パソコン日誌

(2002年6月分)

"リンクのうち幾つかはアドレスが変わっている可能性があります"

2002年6月1日(土)

どうなっちゃってるんでしょうか?こんなヘンピなサイトにまで、昨日は60を超えるアクセスがありました。どうせ見られているページはこんなもんだろうと、TOP ページを改編しました。

Cash が残っているのか、CSS を書き換えても TOP ページのタイトルが枠の真中に表示されません、はて?Local 環境では Reload すると新 CSS が適用されるのですが、Web 上ではサッパリ反映されません。と言うより、CSS は随分前に手を入れたんですが、、、。テキストや画像の Cash は期限が来れば新規読み込みするのですが、CSS は上手く行きません。もちろん Other の Check Modified もやらせてるんですけどねえ。こうなると Opera のレンダリングに問題があるのかなあ?しかし Local では Reload すれば大丈夫ですし。良く分からない、です。

日本語正式版が出たせいか、Opera Mail の日本語ログインが安定して動くようになりました。これで文字化けせず日本語メールも使えます。お好みのアドレスを取りたい方は。御早めにどうぞ。しかし、たざわさんに作ってもらった Panel からだと気付かなかったのですが、上記リンク先のページは、charset=iso-2022-jp とHeader に書いてあるのに、本体は Shift_JIS ですから、自動では必ず文字化けします。なーんか、トホホ、ですねえ。

日本の代理店のページもようやくマトモになってきました。し、か、し、やってくれますね、トランウェアさん。operaに関する一般的な情報というページ右側の TIP ですが、、、。いくら General Information About Opera の丸写しだとしても、内容を確かめた方が良いのではありませんか?ジョークの二番煎じは、ダメなものです。

2002年6月2日(日)

再来週から始まる試験に備えて問題作成などをしている、シガナイ教師です。問題作成と採点、成績処理などにかかる時間以下しか試験勉強をしてこない生徒には、絶対赤点をつけてやると固く決心するこの時期です。ふざけんじゃあないぞヨ。

なぜ、わたくしが Opera を主に使うようになったか、について昔書いた文書を TOP ページにリンクさせておきました。冷静に判断すると 20 対 1(個人的感想)のセキュリティ・ホールもそうですが、Maneuverability (操作性)の差が一番かな、今は。ですから Simply the best ... といううたい文句が気に入っています。

上記英単語って、米国の自動車雑誌の評価項目に使われるので覚えたんですが、Opera を四輪車にたとえられる程わたくしは車に精通していません。バイクで言うなら、モンテッサ、BETA などの欧州製 Trial バイク、かな?いやあ、ホンダやヤマハに正面から挑む、イタリアの Aprilia 辺りの方がピッタリかも。ホンダやヤマハに比べてセッティングが微妙らしいし、、。ツボにはまると速いんだけどね。もちろん IE は世界のホンダだし、ヤマハにはアレが相当するって事で。これまた不適切なたとえですね。あんなのにホンダをたとえちゃ、かわいそう過ぎます。

野嵜さんの User Agentレポート、復活のようです。本体から初めて読んでみましたが、いろいろあったようで、、、。わたしゃあ、、試験問題作ります。

2002年6月3日(月)

試練の一週間が始まってしまった。3種類ある試験問題のうち、先週末に一つの原案を書き上げ、今日中にもう一つの原案を書かねば、、、。今週末の広島大学での学会にまでノートパソコンを持ってゆくという愚だけは避けたいものです。

Opera for Linux 6.02 Preview 1 ですが、コマンドラインから開けなくなっている模様。opera http://www.infoseek.co.jp/ と打ち込んでも起動しない。opera.linux にもこの件が出ていて news や mail のリンクをクリックしても開かないらしい。次の build 待ちとの事。そうそう、Java plugin もほとんど動きません。まあ、Linux で multimedia って関心ないから良いですが。

ネタ少ないので、United Linux記者発表。製品は年末以降って事で。

2002年6月4日(火)

MYCOM PC WEB の伝えるところによると、日立が米 IBM の HDD 事業買収へだそうで。どんどん安くなってゆきますからねえ。

さて、どうもわがサイトへのアクセス数が増えたと思ったら、ちょこっと便利がすごくスキだなんて、チョッと恥ずかしいタイトルですが、皆さん一杯ダウンロードしたんですネエ。まあ、ここに来ても有用な情報はあまりないから、再来場(?)は望めませんが、、、。質問のある方はエノモトさんの所にある日本語 FAQ でもじっくり読んで下さい、ハイ。

そんな事より、最新の Red Hat 7.3 に Opera for Linux が上手く入らないトラブルが生じている模様。Opera 社による対処法などはこちら。その他、 Red Hat 7.3 で上手く ATOK-X が使えない方も出ている模様。マイナー・アップグレードなのに、どうしたもんでしょうか。しかし、Turbo Linux 8 で同様の事態に陥らないとも限らないので、少し心配。わたくしは技術のない、ヘッポコですから、、、。Star Suite に対応させるために、製品版の 8 に入っている ATOK はこれまでのものにチユーニングが加えてあるそうですから、、、。わたくしとしては、買ってしまった Hancom Office 2.0 さえ動けばよいんですが。

