パソコン日誌

2000年8月分

このページの末尾へ

2000年8月1日(火)

本当に暑い日が続く。オーストラリアに住む友人にデジカメで写真を撮って、メールする。取り込みソフトから直にメールソフトが起動して、jpeg形式になって添付される仕組みである事を発見。

セルフタイマーもファンクション・ボタンを何度か押さねばならないが、とにかく使えた。三脚なんて、何年振りかで押入れから引っ張り出したが、錆びてはいなかった。

2000年8月2日(水)

雑誌の付録のCD-ROMに入っていた、プリンタードライバーをインストールした。キャノンのプリンターを使っているのだが、入れたのはVersion.6.41というものだ。今まで何かの時に、接続されているプリンターと、ドライバー・ソフトが合っていません、という警告が出る不具合があった。キャノン販売に問い合わせたら、とにかく最新ドライバーに更新してみてくれというごもっともなアドバイス。サイトからダウンロードも出来るのだが、何せ電話代がバカにならない。今回たまたま雑誌にあったのを見つけたのでようやく試してみた。結果は後程分かり次第、報告したい。

   今日発見したのだが、今使っているFumy Web DiaryVersion 3.01になってから、本文末尾に水平線を挿入するチェックボックスが出来ていた。旧版にもあったのだろうか?設定で<hr size=1>を入れてあったので、気付かなかった。作者に感服。

2000年8月3日(木)

ニュース・グループ(fj.os.ms-windows.win98)で、リムーバブル・ハードディスクについて質問をしたら、なかなか良い感触。MOなら大学にもあるが、データのやり取りよりも、バックアップ(信頼性には確かに欠けるが、速さは魅力)と、コスト・パフォーマンスには、これに勝るものはないのでしょう。真剣に考慮しようか。

web上で検索したら、海老名市のオウルテックというメーカーが見つかった。何種類かあるが、プラスチック製<プラスティックフレーム・アルミケース<オールアルミ製の順で信頼性が上がるようだ。冷却ファンなしの空冷<背面ファン<前面ファン(すなわちリムーバブル・ケースごとに付く)の順になっている。値段は順に4.6k、6k、7.5k、(k=1000円)だ。

ここの製品はT-ZONEの通販でも扱っているようだ。

更に同じ方から、バックアップについてドラッグ&ドロップだけでWindowsをまるごとコピーする方法を、お教えいただいた。
コントロールパネル<パフォーマンス<仮想メモリ、から「自分で設定する」<「仮想メモリを使わない」を選択し、OK。メッセージダイアログが出ますが強引にOKして再起動。

    こうした上でなら、エクスプローラー上でコピーが出来るようです。ただし、メモリーを96MB以上積んでいないとまずいようだが、

メモリ容量が不十分な場合は、DドライブがあればDドライブを仮想メモリの場所に設定しなおせばいいようです。(注;ただしこちらは、やった事ありません。)

との事です。もちろん作業終了後は、元の設定に戻す。教えてくださった竹内さんに感謝。

2000年8月4日(金)

昨日の分に紹介した竹内さんから、無線のページに難しい用語が多いとご指摘を受け、そうだなあと初めて気付き、注を付けた。そもそもは、インターネットをやっている人って、無線に関心がある人も多いかと思って作ったページだが、少しでも間口が広げられたらと思った。

自分自身、無線はこの所さっぱりだが、無線連盟も会員減少に非常に危機感を募らせているらしい。昔は、電気工作に関心を持った青少年がアマチュア無線を始めるのは、よくあることだったらしいが、今は、パソコンに行ってしまうようだ。親も将来役立ちそうだと思い、喜んでパソコンなら買ってくれるみたいだ。

2000年8月5日(土)

今までも不満に思ってきたのだが、各行の間隔が詰まりすぎている。色々調べた結果、<body bgcolor・・・(の後に半角スペースを入れて)style="line-height : ・・・%;">とすれば良い事が判った。既に、以前からご覧になっている人は、ちょっとばかり行間が空いたのを感じたでしょうか。他のページも同様の処置を施した。現在は170%にしている。パーセントの他にも、ポイントやセンチ、ミリ、インチなどで指定できるようだ。

