてみた。Gecko のバージョンは 20020512 というからベースは 1.0 RC1 なのかな? RC2 なの? 標準で 13MB 程のサイズであった。デスクトップには Mozilla 1.0 RC2 が入れてあるので、ノートの方でだけしばらく様子見。アクセス解析にかけると、Mozilla 5 と出るんですね、チョイ悲し。

せっかくならと、たざわさんが持っていないらしい Opera 2.12 をついでにノートパソコンに入れてみた。解析では、Mozilla 2.1 と出ます。起動の度にレジストを勧めるダイアログが出るが、今更どうやってレジストするのでしょうか、、、。感触は悪くない。何せプログラム全体がフロッピー一枚にゆうゆう入ってしまうのだから(766KB しかない)。日本語は変な改行無視もなく、Shift_JIS はおおかた読める。EUC-JP は全滅なので、YAHOO JAPAN が使えない等々、あくまでもテスト用途限定。ところで Hotlist はどこにあるのかなあ?感覚的には 日本語の一応通る Amaya といったレベル。日付けは February 12th 1997 とあるから、5年前か。最初の公開版はその前年である 1996年という事らしい。記念写真は Opera のページからリンクを張っておきました。

追加で、Ver 2.12 の試用記を少々。日本語の一応通る Amaya という表現は、「将来の」 Amaya さんに失礼でした。Shift_JIS でも正しく読めるのは7から8割といった所でしょうか。Ver.5 はこれから考えたら、ずいぶん賢くなっていたのですね、誤解していました Opera さん。CSS (少なくとも外部CSS)は解しません。よって、既に入れてある Netscape 3.02 のような感じ、と言っても分かる人はあんまりいませんね、、、。ただし、Opera 独特の News は表示できるらしい(?)。昔からあの方式が好きだったのですね、Opera さん。Hotlist の表示法と、Bookmark の追加方法も直ぐに分かりました。これはこれで悪くはないかも。

という訳で、Opera の原点とも言うべきVersion 2.12 を使ってみたのは、決して無駄ではありませんでした。SDI モードなんてものはありませんし、Hotlist も固定表示できません。ファイルサイズも小さくて、最も Opera らしい Opera と言えるかも知れません。しかし、マウスジェスチャーは使えませんので、自分の Opera 度数が測られるような気分になれます。実用(?)にするなら、Version 3 台とか 4 台を使ってみるのも悪くはないかも知れません。Version 5 になると、マウスジェスチャーになってしまいますから、単に日本語が不得意な Opera に過ぎませんが、ともかく 1FD としては良く出来てますよ、ホント。

Opera for Linux のバナーですが、現在進行形で移行中の模様。正式版の Opera 6.0 for Linuxと何故だか 6.0 TP というバナーまで本日日本時間夕方にはありました。明日には全面移行するのか?それともやっぱりアレは Technical Preview だったのか(一応、ブラック・ユーモアのつもりです)。

さあ、明日は Linux Japan 最終号の発売日です。過去記事の PDF 満載らしいので、初めて(!)買ってみましょうか。

2002年5月24日(金)

Opera 4.0 Known Issues ってのは Sue Sims のサイトに残ってるんですよねえー。先日の記事は、結構長いスレッドになってましたが、最初の方は何が可笑しいのか、わたくしには分かりませんでした、、、。Opera 4.0 の Splash を欲しいなんていうモノ好きの希望も、ここのサイトから、当面はかなえられます、ハイ。

Netscape 7.0 Preview Release 1 の元ですが、Mozilla RC2 のようですね。RC2 を久々に起動させて、その重さからサッサと Opera へと避難しちゃいましたが、Gecko 2002051006 という数字だけはしっかりメモしときましたから、間違いありません。

お世話になってる、Tera Pad ですが、先週のうちに Version 0.74 正式版になっているたので、一応バージョンアップ。寺尾さん、毎度ー!

Opera のバナーコレクションのページからリンクさせてはあるのですが、各バージョンのリリース時期一覧はこちら。これによると、JavaScript や SSL 対応などは 3.0 以降という事。マウスジェスチャーが要らないのなら、4.0 辺りでもデスクトップ・パソコンの方へ入れてみましょうか。という事で、4.02 と 2.12 をこっちにも入れてみました。前者は Mozilla/4.0 、後者は Mozilla/2.1 と解析される。しかし前者は、詐称機能が付いているので操作は可能。

Linux Japan の最終号ですが、本当に過去記事の一覧しかないので、不愉快になって立ち読みで帰ってきました。ほな、さいなら。

2002年5月25日(土)