追加;昨日書いた、Linux 版で Java applet がほとんど動かない件。opera.linux で社員の Eirik Byrkjeflot Anonsen さんが 87vg902yeg.fsf@trittico.intern.opera.no にて、興味深い事を書いています。Java applet 利用のために Netscape を残すとかいう事について。内部規定でコメントできないと、、、。そういう事です。

この写真の中に、わたくしのものだった Lotus Super Office 2000 も一枚混じっているハズ。6月7日までだそうです。

多分今晩最後の追加。なにやら Opera の動きのおかしい方。クリーンインストール、効果がある場合もあるとの事(イニシャルファイル辺りが壊れていて動作がオカシイ事があるそうですから < 無保証、拒批判 )。

2002年6月5日(水)

Opera の mail や Bookmark がある日突然、消える(ように見える)問題ですが。昨日追加で書いたように、(Windows 版の場合で言うと)Opera6.ini の破損が怪しいようです。目的のファイルがどこにあるかを本体に教えるのが、このイニシャルファイルの役割です。ここが強制終了した際などに、崩れてしまい、別の個所を指し示してしまうと、なくなったように見えるというのが合理的説明です。

この破損したイニシャルファイルの部分を、元の内容に書き戻してやれば、再び見えるようになる、ハズです。以上昨日と同じく、拒批判・質問、不負責任。当方では一度も起きたことがないものですから。

試験問題作成、2つはほぼ出来て、残り1つ。死にそうです。何せ、昨日の日本戦の最中にも二つの画面を見比べながら作っていたほどですから。本日より交信(いや間違い、更新)が途絶えても、わたくしが本当に死んだのではないので、ご心配なく。

2002年6月6日(木)

早朝午前2時過ぎまでかかって試験問題を作成していたが、わたくしが就寝した直後の日本時間午前2時50分に、release candidate for Opera 6.04 が出たようです。opera.beta に Haavard K. Moen さんが投稿してました(h3jsfucsovsvofv7vmc5n615bi7oip5tbb@4ax.com)。そんな時間に寝たためにわたくしは7時半になってようやく目が覚めて、大慌てでサイタマにある部屋を出て、45分後には港区に立っていました、、、。どうやったかって?ドラえもんの、どこでもドアでないことは確かです。地上最速の移動手段、かな。往復で5リットルほどの化石燃料を消費してしまいました。スマン、未来の人類よ。

寝不足で頭が痛いです、、、。試験問題は出来ました。こころおきなく広島へ行けます。お好み焼き、食べてこよっと。

Opera 6.04 RC について少々気付いた点。1107 からの上書きインストールでは、Hotlist やその他の設定が全部保持されてました。これは便利。念のため、履歴に残しておいたのですが、杞憂でした。1107 に不具合が目立ったせいで、6.04 RC というよりようやく 6.03 Final になったというのが正直な感想。1107 は緊急リリースでしたからね。

そんな訳で、明日以降の更新はオヤスミします。わたくしを探さないで下さい。行ってきます。また禁断症状が出たら、どこかの BBS にでも書き込みます。

Mozilla 1.0 出てますねエー。とりあえず、Windows 版だけ入れてみました。使わなそう、、、。Opera の3倍のサイズがありました、、、。

2002年6月7日(金)

RC 6.04 for Windows ですが、「/」で終る File を保存しても落ちなくなったし、何より待望の Bug Fix が、、、(涙)。Canon BJF Printer しかここでは確認が取れていませんが、印刷時に Footer が刷れてる、、、。当たり前の事ですが、これまで印刷のために IE を使っていただけに、やっぱりこれが 6.03 Final じゃん!

なるほど、Opera6.adr.bak が出来るようになってますねえ。Linux 版(当たり前ですが)に追いついた感じ。マルチユーザも OS からしてアッチは対応してますし、、。

そうそう、日本語版 6.03 を入れちゃった人は、6.04 入れないほうが良いです。serch.ini を自分で修正出来る人だけ、どうぞ。わたしゃあ、ノートに入れた日本語版は完全削除する予定。週明けにでも作業予定。

2002年6月9日(日)

という言う訳で、飛行機は落ちず、汗だくになって広島から帰ってきました。しかし、、、広島大学って、移転して山の中でした。広島空港も山の中ですが、両者は結構離れていて、つらい思いをしました、、、。

帰宅して、opera.beta をチェックすると、Opera 6.02 Preview 2 for Linux が出ていて、とりあえず shared rpm を入手だけ。インストールは明日以降、、、です。とにかく疲れています。部屋に戻ってきたのは、ロシア国歌が流れている最中でした。ぎりぎりで、試合開始に間に合った。

ページの更新をしないって宣言してあるのに、金曜朝から、日曜夜までのカウンタは100以上回っていた。ご期待に添えなくてスンマセン。

今週は、高校の試験なのですが、これから火曜日の試験問題の最終校正に手をつけねば、、、、。

一票を投じた当人としては、責任の一端を感じております(?)。あれ?と思って、先週末から気にはなっていたのですが、、、。わたしゃあ、傍観してたいです、ハイ。ま、そういう事です。(独り言です)

入れてみました、Linux 版 6.02 Preview 2 。Build 183。注意点が一つ。日本語を入れようとして、Ctrl SPACE をクリックすると、HOME に設定してあるページに戻ってしまいます。設定変更の詳細は Opera のページを。

