パソコン日誌

(2003年4月後半分)

"リンクのうち幾つかはアドレスが変わっている可能性があります"


2003年4月16日(水)

出ました Amaya 8.0-pre public release です。parsing errors が出ても「落ちる」事がなくなったのは Amaya としてはすごい進歩じゃないでしょうか。Opera の右クリックに仕込んだ Open in Amaya が検証に使えるかどうかは、未だ人それぞれ評価の分かれる所でしょうが、段々良くなっているのは誰にでも分かるはず。来週には -pre が取れた 8.0 が出るそうです。

2 ch でうちのアドレスを貼り付ける人がいるので、突っ込まれないように Tips for を少々修正。とりあえず Opera 7.1 向けに「お勧めのカスタム」といったような項目を作成。

あなたのブラウザが完璧に Unicode をサポートしていれば、余計なフォントを入れなくてもTest for Unicode support in Web browsers - Greek Extended が全部表示出来るはずです。そうです、古典ギリシア語の表記もこれで OK。しかし koppa や digamma などは Opera7.1 ではダメでした。Mozilla 1.3 では全部は無理でも Opera7.1 よりは多くの文字を表示してくれました。

は表示出来ますか? Σ ωκράτης はどうでしょう? IE6 ダメダメですねえ。Mozilla1.3 や Opera7.1 なら見えます。そこの IE ユーザ、それでも IE6 推奨って書きますか?

2003年4月17日(木)

多分今日は夏日であっただろう。いや、天気予報が何と言おうと、体感温度こそ大切なのであって、24度でもわたくしには真夏日でした。仕事は午前中で終わるのだが、夕方から新宿で大学の講師懇親会があるというので、電車で東京に行ってしまったのだ。

学校が終わって先ず行ったのは Linux Cafe。KNOPPIX 3.2 日本語版を CD-R に焼こうと思ったのだ。CD 1 枚分がたったの 15分で落とし終えた。世界が違う、、、。ISDN だと 30 時間くらいかかる計算になる。その後 cdrecord 〜とコマンドを打ち込むとエラーとなる、、、。root 権限であることを確認せよといったメッセージが出る。以前こうして焼けた CD-R の時、Linux Cafe の機械は Kondara ベースであったと思う。今日久し振りに行ってみたら、RedHat8 になっていて、何らかのプロテクトがかかっている模様。KNOPPIX 3.1 はメディアを入れれば直に焼けるようセットされているので、職員の女性に 3.2 は落としてあるから入れ替えてくれるようお願いして、今日の所は退散。

昨年夏に購入した我メインマシン。クレバリー系列の WonderCity というお店のいわゆるショップブランド。ぶらぶら歩いていたら、昨日の MoonStone さんの日記を思い出して、サービス窓口に寄って話しを聞いてみた。前に壊れて交換済みの DVD-ROM drive を交換してくれるとの事。あちこち歩いて汗だくなので、一旦帰宅しシャワーを浴びるよう、路線変更。

DVD drive を持って再び東京へ。簡単なチェックの後、クレバリーの修理窓口で、新品 drive と無料交換!東芝(Made in China)製 SD-M1712 であった。今使っているパイオニアのドライブが起動時のチェック音が大きくて気に入らないので、近々交換してみます。

その後、新宿の京王プラザでバンケット。海老もサザエもいっぱい食べたが、ケーキを死ぬほど食べて早々に退散。これでは 60kg 代に戻れる日は来のかなあ、、、。明日はこの御恩を返すため、力を入れて講義してきます。

一応、期待して読んでくれている人のために Opera ネタを一つ。昨日エノモトさんに ICQ で話しながら見栄を確認してもらったユニコード表示確認のページ。彼が Opera7 のバグだと指摘してくれ、news に記事を投げては?と言ってくれたので、昨晩 opera.general に投稿しておいた。Rijk からの返答。Maybe Opera is too trusting if fonts tell they cover the Greek range. If I select "Arial Unicode MS" in the international fonts options for Greek, I see almost all characters, but with 'Lucida Sans Unicode' I have a lot of missing characters on that test page.