朝起きて news をチェックすると(未だ抜けきれない Outlook Express 6 では Mail と同時に新着の記事は Down load される)、opera.beta に Espen Sand さんが珍しく投稿していた。彼は確か Linux 部門の人だったはず、などと思ってタイトルを見ると、Opera 6.0.2 Preview 1 for Linux available とある。早速に rpm 版を入れ opera.beta にも First impression を送っておいた。記事の内容概略は、以下の通り。

やあ、みんな。6.0.2 を出す前に、幾つかの試作版を出す事にしたんだが、これが最初のやつさ。この試作版はメーリングリストとニュースグループにだけ知らせるんだけれども、このまま公式版にするほど試験を施してはいないんだ。 6.0.2 というバージョン番号だけれども、数日中に 6.0 に幾つかの小修正を行った 6.0.1 公式版を出す事になっているんだ。6.0.2 試作一号 は 6.0.1 に行った修正以上に手を加えてあって、Windows 版 Opera 6 にしかない新しい機能も加えてあるんだ。これを君がニュースグループの opera.beta で読んでいて、この製品について記事を投稿したいんだったら、opera.linux にもクロスポストしておいてくれ。僕たち Linux/UNIX チームがリストをモニターしてるからさ。じゃあね。

という、好い加減な訳ですが。誰が使っても良いようです。ホントあわてん坊さん。ファイルはhttp://web.opera.com/download/unix/untested/intel-linux/177-20020524-P1/ にあります。どのばーじょんを入れたら良いか分からなければ ./whatpackage.txt というのを開いてみて下さい。Changelog は ./changelog.txt にあります。

感想などはOpera のページに速報を書いちゃったので、もういいや。Mozilla RC3 に頼らずとも済みそうな程、Linux 版も完成度が徐々に上がってきています。

わたくしのノートパソコン発売元、高木産業はこの春、ラジオ会館にあった秋葉原ショールームを閉じていましたが、事業部閉鎖に伴いパソコン事業から撤退するらしいです。以前からたまに覗いていたパーパスノート掲示板で噂(確実?)が流れています。Pentium III-S 1.4Ghz 搭載ノートパソコンなんて、他じゃあやらんでしょう、、、。奇想天外な会社でした(涙)。

Linux 版 6.0.1 Final がよろしい方は ftp://ftp.opera.com/pub/opera/linux/601/final/en/ から入手できます。shared-2 が一般用rpm で、-3 が Red Hat 用の模様。さてどっちを入れようか、困ってます。

2002年5月26日(日)

Opera beta の release が一段落してのんびりしていたら、金曜、土曜と相次いで Linux 版 6.0.2 Preview 1 と 6.0.1 Final が出現して Espen Sand の言っていた通り、Enjoy させてもらいました。しかし Windows 版 6.02 Final で Download している最中に、background でメモを取ったりしていたのがいけなかったのか、二度ばかり「ファイルのサイズが合いません」すなわち転送が途中で途切れて終了してしまう、という現象に出くわした。単にサイトが混んでいたのか?しかし、転送自体は ISDN の最高速で順調でしたし、、、。そういえばこの種のバグが、news でも論じられていたような記憶も、、。しかしそれは Linux 版ではなかったか?

そんなふうにして昨晩入手した正式版は、ノートの方へ入れてみた。しかし何やら印象悪るし。そもそも日本語関係の設定をロクにやっていなかったノートパソコンのせいか、設定に時間がかかる。と言うより、6.0 Final でキチンと動いている環境へなら、6.0.2 P1 を上書きすればノータッチで即使える事の方がすごいと言えばすごい事かも。

ひょんな事からわたくしが Opera を勧めたら、早速レジストして愛用なさっている方のサイト、BlueWagon はこちら。Opera のMailer を使ったら、なぜかデータが全部消えたとか、結構苦労なさっているようです。Opera のページも最近作られたようで、取り分け、マウスジェスチャーの図などは綺麗ですのでお勧めかも。

余りにも画期的なので、こちらにも書いておきます。Hotlist から Bookmark をダブルクリックしないと開かないとお嘆きのそこのあなた!まあこれは、骨の髄まで M$ IE に冒されている(ネスケ、もじらもそうですが)典型的兆候ではありますが、嫌な人は嫌なんですよね。解決しました!