2002年6月10日(月)

昨晩の第一報では、RPM 版のファイルを入手しただけと書いたが、続報の通りインストール。使ってみると、新しいショートカット・キーの割り当てが、日本語入力のオン・オフと重なってしまい、要修正。Opera のページに書いた通り、Alt + SPACE は Web 検索。Shift + SPACE はPage Up、Ctrl + SPACE は Go to Home という訳で、このいずれかで日本語入力を切り替えている場合は、修正しないと Form 欄に日本語で書き込めない。

ショートカットの一覧を作ろうかと思って書き出してみたが、余りの多さに断念。それ位ほとんど全ての操作にキーを割り当てる事ができるという事。その上、キーの内容は編集可能だからほとんどなんでもアリの世界だ。これを知ると、Windows 版でさえカスタマイズの自由度が少なく感じられる程。Cookie Editor と共に、「今のところ」 Linux 版の数少ない優位点、かな?

そんな事をしていたものだから、明日の試験は朝5時に起きて最終微調整。しかし明後日の問題は、今日中に仕上げて安眠します。

今書いてはいけない事。昨日の稲本は絶対オフサイドだ!新生児の男女比は大きく崩れている!てな事を書くとココがトンデモ本の仲間入り?

出てます。the third preview of 6.02 of Opera for Linux (2002.6.10.2334 JST)

2002年6月11日(火)

はたしてどれだけの方が Linux 版 Opera を使っているのか知らないが、最近面倒で MoonstoneBBS にもリリースのアナウンスを流していないなあ、、、。まあ、いいや。知りたい人は、opera.beta や opera.linux を読んでいるだろうし。ウチでは一応お知らせします。

昨晩は、試験問題も完成して、寝る前に news をチェックしてみると、Opera for Linux 6.02 Preview 3 が出ていた。場所は Pre2 などと同じディレクトリ。既に速報で書いた通り、ATOK-X で上手く日本語が確定できない。zoom の隣にある Google search や Yahoo などの入力欄は問題ないのだが、BBS などに書き込もうとして、日本語入力をオンにすると不具合が出る。すなわち、ローマ字入力して候補から選び、Return で漢字等を決定しようとすると、確定しないまま改行されてしまう、、、? 仕方ないので毎回 Ctrl + Space で ATOK を切って確定させた。これでは仕方ないので、Shortcut Editor から、それらしき個所をドンドン削除してみた(笑)。現状では、Shift + Return で確定できるようになっている。何なら Preview 2 に戻してしまいたい気分。

ま、そんな訳で、寝不足は解消されないまま。ただでさえ眠ーい試験監督ですが、史上最高の眠気(当社比)。ああ、そうそう。opera.beta に SueSims から cnb9gu4p2j1k76ct4t7ho0uo2va4d3h4fg@4ax.com というのがありました。どうしても読みたい方は、どうにかして読んで下さい、というのもなんですから、、、。An external beta tester for Opera を募集してます。条件は、日本語、ハングル語、タイ語のいずれかが母国語である人。詳細は SueSims にメールで問い合わせてくれとの事。

Smartphones-one browser fits all として、「 Street HTML 」( by Hakon Lie ) にも対応するとか。よって、i-mode も OK だそうです。

Mozilla Gestures ですか、、、。いつか誰かがやるとは思っていましたが、パ、ク、リ。割り当てもマンマですねえ。ソースは opera.general

いろいろいじってみたり、opera.beta で質問したりしてみましたが、解決せず。キーの割り当ては新規追加していない?そんな事はないですよ!Windows 版ではよくあった事、と自らを慰めて build 183 にダウングレード。それだけでは悔しいので、続きは opera.linux で追求する予定。

2002年6月12日(水)

世間で話題の Opera for Windows 6.04 build 1122 ですが、、、。大元の情報提供者が誰か分からないので、以下「推測」。internal beta をプロテクトせずに、例の場所に置いておいた。順番に数字を変えてみたらダウンロードできた。よって、不具合は当然ある〜Mozilla の nightly のようなもの。opera.beta にもアナウンスは現時点までなし。単なる推測です、、、、。まあ、このおかげと窓の手で、こんなん出ましたけどー (その昔の占い師風に)

Mozilla 1.1 alpha が出ているので、RC2 のままだった Linux に 1.0 Release を飛び越えて入れてみました。Gecko 20020610 。Navigation bar は復活してなかった、、、。それを期待していたんですが。しかしたまに使うと重いじら、、、。Windows には 1.0 を入れてあるし、Opera の完成度、高いですから入れる予定なし。

現在入手可能な「最古の Opera 」は、2.12 のようです(使ってます、エッヘン)。2 以前は Public Release されなかったようです。スクリーンショットその他の情報は、J.S.von Tetzchner 氏の投稿したページまで。電話会社に勤務していた頃のテッツナーさんの記録のようです。まあ、使ってみるには 2.12 で充分雰囲気はアジワエます。(情報源は社員の方のニュースへの投稿)

自分の分の試験は終了。明日は自宅で採点です。しかし、概算してみました。問題数かける生徒数、イコール約2万、、、絶句。それだけマルやバツを付けると想像しただけで、気絶しそうです。ちょっとしたプログラムって、それくらいの行数、あるんでしょう?そうそう、採点ってサービス残業みたいなもんです。違うかな。