こっちは Opera でも Mozilla でも全部表示してくれるが、興味のある方は unicode の top あたりから各テストページがご自分の環境でどう表示されるか見てみると良いでしょう。

2003年4月18日(金)

Vine Linux 2.6 Deluxe というのが 5 月 16 日に出るらしい。ユーザー様特価予約受付を見ると、わたくしは 8,900 円で買える権利を持っているらしい。

Wine ではなく Qt ベースで動く Hancom Word6.0 は魅力だが、いまや OpenOffice 1.1Beta があるしねえ。一人で使っているから Hancom WorkDesk 2.5 もこの値段としてはすごいものなのでしょうが、買わないでしょう。ごめんなさい。

東芝の DVD drive は起動時も静かです。というか、これまで使ってきたパイオニア製ドライブが再起動の度にうるさ過ぎただけ。これは誰かにタダであげようかと思ったが、こんなにひどいものはあげられない。メインが故障した場合の予備として保存決定。しかしこのパイオニア製ドライブ、少し前まで静音化パソコン向きとして推奨されていたものなんだけどね。いつのまにか、OLIO SPEC でもTOSHIBA SD-M1712 に置き換えられている。ともかく SD-1712 はよろしいとだけは言えます。DVDビデオ再生時には、2780rpmと低速回転にて再生可能な静音ドライブだそうですから。秋葉のパーツ屋で今一番安く買える DVD-ROM drive なのですがねえ。

2003年4月19日(土)

Mozilla Party 4 に行ってきました。まあ、MoonStone さんの顔を拝みにいったようなものでしたが。産業技術総合研究所の高木さんのお話も聞けたし、RoadMap の詳しい話も聞けましたので。そっか、Composer と Chatzilla は未だ担当者が決まっていないので、どうなるか分からないとか、、、。昔の(NN4.xx の頃しか知らなかったのですが) Composer よりは今のものは少しはマシになっているらしいのに、少し残念。

会場では Relational Data Base の方の Firebird の人も来てご理解を訴えていました。そりゃあ、びっくりしたでしょうね、そっち方面の人は(笑)。法的にどうこうより、上手く解決して欲しいと思いますけどね。

それから、今日知った事。XUL って、ズールって発音するんですね〜。エックス・ユー・アールと言ってるもじら組の人もいたので、どっちでも良いのでしょうけど。

2003年4月20日(日)

今日の一大ニュースは帷子川の「たまちゃん」がわが町で目撃された事だろうか。うちからも数キロの地点。このあたりは江戸湾、じゃあなくて東京湾から 20 数キロ北に入ったあたりだが、市内には無数の中小河川が流れている。主なものは古利根川(ふるとねがわ)と元荒川(もとあらかわ)で、両者が合流して南下するのが今回のニュースに登場した中川(なかがわ)である。中川の主流はその後、葛西臨海公園の東で東京湾に注いでいる。

すると「たまちゃん」は葛西臨海公園脇から北上した確率が高いと思われる。今日のうちに既に数キロ南の草加の方に移動したという報道もあったのは、今日の雨で水流に流されたのだろうか。最初に発見された地点から数百メートル遡上すると、元荒川と古利根川の合流地点となる。雨がやんだらもう少しこちらの近くにも来てくれるだろうか。

2003年4月21日(月)

出勤前に一言。Opera 社はイースター休暇明けで日本時間夕方から活動再開するでしょう。そこの top page に symbian exposium 03 のバナー。今月 29-30 にロンドンで開催されるようだ。すると再開後は Small rendering screen 関係が忙しくなるのか?