2000年8月6日(日)

microsoft.public.jp.wordというニュース・グループにワード2000でのサイト制作についての質問があったのをきっかけに、実験してみました。

   あ
   い
   う
   え
   お
(注、1文字ずつ改行)という文章(?)のサイズを比較してみました。
1.ワード2000の.docファイル    19.0 KB
2.HTMLで保存した.htmファイル   4.36 KB
3.HTMLFilterで縮小したファイル   1.16 KB
4.メモ帳でHTMLを書いたファイル   172 B
5.某社ホームページ作成ソフトで作ったファイル 262 B

(ただし、なんとcharset=Shift_JISが入っていない)某社というのはIBMで、ホームページビルダー2001です。自分が踏んだ轍を繰り返して欲しくなかったので、記事を投稿しました。(細かい数字に修正がありました)
4.で書いたのは以下の通りです。最小限を心がけて書きました。

昨日の深夜、改行設定の変更後、リンク先の下線を非表示にするタグを、主なページに入れた。 HEAD で囲まれたドキュメント情報の中に次の1行を書き加えれば良い。

<style type="text/css"><!--A{text-decoration: none;}--></style>

(実際にはすべて半角英数字、上記見本も同じ)

見栄えは確かに良くなるが、下線に慣れている人にはどこがリンクか解かりづらいかもしれない。また、改行設定も、ページの混み具合によって、170%から150%位に変えてやるほうが良い事も解かり、小修正。

2000年8月7日(月)

遅れていた無線関係の写真を撮り、アップロードした。10枚で200KB程のサイズになったので、限度だろうか。実際に表示されるところを見ると、上からテキストが先に表示されるので、解説のテキストを読んでもらっているうちに写真が順に現われ、それ程重い感じはしないであろう。
    最近普及しだした高速回線ならどんなものでも関係ないのだろうが、アナログ回線の私の所では、重くて重くて、いやになってしまうページがしばしばある。特に凝った造りのの企業のページに多い。とにかく一番初めのページだけでも、高速表示にすべきだろう。待ってられないので、リンクボタンが見えた所で、先へ行ってしまうので、後からキャッシュに残っていない事も良くある。初めのページは軽く、その先もやたらむやみにリンクせず、縦長が一番と考えるのだが、いかがなものか?
    web日記についても考え方が2通りあるようだ。日記なんて関係者しか読まないという考え方と、個人のページで一番読まれているのは日記だという、相反した見方だ。どっちにしても、何らかの意味のあることを書いていれば、読んでくれている人もいるのだろう、と思うべきか。
   この日記は?基本的にパソコンに関係のあることを主体にした、個人的忘備録みたいなもんです。

2000年8月8日(火)

聖書のテキストをダウンロードした。Zipで圧縮してあったのだが、総合計で2MB以上あったので随分時間がかかった。UniCodeで書いてあるとのことだったが、フォントがないせいか、上手く表示できなかった。手持ちの各種ギリシア語フォントで試したが、□□が随所に入ってしまう。フリーだったが、有料のギリシア語ユーティリティー($50)と共に使わないとダメなのかも。ちなみに、ダウンロード先はusers.dirconです。旧約のセプテュアギンタと新約のコイネーが共にある。

昨日の晩、ラインマーカー風強調を覚え、幾つか試した。リンクの上にマウスをもってくると色が変わるのもやってみた。

2000年8月9日(水)

昨日からjapan.radio.bclというニュース・グループを購読し始めた。早速幾つか投稿したが、あまり活発なNGではないようだ。時々あちらこちらで話題になるが、ソニーがスカイセンサーという短波受信機を発売し、青少年の間にBCL(BroadCasting Listeners)が流行したのは、1970年代前半の事だった。ベリカード(確かにウチの放送を受信したという証=verificationのカード)をみんな競って集めたものだ。
    パソコンを始めて驚いたのが、インターネット・エクスプローラー5.0以降には、ラジオという機能が付いていて、オンラインのストリーミングで、簡単に放送が聴けるという事だった。メルボルンにいる友人への親近感から、オーストラリアのFM局を聴いたり、正月にはBBC経由でキリバスからの世界一早いミレニアムの声を聴いたり出来た。当然の事だが、フェージングのない海外放送というのは、やっぱり違和感がある。そういえば、タモリが出始めの頃、北京放送のモノマネを得意にしていたが、彼もアマチュア無線の経験者だから当然である。そういえば思い出したが、ひょっこりひょうたん島のドン・ガバチョ役で有名になった、今は亡き藤村有弘さんは、なかなかアクティブだった。何度か流暢な英語で交信しているのを聴いた事があるが、大抵ひどく酔っ払っていたようだ。彼の石廊崎の別荘を岬の周回道路から仰ぎ見た事があるが、崖の上から太平洋を見下ろす素晴らしいロケーションだった。今はどうなっているのだろう。