Linux build 185 の multiline での日本語入力問題。opera.linux で Espen Sand さんから回答あり。3D06F3B7.E0033BA0@opera.com ですが、修正したので、次の公開される build を待ってくれとの事。好感触(一応、昔の「電波少年」風に)。

2002年6月13日(木)

当サイトがいろいろとお世話になっております、KT Staff たざわさんがしばらくお休みするそうで、たいへん残念です。お会いしたことはありませんが、同じソフトウェアの愛好者としてとても参考になるサイトだっただけに、再開される事を、のーんびりと、待ってます。

Sue Sims は先月 Georgia へ帰っていたらしい、、、。解雇された訳ではないので誤解しないでくれとの事。

Opera でオンライン・バンキングが上手く出来なくて、抗議のメールを銀行へ送ったら、その写しを onlinebank@opera.com へ送って欲しいとの事。Guru が情報収集しているそうだ。

Mozilla の DOM Inspector、使ってみましたが、だからどうしたとしか思えないわたくしは、しょせん素人?ええ、その通り、そうですよ。

使ってみるもんですネエ。IBM ホームページビルダー認定試験ですって。ユーザーはどうぞ。

Opera に入れている Java ですが、最新版が出ているらしいので、入れ替えてみました。日本語の入手先はこちらです。http://java.sun.com/j2se/1.4/ja/download.html ここから Windows (各国語、英語を含む) の JRE ダウンロードを選びます。10MB 以上あるのでウチでは30分以上かかりました。念のため以前から入っている 1.4.0 は一旦アンイストールしてから入れてみました。正式バージョン名は、Java2 Runtime Environment.SE v 1.4.0_01 です。

2002年6月14日(金)

4年前には冗談で言っていたのですが、日本もアルゼンチン並みの経済状態になれば、サッカー強くなるかも。どっちも本当になってしまいました。喜んでよいのか、悲しむべきなのか。わたくしはサッカーの面白さが今一つ分からないので、news を読みながらテレビを横目で見てました。

そうした怪我の功名か、Release Candidate for 6.04 Opera for Windows build 1125/6 のアナウンスを見つけられました。特に 1126 はそのままでは動かないので、詳しくは Opera のページに。

そこにもつい書いてしまったのですが、ニューバージョン探しごっこは止めましょうよ。アナウンスが出てからでないと、何をテストしたら良いか、分からないでしょう?

Change log もあるので一応。Opera for Linux 6.02 Preview 4 Fixed a problem regarding input methods in the multiline edit widget. というのが待望。10 key 関係も修正した模様。確認はこれから。

2002年6月15日(土)

ブルケルト教授の講演会は、採点がたまっているので行かず、、、。採点しながら BeOS 用 Mozilla 1.0 Release (18MB もある)をダウンロードし、入れてみる。そういえばこのところ Be 使っていなかったなあ。起動と終了は速いんだけど。何せ Boot Loader から選んで 15 秒以内で作業が始められる。vfat も ext2 も読めるんだけど(以下省略)。

昨日のサッカー、昼間だったけれど視聴率歴代記録でどの辺まで行くのでしょうか。あの時自分は何をしていたか、という基準になるかも知れないゲームだったのでしょうか。次は勝ったりしないでしょうから、、、。そう、猪木とアリの試合は秋葉原の街頭でチラッとだけ目にしましたっけ。

Opera の Bookmark である opera6.adr にあるタイムスタンプを解読するサービスページはこちら。UNIX では 1970 年から秒単位で数えているんですね。勉強になりました。

wml.css を削除して build 1126 を起動する件で知った WML ですが、Wireless Markup Language の略のようですね。携帯電話向けなのでしょうか?ファイルごと削除してしまってから少し心配になって、検索してみました。

2002年6月16日(日)

採点もほぼ終了、後は表計算ソフトに数値を入れるだけ。昨日出かけずに頑張った成果。成績の中身については心配していた通り、どう考えてもわたくしがかけた時間以下しか準備せずに受けたとしか思えない、ナメキッタ者がかなり見られる。わたくしは物分りが良くありませんから、きっちり責任を取ってもらいます(オー、怖)。

だから、関連ページで書いた通り、自分で設定変更できない人は、正式版を使いましょうね。Linux 版でも事情は同じなようです。しかし opera.linux を読んでいると、わたくしなんかでも安心してしまうような事を聞いてくる人が結構多い。日本では Linux というと何やら中級者以上向けのような位置付けなのだろうが、少なくともアルファベット言語圏では、敷居が低いのでしょう。あ、ちなみにわたくしは中級者以上では決してありません。何も出来ない初心者です。

Windows 版の build 1126 ですが、wml.css の不具合を解消したのが、6.04 Final にでもなるのでしょうか?いっぺんに二つの build が出た後に正式版、という経験則、覚えていますか?まあ、今回は日本発で leak しちゃったための発表だったのかも知れませんが。いずれにせよ週明けになって発表があれば、それが Final でしょう。なければわたくしの予想が外れたことになります、、、。

Linux 版の方はもうしばらく Preview が続くのかなあ?某BBS を見ていると、キーバインドに不満を漏らしている人がいますが、そういう人はこのまま Final になっちゃうと困るんでしょうねエ。わたくしが気に入らない点は Espen Sand さんに言って直してもらったから、あのままでも良いのですがねえ。まさか、日本の代理店の人があそこをチェックして本社にリポートを送っているとは思えませんし。Moonstones's BBS だってチェックしているんだかどうだか。