はい、わたくしもこの所は Opera7 for Linux の動作検証のために Linux を入れているようなものです。半年前に Turbo 7 から HOLON 4 に入れ替えたのは、当時 KDE3 と Qt3 が付いて安くパッケージされていたから。しかしサポート情報が少ないので、大手(RH か Vine)に再び入れ替えるかも。apt-get 出来るのは便利なんだけど、rxvt のアップデート をしたら動かないのに ML に投げても無反応なので、、、。当面は RH9 待ち、かなあ。

帰宅しました。Opera for Linux での日本語入力に関する不具合。既に 2ch に Linux 機から書き込んでおいたが、Qt Configuration から Interface で On the Spot にしておかないと(というか、On the Spot がデフォルトだと思っていたのですが)一文字ずつしか入らない。ここでつまずいている人は要確認。

そこを他のセッティングで試しているうちに、コンカラーが立ち上がらなくなり、ファイル操作がし難くなってしまった。それどころか KDE のツールバーまで消えてしまった(その他、様々な挙動不審状態発生)。Qt Config は安易にいじらない方が良さそう。仕方ないので、別のユーザになって ~/.qt 以下にある qtrc を一旦削除して回復させた。これが設定ファイル、らしい(ですよね?実は良く分かっていないけど、作成時間と名前からして、多分そうだったのでしょう。これで解決したし、笑)。

で、取り合えず Preferences の fonts の normal は 欧文が一番綺麗に表示されるフォントを指定し、International の kanji, hiragana, katakana に日本語を含んだフォントを指定すると、日本語入力が一番素直になる。Forms の single/multiline にも日本語フォントを割り当てる。こんなとこでしょうか。良く分からないうちに、Beta2 が出てくるだろうし、ね。一応、上記の件は opera.linux に報告しときます。

2003年4月22日(火)

Opera for Linux の日本語入力を担当している Eirik の休暇は、もう一週間あるらしい。休暇と言えば長くても一週間だろうというのは、忙しい国の勝手な憶測。他の主要開発者が同じだけ休暇をもらっているかは不明。このネタ元は、本人からのメール。

Frode Gill さんは復活。彼によると、7.1(for Windows と思われる)が出るまでは M2 のチームも、Linux のチームも総掛かりで 7.1 のリリースに向けて働いたらしい。その後、本来の仕事に戻れるようになったので、(我が家では良く働いてくれるのですが)一部で上手く働かないと不評の SPAM Filter なども徐々に整備されるらしい。

忘れかけていた半月毎の過去日誌の整理、しました。テクストだけで 40KB 超は重いでしょうか?

後 2 週間で仕上げなければならない雑誌論文からしばし逃避して Opera for Linux をいじる。昨日も書いたような気もするが、qtconfig で font を設定し直せば Main menu や M2 そして Hotlist 内のフォントが変えられる。メール作成画面のフォントも変わる、、、と思う(笑)。

その他のフォント設定を Opera の Preferences からいろいろといじっても、Linux beta1 では全角日本語引用符、すなわち「 の後にスペースが入ってしまう、、、ような。まあ、いずれにしても Eirik の休み明け、かな。

他の社員は仕事再開のようで、続々と新しい Skin が公開され始めた。ちるくるさん作 Pink_Bunny も入手可となっている。大きなボタンを一切使っていないと近頃皆同じようになる中で、BeOS Skin は手を入れがいがありそうなので、これから Windows の方でカスタムします。

RedHat9 欲しい、、、。来月の雑誌に付くのか?否確か RH8 の時には、製品版発売後 20 日から雑誌が 1000 ドル払えば付けても良い、というような規定があった。今回もこの規定に従えば、Professional 版の発売は延期されたが、通常版は 18 日発売だった(はず)なので、8 日発売の主要 Linux 雑誌は、、、微妙ですねえ〜。

先週出た Amaya 8-pre ですが、予定では今週中に -pre の取れた 8 が出ます。それに少し先立って、snap shot 版を入れてみました。HTML にエラーがあると、その先を読み込んでくれない頑固なお茶目さはそのまま。

あちこちで既報だが、これまた欲しいので、ドコモ sigmarion III 発表。バイクで移動するわたくしとしては、HDD の付いていないキーボード付き機械、嬉しいんです。携帯 Watch の記事によると 5 万円台になるらしいが、しばらく待てば投げ売りされるという伝統はぜひとも守って欲しい。

2003年4月23日(水)