Opera for Linux 6.0.2 Preview 1 の Changelog にあるように、User Prefs に Center Mousebutton Action=2 (Open link in background)を追加すると、第三ボタンもしくは Wheel Mouse を押し込むと、Windows 版の右クリックからマウスを下へ引きずるという例のマウスジェスチャーが、一挙手にて済みます。この副産物として、Hotlist 上からでもこの機能が有効となります。つまり Bookmark 名上でホイールをクリックすれば、ワンクリックでリンク先がバックグラウンドで開く訳です。数字を 0 にすれば、単に Open link となります。詳しくはチェンジログを参照。

2002年5月27日(月)

Opera for Linux の日本語表示で italic が出なかったり、font-weight に変化がないのは、Linux に入れてある日本語フォントにイタリックやボールドが入っていないからであって、Opera さんに責任はありませんでした。ごめんなさい、Opera さん。

そんな事を確認しているうちに、Opera for Windows 6.03 (英語版だけですが)出ています。opera.announce と opera.general に Sue Sims からの告知があり知りました。Build は 1107。入手先は通常のダウンロード画面から。お好きな FTP を選んでくだされ。変更点は、Opera のページに書いておきました。

Security issue with fileupload という修正は、Linux 版 6.02Pr1 の Changelog にもありましたから、先週 Opera 社はこの問題に取り組んでいたのでしょうか。

でも、相変わらず、印刷時に footer 切れちゃうんだよな、、、どうにかならんかね、Opera さん。

2002年5月28日(火)

何の前触れもなく突然出てきた感のあった、Opera for Windows 6.03 ですが、今日になってアノ Opera Fun にその辺の事情を記した 6.03 公開に関する記事が公開されていました。あそこって、Searchengineworld が本業で、Opera は副業「だった」んですね。

GreyMagic Software の報じるニュース(ここの URI が ./adv/ を含むのでセキュリティを切るまで読めなくて慌てましたのでご注意ください)によると、5月7日にこのセキュリティーホールが発見され、15日に Opera 社が確認して翌16日の晩に対策を講じて Internal beta を作成したとの事。こうして5月27日に公開された訳です。この件について GreyMagic Software 社のコメント。「 Opera 社は極めて素早く対応し、この脆弱性について直ちに理解し修正ファイルを作成した。彼らは実に真剣にセキュリティー問題を考慮している事を示した」

という事でした。しかしこれを報じた Yahoo!コンピュータニュースの記事(元記事は有料で読めないので不明)はお粗末。「この脆弱性を修正した6.03が近日中にリリースされる予定」って、自分でリンクしてある先を読んで確認していないのがバレバレ。Yahoo Japan で MoonstoneBBS を紹介しているのだから、目を通せという位は言っても良いでしょう?

今日から休暇なので、明日から始まる Linux World に行ってみるつもりです。天気も良いし久々にバイクで行こうかな、、、。

2002年5月29日(水)

という訳で(?)Linux World Expo/Tokyo 行ってきました。最初に結論。埼玉から往復に二千円以上の交通費をかけてまでは行く事はないでしょう。久々にバイクでお散歩を兼ねて行ったのが丁度良かった、かな。しかし途中で少し道に迷いましたが、、。二、三度バスで門前仲町まで往復したはずなのですが、途中でいつもお昼寝しちゃってたので、真中辺の道筋って知らなかったのでした。ビックサイトから門前仲町までのバス、大抵空いてて座れますので穴場です。

基本的には企業向けの展示会なのでしょう。ぐるりと会場を回ってから、Vine Linux 2.5 と Debian Woody のセミナーを聞いてきました。会場は2/3位の入りでしたでしょうか、、、。それが終わって仕切られたスペースから出てくると、長野県知事の基調講演を聞こうという人の行列。空いてたら聞いても良かったのですが、それほど暇でもないので結局二時間ほど向こうにいて帰ってきました。

Vine 2.5 は秋にも 3.0 になるまでの当面のつなぎだし、Woody はいつまでたっても安定版にならないし、、。Sun のブースで StarSuite 6.0 が動いているのも見てきましたが、インターフェースから何から本物にそっくりなのですネエ。Hancom は日本語の通る AbiWord という感じですが(分かる人しか分からないか)、Sun のは確かに良く出来ているみたいですねえ。問題はどの程度のハードウェアーで快適に動くか、でしょうか。パッケージに日本語の愛称は付いていなくて(笑)代わりに Sun の青いロゴが目に付きました。そりゃあそっちの方がネームバリューがありますから。

さて、Moonstone さんとこではセキュリティのコーナーも新設したようで、これだけ騒がれれば対応が必要なのでしょう。わたくしの言いたいことは Opera のページの冒頭に書いたので繰り返しませんが、ま、地球の裏側の人たちのことですからねえ。心底通じあえるなんて思っちゃあ、イケマセン。彼らには彼らのポリシーがあるそうですから。

Moonstone さんとこで作ってくれた、検索用 Hotlist (Bookmarkletというんですか)便利そうですねえ。例によって背景色などが気に入らないのでローカルに配置して色、行間、などに少し手を入れて読ませるようにしました。

あっちにも書いておきましたが、今日届いたOpera Newsletter Linux Edition May 29, 2002 Issue #5, 2002 には、Opera 6.01 for Linux Released After Predecessor's Record Downloads と題した記事が冒頭にありました。

昨日届いた General Edition には、Opera 6.03 for Windows released が冒頭に書かれていました。ダ カ ラ 、ニュースが欲しけりゃ申し込みましょう!

