パソコン日誌

(2003年2月後半分)

"リンクのうち幾つかはアドレスが変わっている可能性があります"


2003年2月16日(日)

今月は 28 日までなので昨日で折り返し。当月分は今日からアドレスが変わっています。

Sony Ericsson はともかく、PSION(日本代理店 Enfour の方が分かりやすい)は探せばあるのでしょうが、結構日本では高価だったはずです。Opera を入れられるように「なった」ようですが。

そういう要望があったので Tips for Opera7 にも書いたのですが、Single Click で Hotlist にある Bookmark を開く小技、わたくしは暫く前に止めました。Opera6 に慣れている人は、ついつい最初のクリックで画面を引きずって、スクロールバーを引っ張らないんですよね。これが Single click だと出来ないんですよね。

それにしても上下二分割の Hotlist bookmark 復活してくれないかなあ〜。結構そういう要望が News に上がっているので声は届いているはずですが。

Opera OS 7 browser for Sony Ericsson P800 ここに P800 の Screen Shot がありますのでどうぞご覧下さい。え〜、午前中に書いたように(分かったでしょ?)既に ftp に公開されています。

2003年2月17日(月)

Linux 上では news の購読設定をしていなかったのだが、opera.linux にいろいろと報告するためだけに sylpheed で設定。M2 でも良かったのだけど、と言うかそっちの方が好ましいのだろうが、とにかく、全部 received に入ってしまうのが許せなくて。

フォントが化ける原因の一端は、せっかく設定した Simplified Chinese 等を Automatic に戻す事でおおかた解消。しかし、page tab 上に表示される title と画面左端に表示される title が異なるサイトがあったりして。一応 URL を添えて報告。

推薦し続けている Opera News Panel ですが、Opera Skin ともう一つだけを登録しておくと、新作 skin を見逃さずに get 出来そう。依然としてこのパネルはお勧め。日本の方が公開した Minimalist Flat 等を入れてみる。その後、例によって自分用に小修正。

Linux Preview1 ですが、URL 欄の copy and paste が出来ない。いろいろ不具合を news に投稿する時にも不便この上ない。

最後に一言、これは触れずにはおれないでしょう。日本語正式版 Opera7 for Windows、出るそうですね。代理店からどうぞ。日本語版にはあんまり関心がないのだけれど、言語ファイルを外せば表示を英語に戻せるだろうから、出れば使うでしょう。英語版のレジストで広告外せるんでしょうねえ?

Opera Small-Screen Rendering のページ一番下に Screen shot のリンクがありますね。昨日張ったリンクより豊富、ですね。

2003年2月18日(火)

Linux 上の Outlook (OE ではない)like な統合メールソフト、Ximian の Evolution がどの位使えるか設定して試用してみた。これまた M2 と同じく初期設定の日本語送信エンコードが EUC-JP になっている。外国人に誤解されていると言うか、これまで使ってきた日本人は何していたんだろうかと思ってしまう、、、。再設定して自分宛てに送信。

MoonStoneBBS に Bork edition が起動できないとの問題が、、、。名指しされたので一応弁明。User Prefs に title= を追記してあると起動できません。既知のバグです。Tips for にも追加しとくべきかなあ〜。しょせんはお遊びですからねえ、bork bork bork。

Linux O7 Pre1 ですが、カタカナの長音記号が+に化ける個所が目に付く。しかも Zoom の倍率を変えると直ったり壊れたり、、、。Ctrl + Mouse wheel ぐるぐるで遊べます。一応、報告済み。

この zoom の件、早速に Eirik から御回答。iso-8859-7(ってギリシア語用、らしいが、はてな)でも確認されたようだ。フォント選択が上手く行っていないらしい。ところで、Eirik Byrkjeflot Anonsen というのが彼のフルネームらしい。何て発音するんじゃ、特にミドルネーム。

2003年2月19日(水)

黒猫 Skin set (こう書くと三味線を連想してしまうが)が My Opera に。愛猫家の方はお試しあれ。わたくしは「ぃぬx」ですから、、、。まあ、こんなものも Opera7 では Windows と Linux で共用出来るので、良い時代になったものです。O6 for Linux で悩んだ事があるので、つくずく、そう思います。