しかし日本語版のおかげで Operamail の日本語入り口が安定して使えるようになったのは、喜ばしい事です。しかし正面玄関の言語選択が隠されているのは、各国語版が出揃うのを待っているのでしょうか?Moonstones's BBS にも投稿した通り、日本語入り口ページは文字化けします。ログインパネルについては作者の許可待ち、、、。

2002年6月17日(月)

以前のバージョンで鬼門であった ASCII 24 だが、build 1120 あるいはその少し前から、問題は解消していた。ところが build 1126 にしてから、以前の build で見られたように、描画に失敗するようになった。インストール直後から気付いていたのだが、build 1120 以降で「何か」を変えたのだろう。

以前に書いた話を繰り返す事になるが、Cash の無い状態で読み込ませると、ソースの HTML の一部が文字として表示されてしまうという現象。6.01 beta の頃は、二、三度の再読み込みを経てようやく表示できたのだが、1126 では一度だけ再読み込みすれば意図通りに表示される。多分これが Norton Internet Security (Firewall) による唯一の問題かも知れない。上記ページではノートンの広告カット機能を働かせて、ASCII 24 メール無料登録受付中以下の右側 table 内が非表示にされていてる。どうやらその事によって、table の描画に失敗しソースが剥き出しになってしまう模様、という推測をしている。このページ自体が汚い HTML だし table の連発ではあるが、Street HTML も描けなければ、実用上困ることが出てくる、、、。

まあ、ここのおかげで、Network cash の微調整が有効な事も教えてもらったし(誤解ないように解説すると、このサイトの記事によってではなく、Reload の回数を減らそうといろいろ試す事を通じてである)、別にどうでも良いページなのですが。とはいえたまには珍しい記事があったりするので、チェックしていて損はないから困ってしまう。

広告カット機能を外せば毎回一度で描画できるので、原因ははっきりしている。嫌な言葉だが「相性」なのでしょう。

その他に気付いた点。Encode が automatic で「外れ」ませんか?Japanese automatic にせよ、普通の automatic にせよ、ハズス事が 1126 になってから何故か増えた、、、。これまた原因不明、というより、単なる気のせい?そんな訳で、予想通りにこれが Final になられては困るのです、、、。

Opera and Macromedia Join Forces to Improve User Experience on Devices という訳ですが、組み込み系の Linux や QNX でのお話。

2002年6月18日(火)

Moonston's BBS に報告されていた、Windows 版での印刷 Preview に関するバグを確認しようと、Linux Preview 4 を使ってみた。すると、落ちはしないが、印刷 Preview に入るボタンをクリックした後で、元の画面に戻ろうとして、同じボタンをクリックしても戻れない。CSS 切り替えボタンで一旦 User-mode にしてやって再び Author-mode にすると戻れる。一応、opera.linux には投稿しておいた。

Windows 版での上記の問題は、作者のエノモトさんに一度確認してもらってから、元投稿者がバグリポートでも出してくれないかなあ、、、(と、こんな所で独り言)。ええ、日記って独り言を言う場所ですから、ハイ。

当該ページは、XHTML1.1 で書かれていたなあと思って、自分の環境でも試してみたが問題なし。table の中に入れてみても、無事印刷 Preview できる、、、。CSS の Position fix がいけないのかなあ?詳しくは作者に任せますが。で、今回分かった事。table のページで Preview すると、本体だけの Preview と Navigation を含めた Preview とが出来て切り替えられるという事。Linux 版では切り替えた後、そこでループしてしまって抜け出せなくなるのかなあ?

結果報告。早速 Espen Sand さんから 3D0F1505.F7B94A2D@opera.com で、I can reproduce the problem. Will try to fix this one. You can press 'p' to leave the print preview mode. という答えを得た。Preview 5 か Final に期待。

2002年6月19日(水)

Windows 版 build 1129 が出ています。チェンジログは b1b0hu0i2f8s2k2odik51le7fj5jhu3k0s@4ax.com です。

「例によって」日本時間の0302 に 1129 のチェンジログはどこだ、という投稿が opera.beta にあり、本日午後4時になって Sue Sims から Change Log が添えられた投稿がありました。続いて、h6c0hu04g3jnvjmkgvpu027mpi4fffepub@4ax.com で彼女から、以下のような(抜粋)記事が投げられておりました。

I know you guys want the latest, greatest build of Opera, but, if you don't STOP this poking around in likely directories, looking for it, I'm going to strongly recommend that the program be stopped. This is not the way to help Opera, nor your fellow users.

一応、拙訳を添えておきます。「あなた方が、最も新しくて、最もすばらしい Opera を欲しがっているのは分かっています。だけど、それを手に入れようと、似たようなディレクトリを捜し回るのを止めないんだったら、そうしたプログラムを停止するよう(訳注; まさか手動で探している程、日本人が暇だとまでは思っていないらしい)強く警告しておきます。そうした行為は、Opera やあなた方のユーザー仲間を手助けすることにもなりませんから」

0302 JST の投稿者が日本人かどうかは分かりませんが、以前ここで書いた通り、beta 版の意味を履き違えている愚行である事に早く気付いて欲しいものです。上記訳注についてですが、誰かが自動探索プログラムを走らせている可能性は十分ありそうですねえ。しかしサーバーから、アクセス拒否にでもあわない様お気をつけ下さい、としか言い様がありませんけど、、、。あるいは、上記プログラムとは、beta 版を公開するというプログラムの事を指しているのかも知れません。こっちの方が意味が通るかな?