2000年8月10日(木)

パソコンとは直接関係はないが、イギリスの皇太后が8月4日に100歳の誕生日を迎えた事は、ニュースで知っていたが、PAST TIMESの秋号のカタログが今日来て、いくつかの事が分かった。この号は皇太后の100歳記念号だ。彼女の名前は、Lady Elizabeth Angela Marguerite Bowes-Lyonで、通称がHer Majesty Queen Elizabeth,The Queen Motherだそうだ。The Queen Motherと呼ぶのは知っていたが、正式にはこんなに長いお名前だったのですね。

   今回のいろいろな製品の中でやや理科的なものといえば、ゲルマニュームラジオピンホールカメラのキットだろうか。共に£17.99、二つ一緒だと割引で£34.50だ。 共に24ページの解説書が付くという。楽しそう。

2000年8月11日(金)

東芝のLibretto ff1100Vが投売りされているようだ。10万円を切る値段であちこちで見られる。手元のカタログを改めて見たが、ウー、難しい所だ。最近、もしくは近い将来に、15万クラスでつかえるノート・パソコンが出てきそうな気がする。あくまで予感だが。

2000年8月12日(土)

アマチュア無線に関する自己紹介のページを作った。まだ未完だが、出来たとこだけアップロードした。

2000年8月13日(日)

世間はお盆休みだが、こちらは毎日が日曜日。道が混んでいるのでかえってこの時期は、家に閉じこもりがちに成る。先日買ってきた『カメラと戦争』朝日文庫を読む。流行のライカ本よりは面白い。

2000年8月14日(月)

既にご覧になった通り、このページの冒頭に背景色を変えるJava Scriptを添えた。この中では基本設定の他では、Moccasin系の薄い茶色が目にやさしいと感じられる。
    最近買っていないので毎月は送られてこなくなったLANDS'ENDから、男物のスーツ、シャツ、スラックスの特集号が送られてきた。と言ってもシャツは随分揃えたし、何せネクタイを年に1度か2度しかしない私としては、眺めるのみ。

過去日誌の分を6月と7月に分けた。これからは月ごとにファイルとする。

2000年8月15日(火)

MSN Messenger Serviceというのをインストールしたと、友人から知らせがきた。言われるままにサイトに行き、ダウンロードしようとしたら、パスポートというのを取得せねばならないとのこと。要するに、Hotmailのアカウントを取っていないと、使えないということだ。そういうことならばと取得して、インストールした。

AOLのIMのようなものらしい。常時接続環境では意味があるのだろうが、ダイアル・アップのこちらの環境で、メールソフトにOutlook Express 5.0を使っていると、そっちで同期させてやるのと実質上変わりはない。かえって、右下の時計の上に、接続中にはメッセージが出るのがうっとおしいくらいだ。よって友人にはその旨伝えて、アンインストール。

まあ、これを機会にhotmailのアドレスを得たので、何かに使おう。でも何に?