新しい Opera Shop の商品ネタが某巨大 BBS で出ていたが、ネタ古いよ。最近、こういう事が目に付きます。というか、わたくし Opera ネタは結構、目を凝らしてチェックしてますから。

自分宛てに Ximian Evolution から出したメールの ID。xxxxxxxx.camel@xxx になってる。あの画像はラクダには見えんが、、。サルに見えるんですけど。

はいはい、Netscape が 7.02 になってますねえ。Mozilla 1.0.2 をベースにしているとの事。入れるなら 1.3 Beta でしょう、お客さん。

The Register のこの記事によるとアノ AltaVistaOverture に買われてしまったらしい。Overture からの Press Release でもどうぞ。

ZDNN の速報(日本語)にもありましたね、失礼。

Windows95 が出た直後に研究室にネット接続されたコンピュータが初めて入った頃、全文検索型といえば AltaVista だったのに、最近は Google にその地位を取って代わられちゃってましたからねえ。

URL 欄に g + 検索語を入れるのに慣れましたので、Google 検索欄も消しました。代わって zoom field を復活させました。ドンドン広くなる画面 at Opera7

そうそう。Preferences 画面の Search の中身、重複して増殖してませんか?Main bar は消しちゃったけど、そっちは直っていましたよね。opera.general で話題になってました。

Opera Bork T-shirt 出てます。これは「買い」かも?期間限定販売、らしい。LOGO だけなら無料配布されてます。

2003年2月20日(木)

Hypernation という Opera 系 blog をやっている Kevin 君とメールを遣り取りし、こっちの Opera Freak のページをリンクしてもらった。以前にもバラバラに載せたし、一つから他はリンクされているのだが、一覧表にしておく。

気分屋の Opera for Linux Pre1 さん。History が 4 日分表示されている。しかし昨日閲覧したはずの「多く」の履歴は消えている。依然 1970 年 1 月 1 日の履歴はそのまま。こりゃ何だ?

某所とか某所にて反応して頂きまして、、、。え?あれ書いたの・・・。成る程、とか書いてみるテスト(某所風)。って、知らんかったもの。某方面は皆様、お忙しいようで頑張って下さい。(何か、某ばっかり)

あれれ、ネタ古いかもしれませんが(笑)、アイフルのロングコート・チワワの CM。新バージョンやってますねえ。CM の「くぅー」が先日三回忌を迎えた実家のチワワにそっくりで、 70 近い両親にはよろしくない画像です。

で、link 先の QuickTime movie を見ようとしたら(サーバーが重いのは別にして)、plug-in が上手く働いていない事に気付く(使わないとは言え、遅過ぎではある)。Opera6 では見れていたのに、、、。URL 欄に opera:plugins と入れれば有効な plug-in の一覧が出る。

とりあえず一番確実に認識してくれそうな、Program Files\Opera7\Program\Plugins\ 以下に Opera6 の Plug-in フォルダから Copy and Paste して解決。about:opera で Plug-in Paths の一覧にはどちらも有効と表示されているのに、上手く行かない方は試してみて下さい。

2003年2月21日(金)

先日この日誌で紹介した http://online.securityfocus.com/archive/1/311214 であるが、他の security issue 以上に特別深刻な問題ではないとの指摘が opera.tech にてあり(Message-ID: <b32l6o$t2n$1@mail.opera.no> , Xref: news.opera.no opera.tech:24533 から始まる thread を参照)。このためだけに New version が出る事はなく次回のバージョンアップ時に対策が取られるかも知れないとの事。

ああ、そうですか、一区切りついたのかな。お疲れ様でした。

Preview 1 of Opera 7 for Linux で確認した Tips。favicon 読み込みと Single click bookmark open は使えた。Open in Mozilla はダメ。Execute program がダメなのかなあ。検証ついでに apt-get で xpdf や lynx の security 更新をあてる。圧縮されていないとはいえ、lynx の rpm が 4.4MB もあるのだから、Opera のサイズは十分小さいと実感。