で、試してみました、Release Candidate build 1129。Windows の Control Panel 内、「アプリケーションの追加と削除」に「 Opera 」とだけ表示されるようになりました、、、。一応 opera.beta で問い合わせ中。

ASCII 24 での読み込み不全は 1126 と変わらず。どうやら、メニューの「角」に位置する、扇型の小さな画像の読み込み辺りで引っかかってしまう様子。1120 ではクリアーしていたのになあー。画像のキャッシュ保持日数を長くする事で、当面回避できるかも。

Linux magazine ムックのページには上がっていないものの、Linux magazine for beginners vol.2 が発売されています。vol.1 は愛読していましたが、今回の新版は Vine Linux 2.5 と Vine Plus の CD-ROM が付属して 980 円です。内容も結構書き換えられていて、お勧めの一冊かなあ。

Opera for Linux 6.02 Preview 5 出てます。Fixed a problem that caused print preview cycling of a framed document not to finish with a normal mode display. This would lock us into a print preview mode. が Change Log に入ってます。チョッと嬉しい。

2002年6月20日(木)

一応、http://people.opera.com/windows/snapshot/o604_1130.exe 出てます(午後3時26分)。Change Log は一行。Minor change to installer ですが、アプリケーションの追加と削除には、Opera とだけ出ます、、。しかも、昨日入れた分と併せて二つの Opera 。むー、、、。

昨日の拙訳については、後者の選択肢の方が筋が通る。要するに、あちこち探し回るんだったら External beta 公開を止めるよう Opera 社に進言しますよ、と思われる。そのスレッドを読み進むと、それなら正式アナウンスまで誰でも見られる場所に置くな、との意見も。Sue Sims も同意していたからそのようになるのでしょう。以上、この件は打ち止め。

昨晩はもう寝ようかと思った時間に、Opera for Linux Preview 5 公開のアナウンス。入手してインストール。注文をつけておいた、table ページでの印刷プレビューに関する不具合が直っていた。感謝、感謝。今朝起きて出掛けに opera.linux をチェックすると、PPC 版の Preview 1 が出ていた。内容は Intel 版 Preview 5 と同じとの事。少し前に要望が出ていたのを反映させたらしい。こうした反応を見ていると、news で(わたくしのようなブロークンな英語でも)発言した方が、日本語の掲示板で愚痴っているより、はるかに建設的である事が分かる。まあ、Linux 版に関しては、news より、Mailing List の方が効果的だとは思いますが、、、。それらへのリンクはこのサイトの関連ページで探して下さい。(ええ、わたしゃあ、それほど親切ではありません)

追記。et73hu0nfrkg5d9lcbpcmdoaq48uvm2gga@4ax.com で Sue Sims から Latest build removed とのアナウンスあり。混雑しすぎたからとか、、、Georgia 式の lesson か(笑)?(もちろん「誰に」向けた仕返しというか、lesson であるのか、よーく、考えましょう)確かに、わたくしが 3MB 程をダウンロードするに30分以上かかっていた、、、。それに内容はほとんど変わらなかったし。

P & A というところから、Symbol Commander 日本語版というアプリケーション・ソフトが発売されている。詳細はリンク先をご覧下さい。Windows Me での動作に問題があるようだが、何でもマウス派の人には良いのでしょうか?

2002年6月21日(金)

Opera の Beta Release からみの情報を別ページに分離独立。

ええ、Linux 版には Shortcut Editor と Cookie Editor という Windows 版にはない便利な機能が付いてます。ハードディスクに 2GB 程の余裕があれば、パーティションを切って Linux 入れてみませんか?先日ここにも書いた、Linux magazine for beginners vol.2 には、Vine 2.5 だけではなく、KDE の入った Vine Plus の CD も付いてたったの 980円、お勧めです。KDE を入れれば Opera は qt-shared というサイズの小さい方が使えるハズです。

2002年6月22日(土)

Vine Linux 2.5 をノートパソコンに入れてみた。その様子は Linux 日記の方で。結果だけ言うと、KDE が上手く入れられなかったことろで中断。しかし WindowMaker どころか Gnome までもが軽く感じられる。XFree86 が最新なので描画がスムーズになったからだろうか?

