パソコン日誌

2004 年 4 月分以降


2004 年 4 月 10 日

はてながサーバ移転のため日曜日までお休みなので、久々にこちらに書く。ほそぼそとアンテナは動いている模様。ともかく Fedora Core1 から更新できるように encode を UTF-8 に変更。

Quanta 3.2+ など試しに使ってみるが余計なお節介たっぷりで馴染めない。というか、これくらいのアシストは普通なのだろう。という訳で普通のエディタから更新続行。gFTP 経由の更新って久々なので新鮮ですらある(笑)。

で、久々に lint にかけたらいろいろ不愉快な事を言われたので「たいへんよくできました」に修正。XHTML 1.0 Strict にしておいた。

速達到着。何かと驚いて開けたら専門学校から免許のコピーを送れとの事。別に教員免許がなくても専門学校では教えられるけど、履歴書に免許を持っていると書いたからか。事務とはルールに忠実なとこだから仕方ない。

うちの M2 of Opera は X-Face があるとヘッダー表示の所に X-Face:present と出すようにしてある。で、その先だが現状ではたとえば Online X-Face Converter のような所を利用している。Emacs 使いの人は笑っとくれ。

やりたい人は \styles\mime.css 中に omf|hdr[name="X-Face"] omf|v{content : "present";} とでも入れれば良い。これだけで分からない人はやってもムダ。

2004 年 7 月 16 日

引越ししました。引越し先での Net 接続環境が整うまで更新は出来ません。一週間ほどは、一日一回位メールのチェックをしに旧居に戻るかも知れません。

2004 年 7 月 31 日

昨日、新居へのネット接続工事が完了。これまでと同じ東京電力系ケーブルテレビ会社により 10Mbps での接続。メールアドレス等の変更はない。

2004 年 8 月 29 日

KDE 3.3 上の konqueror で UNICODE の記号が数字で直に表示されてしまったのでテスト。

\25a0 - \25a0; // ■

2004 年 11 月 20 日

Fedora Core 3 上の gFTP からファイルを取得して編集を試みた。Opera と連携させてある emacs でも kate, kedit でも日本語入力がオンにならない。仕方なく gedit などで編集してみる。

2004 年 11 月 25 日

./linux のページで公開してあった KDE 3 用 Opera Splash Screen のうち、動作に問題のあったものを消した。一つだけ残してある。これは自分の Fedora Core 3 で愛用中。


TOP へ

Anybrowser OK   Opera for Linux

www.saiton.net/nissi/kakonissi48.htm

© SAITO Toshiyuki