Identify as IE ですが、Opera6 までの負の遺産、でしょう。Opera6 までは、そうしないと具合の悪い所が多過ぎましたから。先日書いたように、Konqueror はもっとスゴイですよ〜。

例の BORK LOGO はインクジェット・プリンタで専用紙に印刷して、T シャツに転写するんでしょう。布のトートバッグ等でも良さそう。

個人的覚え書き。menu.ini の [Document Popup Menu] に Item, "Refresh display" = Refresh display を追加。表示順を並べ替えてあるので、一番上が Reload 次が Refresh display となった。ほとんど(笑)右ダブルクリックで画面の更新(など)が出来て便利で手放せません。

Preview 1 の Windows 版との違い。Manage Account で Leave messages on server の後に (do not delete) と書いてある。あっちは全くの新規導入ですからね。Windows でも M2 だけに頼っている人、いるのでしょうか。

Opera News panel に Opera Press Release が追加された。これをセットしておけば Opera からの最新のニュースを見逃さないはず。

タバコやアルコールだけでなく妊婦さんはコーヒーも控えた方がよろしいitv.com から)ようです。いろいろと大変なんですね。

It's official, it's standards-compliant and it doesn't work properly in Internet Explorer on Windows. CSS謳い文句

ftp://ftp.opera.com/pub/opera/unix/solaris/610/tp1/en/ Solaris 用 6.1TP1 が公開。ftp://ftp.opera.com/pub/opera/linux/610/tp1/en/sparc/ こちらは Linux Sparc 用 6.1TP1 との事。これらの環境がある方はどうぞ。

2003年2月22日(土)

Opera ネタがないので、最近のわたくしの Opera 画像でもどうぞ。少々 menu.ini を使いやすく改変してある。どこをどう変えたか分かるような画像を撮っておいた。

Linux 版の方は印刷プレビューまでは上手く行くが、ps ファイルに出力してもヴューアーでは見えないし、ローカルプリンタで刷ろうとすると強制終了してしまう。既に要望の上がっている不具合を確認。Google 検索などが出来ないのもつらい。早く来い来い Preview 2。しかし世間の関心は Windows 版の数十分の一、だろう。それは日本に限らない話。

そろそろ学年末試験が近いので、御生徒様のためにまとめのプリントなど作ってさし上げた。全く不本意で過保護な事だし、定期試験のまとめ位自分で出来なきゃ御学力など付きはしないのですが。こうしないと面倒見が悪い好い加減な教師だと、御父兄様が学校へ苦情を言って来るらしい。そんなのに反論するのも疲れるだけなので、あっさり妥協。その後試験問題にもボチボチ着手。

アレが出ないなら(週末だもん)Amaya さんでもいじっては?7.3 は未だ出ませんが、Snapshot release の提供が始まってます。7.2+ という Feb 21 2003 版を入れてみました。背景画像を指定したページでも、完璧ではないにせよ二回に一回位は描画してくれますね。

2003年2月22日(土)

昨晩遅く更新した Amaya 関連の HTML に誤りのある事を見つけ修正。a 要素やパラグラフが閉じられていなかった。更新チェッカーで見ている人のために本文も更新。

Amaya 7.2+ 何やら墜ち難くなっているような「気」がします。固まるのは外部 CSS の読み込み辺り。Opera に追加した Open in Amaya が重宝してます。

opera.general への投稿記事から。kitchen sink というのが最新の Mozilla build で about:kitchensink と URL 欄に入れると表示されるらしい。手許の 1.3 Beta では駄目でしたが直接ここのリンク先に行けば動くアスキー・アートが見られます。タイプライタで絵を描く手法というのは、かなり昔からあった訳です。

w 師、well respected Opera freak ですから「師」で宜しいでしょう(笑)。

このところ Rijk さんも持ち帰りのボランティア仕事(opera.beta などでの返信)をしなくて済みそうになりましたしね。

夕飯を食べていると実家から電話。滅多にないのでドキッとしたが、TBS を見ろとだけ早口で言って切られた。何やらさんまのからくりテレビという(名前くらいは知っている)番組が、わたくしの小中学校の同級生が経営する空手道場を使って子供のロケをやっていたらしい。しかし道場主の彼、何時から空手をしていたんだろうか?高校を出るまでは武道なんて無縁だった筈なのに、、、。