本日二回目の追記。本って売れてないのでしょうか?今日届いた岩波の『図書』には、裏表紙に「ブラウンシンクロン」つまり電動髭剃りの広告が載っていたからだ。ここには書籍の広告以外では、サントリー美術館やら、丸善の文房具とか、、そうそう、背広というのもありましたが。違和感がある所をみると、二十年以上毎月見ているはずだがこの種のものは初めてか。

有明で久々にエスカレータというものに乗ったので、ふと思い出した。福岡「も」急ぐ人は右側を駆け登っていました。大阪は逆だそうだからと、心配していたのでした。

2002年5月30日(木)

こういう時は、祝 Opera 6.03 日本語版発表とかって言うべきなのでしょうか。中身に問題が残っているのが分かっていると、それほど喜べない。とにかく、慌てて出した緊急版ですから 6.03 は。そうか末尾が奇数でしたね、って事はないか、、、。詳しくは Opera のページなどで。

とはいえ、初めての正式日本語版ですから、午前中に FTP から取ってきてノート PC に入れてみました。なるほど皆さんこうした画面を見てたんですネエー。右クリックからの翻訳に日本語が入っているのって新しいのですね、きっと。一部の表現に違和感を覚えましたが、それは何についてもある訳で。とにかくノートでページの保存はしない事にします。

昨日のアクセス数は 25 でしたが、一昨日は 47 。完全にその理由は、Opera のsecurity 問題。あちこち調べまわった方が多かったという事でしょうか。そうですねえ、その Opera2(突然、私信モード)わたくしだと思います、きっと。そ、れ、か、ら、チョッと前の 7 もそうです。ごめんなさい。せめてもの罪滅ぼしと、2ch 新スレのトップで、FAQ の文句を外してくれるようお願いしておきました。どうせ詐称するなら、次は Leica 張りに Ur-Opera とかの方が良いですかね(笑)。

2002年5月31日(金)

T-ZONE ミナミ最後の日、らしいのでちょいと寄り道してきました。本当に明日から開かないのかなあー、という感じ。新しい AKIBA PLACE の方が今日から開いているので、なおさらそんな感じがするのかも。開店記念安売りグッズは大したことなく、100円の PC クリーナーだけ買ってきました。1000円の英語版キーボードには少し「食指が動いた」が、若松通商辺りで同じモノが三桁で売っているのを後から見つけてホッとしただけ(?)で帰宅。ミナミ電気、T-ZONE と二代続いてポシャッた訳だから、縁起が悪いとも言うのかなあ?ともかく、パチンコ屋にだけはなって欲しくない!そういう希望を言うくらいは良いでしょう?

で、うろついて来たのは LAOX BOOK 館。やっぱり XEmacs でも使いこなせなきゃ、Linux ユーザの風上にも置けない、って言われそうで、、。何冊か手にとって見ましたが、類書は既に持っていたりして。要は WordStar 系エディタの便利さから抜けられないヘッポコなだけなんですが。

もう一つ、不景気なお題を。在庫一掃をしている第一家電ですが(ヒェー、TOP ページがこんなになっているとは)、万世橋寄りの旧警察署の斜向かいの店舗で、Brown Shaver の替え刃全品100円(200円だったかな?)というのをやってました。正確な型番を忘れちゃったので、買えませんでしたが、土日で売り切れなかったら週明けにでもチェックしてみる予定です。と思って今チェックしたら、型番が磨り減って読めませんでした(-_-;)それほど長持ちするって事なのですが。ええ、手許のシンクロンは 25歳です。

そうですねえ、家もリンクしてもらっていた、野嵜さんのサイト、昨日から閉鎖されているようです(閉じているのでリンクは控えます)。アレに相当する多種の UA にウンチクがある方って、そりゃあもうたざわさんが最右翼、何て煽ってみたりして、、、。もう半分は出来てるし、なんてね(笑)。

TOP ページの軽量化を図りました。旧文章群で TOP にないと不便だという希望などないでしょう(笑)?我が家のようなナローバンドだと結構効くはずです。

このページの冒頭

www.saiton.net/nissi/kakonissi24.htm

©SAITO Toshiyuki