ああ嫌だ、昨日書いた事の修正。Amaya の ftp のタイムスタンプをもう一度良〜く見たら、snap shot は 2 月に出た古いヴァージョン。いやあお騒がせしました。で、肝心の Amaya さん 8.0 正式版は本日夕方現在、出ていません。こっそり手許に残っていたファイルから現時点での最新版に入れ替えたのは言うまでもありません。

BBS を持たないが故の応答編。手を入れたのは BeOS skin です。黄色の tab や progress bar も慣れると見やすいです、はい。RH9、エラーですか。雑誌に付けばインストールガイドも付くでしょうから、久々に linux 雑誌、買うかも。いっそ本家 apt-get の debian をもう一度入れても良いのですが、、。ハードルが高いとか言われてますが、slackware の解説をチラッと見る限りはるかに楽だと思えます。.deb package が性に合えば、ですけどね。

家には滅多に来ないんで多くの例で検証してはいないのですが、BCC が M2 では見えてしまうとか何とかで騒いでいる人が opera.mail+news にいる。自分に向けて BCC 付きメールを出して実験した限り、M2 から送った場合、EdMax から送った場合、共に BCC は見えない。Frode Gill さんも追認出来ていないのですが、見えてしまうという人もいるようです。

2003年4月24日(木)

東京国際ブックフェア 2003 へ行ってきました。新本洋書の在庫処分市では POD 9th edition が 400 円だったので購入。手許にある Indian paper 版を確認したら、6th edition, first impression in 1978 だった。厚さは倍だが 400 円だと買わないのは可愛相に思えてくる。OCT 版アリストテレスの Poetica が 800 円。もちろん持っているが、これまた本が可愛相なので「救出」。 LSJ の abridged 版も 1800 円であったので勉強したい学生にあげても良いなあとも思ったが、この版はお勧めできないので止めた。

その他、物欲を抑えて帰宅。こういう寄り道にバイクは本当に便利。今日の順路。芝 - 日比谷交差点 - 晴海通り - 勝鬨橋 - 有明 - 木場 - 三ツ目通り - 言問橋 - 日光街道。

三ツ目通りの Link で地図をお借りした東京都現代美術館脇を駆け抜けて帰ってきたのだが、一帯は地方在住の方からすれば Deep な東京であろう。近頃は西の方の新しい東京ばかりが良く紹介され、下町と言っても上野、浅草位なものだろうが、木場、深川などというのも時代劇ファンには見逃せないもう一つの東京である。

お待ちかねの 雨谷さん 8.0 public release が公開、、、って、そんなに待ってる人、いないか。New features に Support of the CSS property float とあるが、期待してはいけない。そりゃあ、少し前よりは随分良いですが。詳しくは Amaya New features から。

はてなのサイトはじめました。内容がかぶらないように気をつけて、、、って、もうかぶってる。

2003年4月25日(金)

分家の日記にまで link してくださる方がおられますが、Opera ネタはこっちにしか書かないという原則を、今立てました。よって、そういう希望がかなえられないと文句を言ってもダメです。未だ何をやるか決まっていないのに安易に link しないで下され!反復します。Opera ネタはこっちです。

アンテナも立てましたが、恥ずかしいので未だ非公開。決心がつくまで時間を下さい。こういうかき方は、思わせぶりだと受け取られたら、それは曲解というものです。どうせ大した所を巡回していません。今更屋根の上に階を重ねるようなもの、という意味で恥ずかしいだけです。

という事で、Opera ネタ。設定を何分にしても、デフォルトの 5 分おきに新着メールがないか M2 がチェックするのは、うちだけではなかったらしいと知って、一安心。

クレジットカードの請求書到着。GNU/Linux 版 Opera7 のアップグレード代、15 ドル。122 円換算で 1830 円也。これ位で画面が広くなって、チカチカする広告を消せるなら納得のお値段、かな。どうせいつか払うなら、早めの方がお得です。

仕事を再開した Opera 社。Gill さんは build 2855 から記事をポスト。

2003年4月26日(土)