2003年2月24日(月)

う〜、ネタ切れ。XHTML1.1 において Shift_JIS でエンコードさせた文書では XML 宣言をしなければならず、すると Opera7 の bug で DOCTYPE switch が quirks mode に入ってしまう。それは癪なので XML 宣言をしなくて済む UTF-8 に数ページを変換してみた。微妙な見栄えなど気にしていないので、どっちのモードでも変わらないと言うより、微妙な CSS など使っていないのですけどね。

この件取り消し。日記を書くのに補助使用している Fumy Web Diary で保存すると、Shift_JIS で保存されてしまうようだ。ユニコードを想定していないからだろう。当面日記は Shift_JIS に戻しておく事とする。

Linux ではお世話になってる w3m が tab を備えて 0.4 となったようです。terminal から tab ですか、、、スゴイ。

2003年2月25日(火)

Opera7 日本語版 build 2667 出ていますね。じきに通常ダウンロード画面からも入手可能になるでしょう。基本的に上書きインストールが可能です。しかし、そうした後で日本語化に携わったエノモトさんの解説を読み唖然。ははは、まあ、慌てる事はありません。そこに書いてある \Mail\index.ini と toolbar.ini を(しなくても良いが)念のため避難させておいてから削除して Opera 7 を再起動させれば、新しい設定ファイルが出来ます。以上の作業は勿論 Opera を終了させてから行なう事。

toolbar.ini を更新させて日本語化すると、ナビゲーションバーの表記まで日本語になって、わたくしには鬱陶しい(表示面積をとる)ので、簡略表記に書き換えてやりました(日本語化に携わった方々、すみません、笑)。また、menu.ini もこれまでのカスタマイズを一通り施し、快適になりました。しかし、、、言語ファイルの選択が、、出来ないのは?いや、その日の気分で変えたいんですけどね。

Opera7 が置かれているディレクトリには japanese.lng と english.lng があるのですが設定画面から選べない方は、わたくしのように上書きインストールしたのでしょう。Application Data 以下にある opera6.ini の [User Prefs] 以下に Language Files Directory=(例えば C\Program Files\Opera7)なんぞと追記してやればメニューにあらわれてくれます。(Thnaks ENOMOTO)

今回もやっちゃってくれましたね、Opera 社。build 2667 は具合が悪いのですか?帰宅してエノモトさんの警告を読んで、またかと思っちゃいました。昔もありましたよね、一日で引っ込められた build とか、、、。PRESTO さんには随分待たされたので、仇討ちとばかりに皆目の色が違っちゃってますからね。とりあえず 2667 で様子見してみます。

なるほど build 2667 の後、一回差し替えがあって build 2668 が公開されているのですね。Bork 版の時も二回差し替えがあって、わたくしが最初に opera.general へタレこんだ後に入手した人は、表題と build number が違って不思議に思ったはず。気になる不具合。日本語表示では問題ないが、英語を選択して表示させると Hotlist の Transfer と History のタイトル名、その他 hotlist popup window の多くが非表示になる。日本語しか表示させなければこれは問題ないでしょう。

念のため英語版 7.02 を入手。22KB 少ないのは日本語言語ファイルの分?かなあ。いや、japanese.lng は 129KB あるから違うのかなあ。この一年、人柱をやりっ放しだったので、これから英語版 7.02 を入れて後刻報告します。

という訳で、英語版 build 2668 入れました。japanese.lng が Opera を置いたディレクトリになぜか残ってしまい、日本語表記も出来ます。単純な 7.01 から 日本語版 7.02 build 2667 にした時は、英語の言語ファイルは build 2651 だったのに、今回は build 2668 になっている。本体が 2668 だからこれは当然。

英語版 2668 では上記、Transfer と History の表記もチャンと出る。その状態で日本語を選ぶと日本語表記となる、、、というか日本語しか選べない?面倒なので japanese.lng を手動で退避させると本来の姿である英語表記が戻ってくる。取り除けておいた japanese.lng を戻してやると設定から日本語が選べて日本語表記となる。なぜか日本語だけになったのは最初だけ。上記作業をした後は日本語、英語を自由に切り替えられる。これは修正済みの日本語版と同じ動作。