スクロールの感触が忘れられずに、MADE IN CHINAマウスに戻したら、突然フリーズ。と言っても、USBマウスを認識しなくなっただけ。初めは慌てて、Ctrl+Alt+Deleteをやって、ウィンドウを閉じて、再起動させデータをみんな失っていた。最近はようやくAlt+Fで終了(X)を覚えたので、失うものは少なくなった。再起動もMS旗ボタンから出来るのは、有名だが、その他は最近覚えた。

2000年8月16日(水)

いまや数日前のことだが、日航ジャンボ機の墜落事故の際のヴォイス・レコーダーがニュースで公開されていた。あれを聴いた人はどんな感想を持っただろうか。内容ではない。そもそも聞き取れただろうか。このサイトの別ページで触れている、アマチュア無線でも、初心者はああした音声がひどく聞き取りにくいという。しかしあれにはフェージングもなければ、混信もなかった。ある意味(言い換えれば、確かに聞き取りにくい事は認めた上で)分かりやすい音声なのだ。

あのニュースを聞いたのは、岩手の八幡平の中腹にある大学の寮にこもって、2週間ほど洋書を読みふけった帰りに、仙台で一泊したホテルであった。

2000年8月17日(木)

グラデュエーションをつける実験はあほらしいので止めました

相変わらず見にくい、見ていて疲れるページのなんと多い事か。一番は背景が黒のページ。10分も見てれば、目をそらすと画面の文字が空中に浮かぶ。二番は文字だけで行間がないページ。先に書いたように、行間指定を是非やってもらいたい。
<body bgcolor="#****" style="line-height : ***%;">と冒頭に指定するだけなのに、何故?

2000年8月18日(金)

HTMLの初歩だけを教える「HTMLの初歩の初歩」というページを追加した。

前々から気になっていた「行頭の段下がり」。「 」か「&#160」を3つか4つ連打して解消。

2000年8月19日(土)

超初心者向け(位しか書けないが)HTML入門完成。全部で4ページ。今までに書いたページに を挿入して修正。

時間さえかければ出来るのが、コンピューターの世界。大学の後輩や教え子たちで、コンピューターの分野で仕事をしている者も多いと聞くが、文学部を出て出来るの?と半年前まで疑っていたが、何となく分かるような気もする。今だ私のかじっているのは、入り口の手前くらいかもしれないが。

それを気にしないのが、私の本業の方。こればっかりは、時間をかけても出来ない人には出来ない。「たったこれだけに、そんなに時間をかけてやったの」と言われた事も昔あったが、出来ない人には言われたくない。私に1週間かかったものさえ、君には何週間かかっても出来ないじゃないか。まるで自分なら1晩で出来そうな事を言って。アイディアとか発想ってそんなものです。

2000年8月21日(月)

残暑厳しく、ボーっとしているうちに、甲子園も終わり、休みもあと2週間。そろそろマジに仕事に目途を付けないとまずい時期だ。
   出来るものから、というと、サイトの小修正が先になってしまう。ウーこりゃマズイ。

2000年8月22日(火)

古本屋に行ったらPC Successという本が300円だったので、思わず買ってしまった。3D ATLASというCD ROM付きでだ。一冊しかなかったが、あれば他のも欲しかった。もう売れてしまったのかもしれない。この本屋は新本のうち返品になったものを、安く売っているらしい店だ。新本屋でPC Successが余っているのを良く見かけるので、早く沢山出回ってくれないものか。ソフトの使用感は、後程。

2000年8月23日(水)

シドニーオリンピックのメダルのデザインに、ローマのコロシアムが描かれていたと問題になっていた。どっちも相当古いものだから、どうでも良いじゃないかという無知な意見がある一方で、中国や朝鮮の建物や服を見せて、日本だと言って紹介したら我々は愉快ではないであろう。その位の大きな間違いなのである。あちらの官僚とやらは、きっと屁理屈をこねて、競技場一般のイメージとして「人殺し見世物」の行われた場所を使ったのだと言い、誤りを認めないであろうが、間違いは間違いである。

2000年8月24日(木)

複数のメールマガジンによると、インテルがペンティアム4で2Ghzを超える動作をさせたとか。あと1、2年すると、今のペンティアム3の800辺りは、MMXペンティアム位に思えてくるのかなあ。

   AMDのK6-2がそろそろ市場から消えかかっているので、買っておこうかな?今なら500Mhzクラスでも4桁だし、5割近い速度アップになる計算になる。でもCPUだけ速くしても体感速度に変化はあるのだろうか?幸いこの富士通の基盤は、Dipスイッチで、電源と倍率が簡単に変えられる。

2000年8月25日(金)