はてな日記当日分 に一杯書いたのでナシ。これからは、こちらが更新されていなければ、あっちに書いたという事かも知れません。

幾つか補足すると、日本語版 lynx を Windows に入れて、日本語はおろかそもそも何もしないで使えるというのはすごい事なんです。インストーラまで付いて、1.8MB しかありません。見栄の検証と割り切っても、絶対入れる価値はあります。強烈にお勧め。

さっそく Opera の menu.ini に追記して Open in lynx を加えておきました。

2003年4月27日(日)

サル並日記・本日分に刺激されて Windows でのスクリーンショットなど貼ってみる。Size は 160KB 弱。奥から Mozilla 1.3, Amaya 8.0, lynx, Phoenix, Opera7.1 の順です。lynx でのタイトルが「はてなダイアヴ・」になってるのは何故?

ついでに GNU/Linux の方でも画面を撮ってみた。Opera7.1 for Linux で UNICODE の矢印がダメダメ。前から二番目の Phoenix が正しく表示しています。Gecko ベースの元祖 tab browser である Galeon ちゃん、使ってないなあ、、、。いろいろあるけど、わたくしはブラウザ・マニアではありません。って、自覚症状がないだけ深刻かも。

2003年4月28日(月)

すっかり、はてなダイアリの方の安楽さに浸かりっきりになってしまった。アクセス解析というものを付けた事がなかったのでそれへの感動と、Linux からも楽に更新出来るのがよろしい。Dual boot させているので切り替えが面倒で、、、。

放置してあったノートパソコンで Windows Update させると(というか、その時しか web に繋がない)、あれやこれや溜っていて文字通り小一時間かかる。Opera7.1 も入れていなかったので、面倒になり Phoenix nightly を入れて Mozilla(何と 1.1Release が入ったままだった)をアンインストール。一応マウスジェスチャーも使えるようにしたが、ノートの USB 端子は ISDN TA で塞がってるので、、、ダメじゃん。

そんなノートパソコンの Phoenix であちこちをチェック。画面のスクロールが遅い。内蔵グラフィックが貧弱だからか?史上最低の Windows たる Me で動いているのが実は一番に気に入らない。いっそ Vine Linux 専用機にするか、、、。いや、最新パッケージを試したいわたくしとしては、安定志向の Vine は不向き(試す方法はあるんですが、面倒という事で)。

Vine の汚い LILO 画面は WinMe 以上に不愉快なので、いっそ余っていて今はどれにも入れていない BeOS 5.0Pro と何れかのディストリビューションとの Dual boot にして、BeOS の Bootman から起動 OS を選択させる方が快適だろうか。

気掛かりの論文に目途がついたら試みましょう。

2003年4月29日(火)

Opera for Symbian OS now with SVG Tiny support from ZOOMONZOOMON とはこんなカッコ良い SVG Player を作ってる会社のようです。

Mobile SVG は今年一月に「勧告」となった W3C の 携帯用規格のようですね。SVG というのはビットマップとは異なり曲線や形状を数式で定義するので、画像のサイズを小さく抑えられるらしい。

Opera 7.10 Permanent Denial Of Service Vulnerability (published Apr 24, 2003) については、M2 の開発者 Frode Gill さんが現在調査中との事。

今日からこっちにも外部リンクの前に ↪ 印を付ける事にした。表示されない環境の人は、UNICODE 対応のブラウザを使いましょう。Phoenix/Mozilla Firebird や Opera では表示できるはず。

Ian さんの NonTroppoWiki:Opera7、画面右上に出る目玉が面白い。status bar skin と共にここが供給元の BreezeSkin は Opera7.1 には未だ対応していない(Rewind 等がない)との事。

Opera offers the full Internet on Series 60 phones Series 60 のスマートフォンと言うのは Nokia の 3650 などの事で、Small-Screen Rendering (SSR) が味わえる。既に Opera 社の ftp から opera_s60.sis が入手可能となっている。