日本語版と英語版の(表面上の)違いは、設定画面の言語の欄の表記が Japanese English ではなく日本語、英語[build ///] と見える事位か。設定のサーチ欄でg, a, s, f がダラダラと増殖するバグはそのまま。

更に追記。2667 では問題なかったのですが、2668 にすると初回起動時に言語ファイルの更新を求める警告が出ます。以後表示をしないにチェックをすれば良いだけですが、気にはなります。そんな訳でエノモトさんが書いているように、近々再更新版が出て正式アナウンスがあるのでしょう。Opera 追っかけ諸氏には良いネタが提供されたという事で今日のところは、、、。再度、入れ替えも面倒なのでしばらく英語版プラス日本語言語ファイルで行く事にします(アクセスログで足がつきやすいという難点はありますが、、、)。

更に更に追記。2668 の Hotlist 内の Panel ですが不要なものを消しても、最後に消した一枚(?)は Opera を再起動すると復活する。この辺りは次の更新で直るでしょう、か?

某所に一時書いてあった(消えてる?)『アンティゴネー』ですが、、、懐かしい。修士に入って最初に古典ギリシア語の購読で読んだ作品です。泣き声が古典ギリシア語だと Ai Ai なので、哀、哀と訳してあったりします。『イリアス』は初級文法を終えて最初に読んだ記憶があります。船のカタログの少し先まで一年で読んだでしょうか。

The Register の記事によると例の Sony Ericsson P800 が 249 ポンドで買える店があるそうです。アグレッシブな価格とあるが、日本円で約五万円というのは、高いのだろうか、安いのだろうか。この店、ノキアの 3310 というのと PS2 がセットで無料!というのもやってますから、ともかく最安値店ではありそうです。

上記の方法で、Panel が上手く消せない方へ。消したい希望の Panel に加えて任意の、例えば Opera News Panel を Hotlist に表示させてから、不要なパネルを消してやれば上手く行くかも。

2003年2月26日(水)

とりあえず一日の最初は Fumy Web Diary を使って書く。Opera 社の ftp に置かれている 7.02 日本語版のタイムスタンプが 2/25 15:07 と、日本時間本日早朝になっていたので入れてみたが build 2668 のまま。設定が保存できないのはそのまま。昨晩の英語版 2668 では Hotlist から Trasfer など不要なパネルを(昨日書いたテクを使えば)消せたのに、今日の日本語版ではその手も効かず。

設定ファイルの書き換えにも疲れたのでしばらくこのまま。今晩というか明日に期待。日本語の使える Linux 版 Preview が待ち遠しい。

なるほど、オスロにはテストする Windows95 環境がないのですか。ご愁傷様です。

個人的覚え書き。Opera7.02 build 2667/8 インストール時。Opera 7.01 を入れている Windows2000 Multi user の場合。

  1. 上書きインストールする
  2. C:\Documents and Settings\toshi.CEL1400\Application Data\Opera\Opera7\Mail(例)から index.ini を削除
  3. C:\Program Files\Opera7(例)から toolbar.ini を削除
  4. Opera7 を起動
  5. Opera7 を一旦終了させる
  6. C:\Program Files\Opera7(例)の menu.ini を書き換え
  7. toolbar.ini の [Site Navigation Toolbar] 以下の表記を書き換え
  8. opera6.ini の [User Prefs] 以下に、もしなければ Language Files Directory = C:\Program Files\Opera7(例)と追記

Opera 社の公式ホームページから 7.02 日本語版、英語版のアナウンスが出た。しかし、今朝わたくしが落としたものそのまま、、、。上書きして上手く行かなかったら上記の順序で試してみて下さい。簡素な Change Log

で、念のために入れ直した Opera 7.02 日本語正式版ですが、もちろん build 2668 です。Hotlist から panel を消す時に右クリックから Remove panel だと Opera を再起動させると復活してしまうのは既述ですが、その下に出るチェックを外せば復活しなくなるようです。