HTMLのページに、極初歩的なスタイルシートのページを付け加えた。スタイル・シートやJavaScriptを使うと、変わった事が出来るようだ。購読しているメールマガジンにもそんな例が紹介されているので、理解次第、順次導入してみようと思う。

NTTの大へま!迷惑電話があったので、番号を変えてもらったのだが、タイムプラスが1ヶ月使えないという。局番を変えないと継続が出来るらしいのだが、あっちの都合で局番まで変えられ、それに伴ってタイムプラス・サービスが1ヶ月空いてしまうそうだ。

なおこのページを見て下さっておられる、友人の方々、私宛の連絡は、メールか郵便でお願いします。

2000年8月26日(土)

今日も古いページから修正。最初期に「ホーム・ページ」作成ソフトで書いたページの余分タグを削る作業。今となっては、最初から書き直した方が早い位だ。

「ホーム・ページ」なる言葉が定着しているそうで、嫌なもんだ。一貫して「webサイト」とか「サイト」と言ってきた者としては、イヤーな感じ。今なら直せるのに、「ナイター」みたいに定着しちゃうとオシマイ。

ちなみに私の最近の「ホーム・ページ」は、My Yahoo。お勧めです。

2000年8月27日(日)

幾つかのアニメーションGif(ジフ)を処理ソフトでサイズを圧縮。効果のあるものと、逆にサイズの大きくなるものとがある。10%程度の効果がある。

   バイク関係でweb上から整備情報を得ようとしたが、こういうモノはない様だ。おかげで検索サイトを行ったり来たり。数百円損した。それにしても、3分10円は痛い。

2000年8月28日(月)

今日もサイトの小修正と論文のためのノート作り。とりわけ今年は残暑が厳しく感じる。最近は夕立さえない。

2000年8月29日(火)

Windows Meが来月発売になるそうだ。余り代わり映えしないが、IEとOEのバージョンアップにはちょっと惹かれる。これだけでも雑誌の付録に付くだろうから、そうしたら入れようかな。

2000年8月30日(水)

PC Successの3Dアトラスの感想。使い物にはなりませんのでどんなに安くても、買うと損します。雑誌に付いていた、エンカルタの試用版と比較してはいけません。あれはそこそこ使えますが、3Dアトラスにあそこまで期待してはいけません。情報量の少なさ、画面操作のわずらわしさで、小学生低学年止まりの子供にしか向いていないでしょう。

   愛用していたUSBマウス。頻繁(数日に一度の頻度)にフリーズするので止めました。今は富士通純正マウスに戻しました。理想は、トラックボールかステックなのですが、その昔のファミコン用パッドなんかもストレスがなかったように感じるのは単なるノスタルジーか?

2000年8月31日(木)

Fumy Web Diaryの作者である「にしし」さんから、ユーザリンクページへの掲載が済んだとの連絡あり。掲載ページへの行き方は

 http://www2s.biglobe.ne.jp/~nishishi/index.html
  [トップページ]→[ダウンロード]→[Fumy Web Diary]→[日記ページ集]、または
 [トップページ]→[公開日記を書こう!]→[日記ページ集]

  である。現在66の公開日記が登録されていて、私のは60番目にあるようだ。「にしし」さんにはこの優秀なソフト共々感謝、感謝。掲載を記念して、現在の設定を再度(前に書いたかな?)紹介。

日付の開始は<p><a name="bottom"></a><strong>とし、</strong>で終了。天気とタイトルは使っていない。本文は</p><p>&#160;&#160;&#160;で開始し、</p><hr size="1">で終了。改行タグは<br>&#160;&#160;&#160;としてある。

相変わらずデジカメは新製品ラッシュのようだが、ここに来て我が愛用のチーズが売れてるらしい。そりゃあ、おもちゃの中では多画素だし、動画は使い物にはならないがUSB転送は便利だ。コンパクトさもチヤッチイ反面邪魔にならずに持ち運べるという事か。10万画素クラスでは物足りなくても、最低レベル(35万画素)の要求を満たす造りが評価されているのだろう。以前書いたように、インターネット・テレビ電話のカメラとしても使えるのが良い。

このページの冒頭

www.saiton.net/nissi/kakonissi3.htm

©SAITO Toshiyuki