インストール時に最新XFree86-4 2.0 が対応しているグラフィックカードをチョイと確認。nVIDIA では GeForce 2MX, 3 まで。Matrox Millennium は G200, 400, 450, 550 まで。別に買える訳ではないけど、少し前のボードの方が問題がない、と言うのは今でも生きているようだ。

Norton Internet Security との組み合わせで、わたくしの環境で描画に問題があった、ASCII 24 ですが、一応の解消法。Preferences から History and cache で Check modified の Image を 3days 位にしておけば、ほぼ毎日見に行くわたくしにとっては OK となった。ここに限らず、TOP ページに(わたくしにとっての)巨大な画像を置いてあるページって、ブロードバンドの普及と共に、増えこそすれ減りはしないようです。自宅が ADSL でも出先では 10kb/s に満たない携帯電話を使っている人って、少なくないと思うんですけどネエ。

2002年6月23日(日)

Vine 2.5 に KDE を入れるという件。追加で書いた通り、rpm から一つずつ入れて一応使えるようにしたが、依存関係が解消しないものがあるようで、Window を Resize しようとすると一切の操作を受け付けなくなる。そうなるとコマンドも受け付けないので、電断しかない、、、。もっとも、KDE3.0 で qt も3しか入れてないのでこのままでは qt-shared の Opera は動かないハズ。static 版では AA (ASCII Art の事ではありません、Antialias)が効かないそうなので、どこかから qt-2 を拾ってこなければならない。

Vine 2.5 に KDE を個別に入れて、依存を完璧に解消できている人って、いるのかなあ?そうした問題を避けるための apt なのでしょうが、それ自体にも不具合があるのも家だけではないらしいし、、、。

そうこうしている内に TL8WS の CD が手に入るでしょうから良いのですけれど。ターボは相変わらずリリース早々に不具合が報告されているようですが、Vine で味わえる軽快な KDE3 を使わない手はない。Windows xp ばりにメニューを半透明にしてみたり、アニメーション動作をさせても、2.2 より軽々と動く。最初から KDE がパックされているディストリビューションなら、qt-2 も同梱されているそうだから、期待は高まります。

2002年6月24日(月)

KDE 3 は一応使えるようになりました。詳細は Linux 日記を。しかし Opera の動作に必要な qt-2 がないので、Gnome でも良いかなあ等と思い始めている今日この頃です。まあ、しかし、雑誌の付録でここまで遊ばせてもらって良いのだろうかと、つくずくオープン・ソサイエティーに感謝しております。

しかし ATOK-X は XFree 86 42 に対応していないらしい、等という良からぬ記述を見つけてしまった。ジャストシステムさん、修正ファイルの無料配布、してくれるんでしょうか?ターボ 8 でも入れて確認したら、御相談申し上げようかと思っています(笑)。

単なる感想なのですが。Opera build 1133 というか、少し前の leak 騒動以降の build って、何やらリソース食いのような気がします。いや、単なる感想ですが。

2002年6月25日(火)

Opera を使ってこの日記を見ている方は、F11 を押してゆったりとご覧下さい。当日分と今月分の両方で適用してみました。せっかくの Opera サイト(いつから?笑)ですから。これが Opera Show です。F11 は単なるFullScreen ではない事を訴えたかっただけです、ハイ。

Vine 入りノートPC 未だ音出ません。最新のサウンドコンフィグに入れ替えたんですけど、、、。

news の opera.general でもワールドカップネタが、、。韓国人投稿者への皮肉が辛辣、デス。いわく、ドイツチームはラインズマンを誘拐して、イタリアの Trapatoni とスペインの Camacho (共に両代表チームの監督、ですか)にスリカエル計画があるとか(笑)。

2002年6月26日(水)

Linux 日記を今日も更新。ついでに放っておいたノートパソコンの Windows Me に入っている FreeAmp が更新されていないかチェックしてみると、FreeAmp will soon be going away! とあるではないか。リンクされている Zinf Audio Player の最新版を Download して入れる。FreeAmp にしても Zinf にしても標準で MP3 や Ogg/Vorbis を再生できるのが利点かと思っていた。しかし最新の WinAmp も OggVorbis に対応しているので、一つ前のバージョンのように Plug-In を必要としていないから、Skin が乏しい分だけ Windows では立場が微妙なのだろう。

Linux では XMMS であるが、これは WinAmp クローンだし、まあ、好みで選べるのは良い事だ。X MultiMedia System の略である事を今日知りました。一年程前の WinAmp は再生しながら他の仕事をしていると固まって、データが失われたりしてとても常用する気にならなかったが、このところのバージョンは安定している。上記リンク先を見ると、バージョン 3 Release Candidate もあるが、そんな訳で試すほどの度胸はない。

Linux Opera のページ。サイズが大きくなったので、Operamail の設定と News の設定をそれぞれ別ページへ暖簾分け。

2002年6月27日(木)

JavaRuntimeEnvironment の新バージョン(beta版)が出ているというので、Linux版を入手してみた。20MB以上あるので ISDN では一時間超コース。rpm 版だったのでインストールはコンソールからコマンドを打ち込むだけ。ファイル名は j2re-1_4_1-beta-linux-i586-rpm.bin でした。

もう Linux ネタは一々書きませんが、音、出るようになりました。しかし、Vine2.5 って手がかかります。これが本来のカタチ?本当にイロイロ遊ばせてくれます。

最新版ベータの欲しい方は、今晩か明日辺りは夜更しして待っていた方が良いかも。根拠なしの動物的カンですが。わたくしはいつも通り、ニュースステーションが始まる頃には寝ます、、、。

2002年6月28日(金)

「2002 年 6 月 26 日 Windows Media Player 用の累積的な修正プログラム (Q320920) (MS02-032) 」出てます。この問題の情報はここです。情報源はニュースの microsoft.public.jp.msinformation です(一応、購読しています)。ちなみにわたくしは、音楽再生ソフトにプライバシー法違反の疑い?という記事を読む前から、Windows Media Player は使っていません。

Jon von Tetzchner CEO へのインタビューのリンクを、Opera のページへ追加。そのうち日本語訳が ZDNet に載るでしょうか?