Rijk に「よると」昨日ダウンロードした人は改めてダウンロードしなくても良い、、、ですが、日本時間の今日早朝に置き換えられたのかも(詳細は上を参照)。ビルドナンバーは同じですが。初回起動時に日本語版でも言語ファイルの更新を求められませんでしたし。

Windows Me の入っているノートパソコンに 2668 日本語版を入れて確認。昨日書いたように、これまで英語版 Opera7 を入れていた人のために再掲。「Application Data 以下にある opera6.ini の [User Prefs] 以下に Language Files Directory=(例えば C\Program Files\Opera7)なんぞと追記してやればメニューにあらわれてくれます」これをしないと日本語しか表示に使えませんのでご注意あれ。

一応、県民なので、さいたま市ネタを。今日、ポストにさいたま市の4月からの郵便番号一覧表が入っていた。緑区、見沼区辺りが家からは近い。見沼たんぼまで原付で15分ほど。さいたま市には Speed Net 来てるんだけどねえって、しつこいか。

2003年2月27日(木)

出勤前のチョッとしたメモ。エノモトさんが書いているように、Opera 7.01 から 7.02 へのアップグレードですが、良く分からない方はクリーン・インストール、でしょうね。設定が全て失われますが、、、。それが惜しい方は、昨日と一昨日のわたくしの日誌を良〜く読んで試して下さい。

いろいろと改善って何?と思う方、セキュリティに敏感な方は、とにかく 7.02 にした方が良いです。こんな改善も見られるようですから。

すみません、にししさん。余計な事、書いちゃった(この表現って、関西の方には不評らしいが、、、)かなあ。一旦書いてから、思い直して消したように記憶していたのですが、しっかり書いてますね。一ユーザの希望に過ぎませんが、お世話になります。

VFR750F の OIL と OIL Filter を交換。先日久々にオイル交換した 7万キロ以上走行しているカブは、規定量の半分ほどしか入っていなかったとバイク屋に言われた。少し心配なので次回は早めにオイル交換して様子を見るつもり。某カブ FAQ によると、5万キロを超えるとメインテナンスに費用がかかり過ぎて手放す人が増えるとか。10万キロは余裕で保つんじゃなかったの?って感じ。

わたくし、好奇心旺盛、もとい、アドヴェンチャー志向な、いや違うかな、トラブルを楽しめる心の広い大人ですので、良い子の皆さんはこの日誌に書いてある事を真に承けて、大事なデータが吹っ飛んだり、OS が起動しなくなっても、苦情、抗議、賠償、その他一切の言いがかりは受け付けませんので、そこんところ、よろしく。って書く程、わたくしは親切でもお節介でもありません。

Tips for Opera7 に昨日追加した Scroll bar の着色ネタ。Rijk が opera.general で紹介してくれていたものだが、面白い反応を一つ。それが出来る唯一のブラウザだから( Konqueror も出来たはず)といって、IE 5.5 とか 6.0 なんていうセキュリティの補修ファイルしか出ない、CSS の解釈が古臭い UA を後生大事に使っている人にも、これで Opera7 を勧められるという投稿があった。多分皮肉なんでしょうけど。

またデフォルトでその機能がオフになっている事に Opera 社の見識を感じるという記事もありました。色付けスクロールバーがお嫌いな方は Un-colored scrollbars を UserStyle Sheet に加えれば良いでしょう。このネタも opera.general から。

Contribute という名前でやっと出るんですか、マクロメディアとオペラのコラボレーションとかなんとか。

エスティー・トレード提供の静音化ツールに Pioneer DVD-119 が対応したので入手し設定。依然、起動時のガチャガチャ音だけが気になる。Reboot を滅多にしないサーバー用にでもするしかないのかなあ。

これまで中級者向けと思って書いてきた Tips for Opera7 だが、ポインタで指示されちゃったので、少しだけ配慮して書き換え。読んだ人が分からないのでは困りますから。

M2 の Quick reply ねえ。news で一番嫌われる top post になっちゃうんですよね。日本の企業からの返信メールでは、逆にこの形式が default みたいですが、、、。ですから、news では使いものになりません。ええと、top post というのは、他人の記事(news では投稿された文章は記事と呼びます。ちなみに、返信はフォロー。レスなどと言おうモンなら集中砲火を浴びます)に follow を付ける時に、引用する文章の前に自分の記事を全部書く事。