Nokia 3650 に付いての日本語での解説は、MYCOM PC WEB の記事mobilephone.co.jp を参照。いずれにしても日本では使えない。

いちいち手動で ↪ を挿入するのは能がないので、CSS で自動挿入。しかし自動挿入させると Phoenix/Mozilla では数字がそのまま表示されてしまう。IE は?はなから CSS を理解しないのか完全無視してくれます(笑)。とりあえず当日分だけに使用。

The newest internal beta は build 2859。

2003年4月30日(水)

Opera 7.11 TP5 for Linux Intel と Linux PPC が出ました。テストは仕事から帰ってから、、、。http://snapshot.opera.com/unix/intel-linux/395-20030429-7.11-TP5/ と http://snapshot.opera.com/unix/ppc-linux/395-20030429-7.11-TP5/ から。

例によって念のため Profile を rename してから rpm -e で一旦アンインストールしてから rpm -ivh で static version を入れた。build は 395 となっている。日本語入力は Change Log にも触れられていないので分かるように変化なし。どうせ使わないからと root の Profile は rename しないで上書きしたら、そのまま使えそう。という事で普段使うユーザの方でも ~/.opera 以下を beta1 から継続使用。

よって、書き換えたのは /usr/share/opera 以下の /style/mime.css, history.css などのみ。今回は移行が楽でした。

直に気付いた変化。Preferences で Language が選択可能になった。Windows 版でさえ 7.1 用の言語ファイルはないのだが、試しに 7.03 用ドイツ語言語ファイルを選ぶと、それが提供出来る範囲はドイツ語になる。同様にどの版だか忘れたが Linux 用日本語言語ファイルが手許にあったので指定すると使える。Preferences 内の一部表示やメニューからドロップダウンする表示の一部が日本語化される。

Page tab が狭い(わたくしの場合 Linux でも skin.ini をいじってかなり狭くしてある)場合、表題の最初と終わりの部分がタブ上に表示される。たとえば「はてなダイアリー saiton」というページタイトルの場合、「はてな...iton」とタブ上に表示される。これは下に挙げた Changelog 中の Added center ellipsis to statusbar, tabs and personal bar buttons.

Floating させている Hotlist が全画面表示になりにくくなった。その他の画面を全て閉じると依然として全画面になってしまう場合もある。

マウスの中央ボタン・クリックは Shift と共に押せば設定が変更可能。初期設定では別画面で開いてしまうが、せっかくなので別タブで開くに変更。Windows 版でも次はこうした方式になるだろう(単なる希望的観測)。

ユーザーインターフェースのフォントが qtconfig から変えられなくなって、汚く大きなギザギザになった。他の人が報告済みだったが、重ねて当方からも Epen に善処を要求。

Opera ネタだし重要そうなのでこちらに転載。Ctrl + F11 で Main menu が非表示に出来るようになった。これまでは Windows 版で出来たような方法では非表示に出来なかったが、opera6.ini を書き換えるよりこっちの方が便利ではある。再表示させるにはもう一度 Ctrl + F11 を押せば良いはずだが KDE が機能を奪ってしまうとかで、Alt + V から View メニューを出して該当個所をクリックするか、F11を二度ヒット。

ところでいつの間に 7.1(beta1) から 7.11(TP5) になったんかいな。振り返れば、7.0.0 から始まって、7.10 そして 7.11 にまでなったのに未だ Technology Preview って事は、道のりは険しいって事か。

The RegisterLinux is 'big part of Opera's future' という記事から。Windows 版と Linux 版のダウンロード比率は 8 対 1 だとか、Linux ユーザでも良いソフトウエアには喜んでお金を払ってくれるという事より、父親がハンディキャップを持つ子供を担当する精神科医だというテッツナー CEO の個人的関心から、Opera が IBM と共同して音声ブラウザの開発に取り組んでいるという話の方が興味を引かれる。

Change Log for TP5 of Opera7.11 Linux

From newsgroup opera.linux/opera.beta, Message-ID:3EAEA50C.6060603@opera.com, Xref: news.opera.no opera.linux:19626 opera.beta:38234


www.saiton.net/nissi/kakonissi39.htm

© SAITO Toshiyuki