Lycos Japan の左側の table 内の文字が、Opera では小さくならない件で調べたら、ul なしでいきなり li が始まり、おまけに複数の li を small で囲むというとんでもない Street HTML だった。しかしこれでも IE や Netscape はフォントサイズを小さく表示してしまう。Opera では右側の本体部分と同じフォントサイズになる。あんまりなので、直した方が良いですよとライコス・ジャパンへメールした。そのメールの内容は次の通り。

TOPページの左側の table 「トピックス」「PR」ですが LI を SMALL で囲ってありますが、正しいHTMLでないためわたくしの使っている Opera ではフォントサイズが小さく表示されません。IE や NN でしか表示確認していないためでしょうが、HTMLそのものの、初歩的誤りですので、修正されるようお勧めいたします。また LI を UL もしくは OL で囲っているのでしょうか?それらが見当たらないのですが、、、。善処をお願いいたします。

これに対する返信は次の通り。

Lycos Japanカスタマーサポートです。お問い合せの件ですが、表示につき、問題はありませんでした。今後も、お客様が快適にサービスをご利用いただけるような運営を心掛けてまいります。これからもLycos Japanをよろしくお願いいたします。

お願いされても、使う気は失せました、、、。どうぞ、一部のお客さんだけを相手に商売して下さいな。あ、そこの IE/Netscape 愛用者の方。お客が減った分の損失は、何らかの方法であなた方に上乗せされる事をお忘れなく。

Opera の新バージョンが出てこないので、1.0 になっていた筈の AbiWord をチェックすると、1.0.2 が公開されていた。入れてみるが、日本語のインライン入力には対応しておらず、MS IME との組み合わせでは日本語を ON にしたままで全角の英字記号が入らない。更に最重大なのは、以前のバージョン同様、設定画面の日本語が文字化けして読み取れない。起動時の SplashScreen には一瞬だが Preview Release 0.7 と出る。これはご愛嬌としても、残念ながら常用は出来ない。

2002年6月29日(土)

例のブツですが週明けにも正式アナウンス等があるのでしょう。以前にも Sue Sims が、報道関係への告知やらの作業が完了してから news で報告すると言っていましたから。しかし依然として、そうした作業が終わってからサーバーにファイルを置くなり、それまでは認証を必要とするディレクトリに置くとかすれば良いのに、と思ってしまいます。中身は RC build 1133 と同じですが、例によって Splash Screen から beta の文字が消えるので 1135 にしときました。6.03 日本語版を使っている方は、Moonstone さんの所に書いてある方法でアップグレードした方が良いかも。

今回も、一部のプロバイダ経由だとノルウェーにアクセスできないらしい。というか、普段は Opera 社のサイトを見ないのが不思議。トレースルートしてみたら、家からオスロまで11ステップで繋がり、片道 170ms 程かかるようです。news は京大経由みたいですが、http は大手町から直接ノルウェーに行くらしい。

昨日は乗換駅の秋葉原で、e-Mac を見かけました。奥行きは i-Mac と同じ位なのでしょうか、ともかく17インチのディスプレーであの値段というのは一見魅力的です(我が家は 15inch CRT です)。しかしアップル製品の周辺機器って、市場規模が違うからか何やら割高ですね。わたくしの印象では依然としてマックユーザー=お金持ち、です。

2002年6月30日(日)

北欧とは違って働き者のいる所ではアナウンスがあった。Betanewsにあるのでもう書きます。Opera for Windows 6.04 Final 出ました。Build 1135 内容は beta build 1133 と同じです。

Opera Beta News のページ TOP に、Opera の最新版がミラーされている FTP へのリンク表を追加。個人的覚え書きの類いだが、一応 DTI からの確認をしたもの。これだけあればどこかは繋がるでしょう。国内のミラーにも週明けには届くでしょうし。

高校では教育実習が終わり、去年までだと今週から期末試験だが、週休二日で減った授業時間数の確保という事で実施された二期制なため、試験は夏休み明け。しかし、7月に入って三週間も授業がある。自然に従って生きましょうと、昔の賢人も言ってるんだけど。梅雨が明けたら休みとか、そんな訳ないか、、、。

Opera のいろいろな build を次から次へと上書きしていると、アンインストール・フォルダ(UnInst)内の Backup というフォルダが膨れ上がるものです。数十メガあったので思い切って削除。今使っているプログラム自体のバックアップは取ってあるし、何と言ってもいさぎよい気分。

今月一ヶ月の集計。カウンタの上昇数、1549。一日平均51カウント。創業以来の繁盛です。先日はコンピュータ関係以外でも感想メールを二通頂きました。画期的な事です、掲示板を設置していないサイトとしては、望外のアクセスと感謝しております。わたくしは掲示板があると、つい書き込みたくなってしまい、書き込むと、返事が付いていないか日に幾度も確認してしまうものですから。ああ、掲示板は設置予定ありません。それぞれの分野で優れた BBS が他に一杯ありますし、わたくしに管理能力ないですから。

このページの冒頭

www.saiton.net/nissi/kakonissi25.htm  

©SAITO Toshiyuki