2003年2月28日(金)

お蔭様で大学は春休みなので、金曜日は休日。しっかりお給料は振り込まれておりますが。しかし、来週から始まる高校の学年末試験の問題作成をしなければならないので、一日机に向かってます。

「〜っちゃって」ですが、いや、その〜、ダウンタウンがネタで関東弁を真似て笑いをとろうとする時に、多用しているような印象があったものですから、、、。わたくし、サイタマ生まれのサイタマ育ち、他所は知らないもので。しかしわずか数年でも関西で生活しちゃうと、東の方の生まれの人が関西弁になるのは何故でしょうかね。

引き続き Coloured Scroll bar ネタ。機能をオンにしてあちこち徘徊すると、思わぬサイトで作者の色彩感覚を垣間見られる、といった効用もあるようです。しかし好きな人はこういうの好きなんですね、と改めて思ったりもする。と言うより、IE が事実上の標準なのだから、よりカラフルにしなきゃ損という発想なのでしょう。2000年に書いた自分の日誌を少し読み返していて恥ずかしいというかほとんどネタなので、自分で自分に突っ込みを入れるという企画を思いつく。

未だ書いていなかったので「祝 Opera7 日本語版公開」。日本語化に携わった方々、あらためましてお疲れ様でした。アップグレードに際していろいろと厄介な事もあるからか、opera.general は再び記事の洪水。大事なことは何度でも繰り返しても良いでしょう。Opera 本体と Profile をきれいさっぱり全部消してから Opera7.02 を入れましょう。Opera6.xx とは共存できます。あれ?昨日までと書いている事が違う?いえいえ、面倒な事が嫌いなだけです。これだけでも、BBS での質問は半減するはず。

top post が嫌われる理由は、おっしゃるように、資源の無駄づかいでしょうねえ。newbie と呼ばれたりするのは良い方でしょう。署名まで引用すると無礼な感じさえします。未だに news と言わずに USENET と呼ぶような人には特に。

以前にも引いた話題なので、A P800 for £49。記事にもあるように、毎月の使用料も £49 かかるようですが。一応お店の広告エアーエッジ・フォンより魅力的。

Opera 6.1 に続いて、6.11 TP1 for Solaris が入手可となっています。

他人様のはてなアンテナ(またベータ・テスターを募集している、、、)から普通の人の日記を眺めると、日本語正式版が出たので Opera 6.0x から 7.02 に入れ替え(並存可能なんですけど)する人がチラホラ。世間的にはそれが真っ当な歩みなんでしょう。多分そうした人の多くは Hotlist の bookmark が上下二段表示にならないとか、メイン・メニューから開く bookmark の表示順が変えられないといった事が凄く気になって Opera7 から遠のくのでしょうか。

そういう人にこそ wireself 先生(師ではない、、、そうです)による、キーボード派流改変がオススメ。メインメニューをDocument Popup Menu に入れて右クリックから呼び出せるようにすれば、マウス派でも楽々・快適。上記の仕様変更がさほど気にならなくなるかも。更に Hotlist は floating 表示、これはわたくしからのオススメです。

「Transferは別ウィンドウで」すが「Hotlistは浮動最大化表示で」はありません、、、ってダメですか(笑)。いえ、ねえ、フローティングさせるなら、本当は本物の MDI で行きたい所なんですよねえ、画面が思いっきり広いとか、Dual Display だったりしたら。

いつもながら Volter さんの Opera Skin は来てますねえ。最新作の Orion も期待を裏切りません。画面の小さなノートパソコンに入れてみます。

上の表現、誤解を招きそうですね。floating させてますけど、最大化はさせはていないという事です。

ブラウザ振り分けをやっているサイトに、UA 偽装して入って正しく表示出来ないのは仕方のない事です。それを不具合と言うなら、絶対直りません。直して欲しくもありません。


www.saiton.net/nissi/kakonissi35.htm

© SAITO Toshiyuki